kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘モノ’


6月18日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 18th, 2022  Posted 12:00 AM

6月18日 赤口(壬寅)

物・もの・モノを
語るときには、必ずや、
物性・物質・物理という分科学性の
厳密性=エグザクトサイエンスを
デザインは語り切らなければならない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』5アクリルの生涯連鎖


目次を見る

5月9日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 9th, 2022  Posted 12:00 AM

5月9日 赤口(壬戌)

『分割としてのデザイン』

モノの存在感や、
モノと人間との関係、
特に
インターラクションでは、
使う人の経験の質が
反映するものである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月4日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 4th, 2022  Posted 12:00 AM

5月4日 先勝(丁巳)

『拡張としてのデザイン』

基本の拡張が
モノと人間の関係を
強固にすると
確信する。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月21日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 21st, 2022  Posted 12:00 AM

4月21日 大安(甲辰)

『配置としてのデザイン』

そのモノが
将来
どのように
進化していくのか。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月19日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 19th, 2022  Posted 12:00 AM

4月19日 先負(壬寅)

『配置としてのデザイン』

そのモノに
なぜ
名前がつけられたのか。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月18日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 18th, 2022  Posted 12:00 AM

4月18日 友引(辛丑)

『配置としてのデザイン』

私は、
まずは、
モノがどのような系譜で
歴史的な時間軸上に
配置されてきたのか。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月17日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 17th, 2022  Posted 12:00 AM

4月17日 先勝(庚子)

『配置としてのデザイン』

そこで、
モノのアドレスとは
もともと
何であったのかを
確認する手法を
いくつか
思い出しておかなければ
ならないだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月16日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 16th, 2022  Posted 12:00 AM

4月16日 赤口(己亥)

『配置としてのデザイン』

現代、
膨大なモノが
あふれているのは、
モノが
本来所有すべき
アドレスを
デザインすることを
見逃しているから
なのかも知れない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月15日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 15th, 2022  Posted 12:00 AM

4月15日 大安(戊戌)

『配置としてのデザイン』

この配置が
まさに
モノが社会での
存在性を
証拠づけていく。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月6日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 6th, 2022  Posted 12:00 AM

4月6日 友引(己丑)

『配置としてのデザイン』

トポスと
アドレスの関係が、
モノの
アフォーダンスの
要因になっているものと
考えるべきだ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 39