kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘トポフィリア’


「唐津くんちに願いをかけて」


   


     3月 28th, 2012  Posted 12:00 AM


ローカル=地方、あるいは鄙にこそ、
日本の伝統は息づき、そしていまなお継承されています。
唐津では、その伝統的祭りの「唐津くんち」・曳山の展示館を見ました。
「唐津くんち」もまさしくこの地方の陶磁器産業興隆と同時期、
1600年代中期からの祭事でした。
もっとも、日本各地にはこうした曳山という山車が
祭りの中心になる所が数々ありますが、
祭り時でなければ見られませんが、
展示館があればいつでも見ることができます。
しかもその展示館前に唐津神社がありました。
この山車にも、
しっかりと3.11からの国難に立ち向かう願いの山車がありました。
こうした各地にある山車、特に、九州には三大くんちがあると聞きました。
「くんち」=おくんちは、旧暦の9月9日の九にちが語源のようです。
したがって、「唐津くんち」は11月2,3,4日、地元は燃えに燃えるそうです。
佐賀県知事も唐津出身ゆえにこの祭りが
子供の頃から最大の関心事だったと前夜聞かされました。
漆の一閑張りで造りあげられた山車=曳山の大胆な造形に心惹かれました。
ローカルはまさにトポフィリア=場所愛の「まち」です。
この祭りも本来は火消し役であった装束がそのまま残り、
決まって、地元の消防団組織と連関を持っているようです。
日本各地の伝統行事である「祭り」は、
都市化=クロノフィリア=時間愛によって衰退する現象がありますが、
やはり、トポフィリアである=地元愛を具現化する消防団組織、
そのボランティア組織で守られていくことが最良と考えます。
明日から、私は、被災地に「までい-Project」のプレゼンに入ります。
壮大なデザイン計画を持ち込みたいと考えています。
唐津で撮影してきた写真を整理し、特にこの「唐津くんち」曳山にも、
日本復活の願いがありました。
40年のデザイナー経験を生かすべき、
今夜もプレゼン資料づくりをしています。


目次を見る

「復興への意欲は、まずトポフィリアの確認」


   


     4月 16th, 2011  Posted 12:49 AM

地元愛はトポフィリアと言います。
住めば都というのではありません。
自分のふるさと、自分が生きて居る場、
そうした場所=トポスへの
限りない愛着心がトポフィリアです。
最も、そうした言葉よりも、
生活の場への愛着心は誰にとっても捨てがたいものがあります。
高校時代に大好きだった先生がこんな話をしてくれました。
「男は若いときにはふるさとを離れ、人生の旅をしなさい」。
この考え方が英国紳士の基本的な姿勢だから、
彼らは大航海時代をつくることができたということでした。
「そして、恋愛をして伴侶を見つけること、
そうしてさらに旅をするか、あるいは生活の場をつくる」
アラビアのロレンスの生き方がヒントだと言われました。
「年老いたなら、その愛する人とふるさとに帰る」。
私は、ふるさと愛、あるいは生活の場への愛着心は、
こうした生き方にあるのかもしれないと思っています。
被災した方々が、絶対に破滅した街に戻りたい。
あの原電20km圏内では、すでに生活をしている人々がおられます。
彼らはその街への限りない愛着心があるのだと納得します。
ようやく、原電事故修復を10.5年プランということで、
まず10.5年という期間が設定できました。
そこで、現政権が本来示すべきビジョンは必要不可欠です。
そのビジョンが、復興よりも新しい創造された街をというのは、
リーダーがいうべきビジョンではありません。
そのために新たな原資としての増税や復興国債、
こうした制度設計ではありません。
「ビジョンづくり」で最も肝心なことは、
「何が不可能であるか」ということを見極めたプランづくりです。
なぜなら、その「場」では、
出来ることと、出来ないことが共存しているのです。
  山で魚は獲れません。
  海にサクランボは実をつけません。
その「場」への愛着心には必ず不可能な事があること、
そのことを最も知り尽くしているということです。
納得している重大な覚悟があるということが愛着心です。
それをトポフィリアという定義だと考えています。


目次を見る

『資本主義からの逃走』
  「花綵を断ち切った、都と鄙
           けれどもNetwork社会に希望」


   


     12月 8th, 2009  Posted 10:00 AM

091208hanazusa
米国に従属してしまった日本は分断された。
戦後生まれの私には、
米国のあらゆるモノが眩しかったのです。
大きな冷蔵庫、自家用車、電化製品、・・・
そして、「アイビースタイル」で、ファッションを、
それこそネクタイの結び方まで学びました。
正直、60年代の「安保闘争」を田舎のTVで見つめる時、
日本が壊れていく、そんな東京でのデモ行進の異様さは、
とても、悲しかったのを覚えています。
70年代には、まさに、私も大学生になっていました。
完全なる「ノンポリ」でした。
むしろ、学生運動に走る連中を殴っていました。
それよりも、音楽やデザインに、心惹かれていました。

やがて、知るのです。
三島由紀夫の切腹が訴えようとしていたことに、
私は目覚めました。「日本が壊れていく」と・・・
明らかに、東京一極集中は日本を分断していきます。

私は、北陸の地方都市から東京を「対象化」しました。
そして、「雛美人文化論」を心底にしながら、
091208hinabijin

伝統工芸産地に、「デザインの導入」に関わります。
やがて見えてきます。
「鄙」と「都」の関係です。
091208hina_miyako

明らかに、唯一の「都」=「東京」には、
「クロノフィリア(時間偏狂者)」が集中していきます。
一方、日本全国の地方都市は「鄙」と化します。
そこでは「トポフィリア(場所偏狂者)」で、
「土地自慢」こそ「地方の活性化」だという偏狂さです。
今なおこれは歴然とした、
「資本」としての「土地」感覚そのものです。
091208topo_chrono

「都」での金融資本と、「鄙」での土地資本が意識分断、
すなわち「花綵の国」は、金融資本も土地資本も、
価値を喪失して、私たちの心まで分断しました。

ところが、
情報時代=ネットワーク社会」は、この分断を、
新たな「花綵」にしてくれるのかもしれません。
すでに、「都」も「鄙」も、
ネットワーク社会=意識社会によって、
「bit資本」が、金融・土地・資材・食糧に至るまで、
「花綵ネットワーク社会」が創出されるでしょう。
私は「逃走」します。
それでも明らかに私の「希望」は、
このネットワークが、再び「花綵の国」へと、
デザインが導いていくものと確信している次第です。


目次を見る