kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘モノ’


10月25日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 25th, 2020  Posted 12:00 AM

10月25日 大安(辛丑)

『寓話としてのデザイン』

想像力をメディアに、
やがて、
モノの経済性と政治性を
管理することが
「寓話としてのデザイン」、
その目標となるだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 23rd, 2020  Posted 12:00 AM

10月23日 先負(己亥)

『寓話としてのデザイン』

想像力が単純な明快さを、
社会に大衆の面前に引き出す、
そんな新しい
モノの体系づくりをめざすこと。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月20日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 20th, 2020  Posted 12:00 AM

10月20日 赤口(丙申)

『寓話としてのデザイン』

それは単純な荒唐無稽を、
モノの背景に置く作業に
ほかならない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月16日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 16th, 2020  Posted 12:00 AM

10月16日 先勝(壬辰)

『寓話としてのデザイン』

つまり、
モノの射影空間に、
大衆の想像力を
呼び戻すことは
永久に
出来なくなっていくのだろうか。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月15日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 15th, 2020  Posted 12:00 AM

10月15日 赤口(辛卯)

『寓話としてのデザイン』

また、
教条的に道徳的に、
モノを語ることも
パワーを持ちえなくなってしまった。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月14日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 14th, 2020  Posted 12:00 AM

10月14日 大安(庚寅)

『寓話としてのデザイン』

が、
モノの存在が
情報化すればするほど、
モノの存在性は
希薄になっていくことが
わかってきたはずである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 13th, 2020  Posted 12:00 AM

10月13日 仏滅(己丑)

『寓話としてのデザイン』

だからといって、
「モノのデザインの時代は
終焉を迎えた……」とは、
安易には言いたくない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月12日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 12th, 2020  Posted 12:00 AM

10月12日 先負(戊子)

『寓話としてのデザイン』

モノに魂が
宿っていた時代はもはや大昔、
今となっては神話である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月11日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 11th, 2020  Posted 12:00 AM

10月11日 友引(丁亥)

『寓話としてのデザイン』

それゆえ、
ドライな時代に、
もっとみずみずしさを
モノに込める手法の開発が、
デザインにとって急務である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

9月14日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     9月 14th, 2020  Posted 12:00 AM

9月14日 先負(庚申)

『提訴としてのデザイン』

そして、
デザイナーたる見識を
創出するための
『提訴としてのデザイン』は、
まず
「私のためのモノ」づくりから
始めたい。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 32