kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘レコード店’


『レコード針ナガオカが必ず再復活してくれるだろう』


   


     1月 28th, 2018  Posted 12:00 AM




山形県東根市の「ふるさと納税」、
その返礼品にレコード針ナガオカから1978〜79年頃の私デザイン、
そのカートリッジは今でもオーディオ専門店で見つけることはできました。
が、まさか返礼品になっているとはびっくりでした。
しかも次世代デザイナーから、あれ、川崎さんのデザイン?と聞かれ、
「そうなんだ!、今なお商品なんて驚いている」ということから、
社長が亡くなりその息子さんも逝かれて、奥様が代表となっておられました。
ナガオカには、東芝出身のデザイナーが一人でほぼ9割の仕事をしていた、
そんな話が残っていました。と同時に
当時私がナガオカをジュエルトーンブランドのパンフレットがあり、
当時、国内レコード店8000店の中で
ナガオカ取引店は5000店での展示計画までありました。
長年私が探し求めていたカートリッジのデザイン詳細図や、
5倍図で描いていたレンダリング、
編集すべて私のデザインが出てきたのです。
LPレコードはもう107万枚がプレスされる時代が復活したのです。
まして、若き日の私デザイン=レコードカートリッジは、
カンチレバーが「ボロン材」なのです。
ボロンとは今なお私は最軽量の素材として、
これでメガネフレームを実現したいと思っているぐらいの作品です。
私の中のオーディオ経験が一辺に再興を始めてしまいました。
レコードも3000枚は持っていましたが、
整理して、ともかく私が気に入っているいわゆる名盤、
特にDAMレコードはユニバーサルレコードから配信が決まり、
なんと、その電話はナガオカの経営者となった女性社長や
次世代デザイナーであると出逢ってすぐの知らせでした。
叶うことなら、オーディオの世界が私を呼んでいる気がしています。
実際、自宅のオーディオシステムは、おそらく最高級システムです。
そこに、改めて最高級のターンテーブル・アーム・デーブルマットなど、
私は一新するつもりになっています。
なぜなら、オーディオ聴取、レコード演奏家(菅野沖彦先生名辞)は、
最高の趣味だと確信しているからです。
あらためて、この周辺を書き直したいと考えています。


目次を見る

『LPレコード盤を大事にしたかったから=その商品化』


   


     9月 18th, 2014  Posted 12:00 AM



フリーランスデザイナーになってから、私が気づいたことは、
オーディオ機器、その周辺外のデザイン能力が無いことでした。
それなら、オーディオ関連で出来なかったことにデザインを!
これまで存外視されていた事をモノにデザインすることでした。
そこで、ジュエルトーンブランド商品群に商品化企画を提案して、
そのシリーズ化にナンバリング化=No1=No 1から始めたのです。
濡れティッシュにレコードクリーナー液材でモノを創りました。
無論、大ヒットさせていくうちに、気づいたことは、
レコード盤がジャケット内の内袋が結構、無くしてしまうことです。
それならば、中袋だけを商品化してみたらという発想です。
いづれも会議中に思いついた「瞬間芸のように」、
瞬発的なアイディアを即、製品開発では、それぞれの専門企業を
口説いて説得しましたが、当時、国内にはレコード店が約8000店。
5500店舗販売が可能ということが大きな力になり、
こうした店舗説得企画を先行してデザインワークに持ち込みました。
東芝で、ほとんど喧嘩腰で望んできた経験よりも、
物腰やわらかく説得することも覚えることができました。
それは企業のこれまでの実績があったことでした。
レコード店舗ほとんどが「モノの大事さ」を焦点にしたことが
最も説得性をもっていただけにすべての店舗販売が可能でした。
オーディオマニアという客層へのきめ細かな発想のモノは
絶対にうけいれられることを学ぶことができましたから、
この当時は喧嘩師ではなかったと思います。
むしろ、オーディオへの専門性があることで信頼を受けていました。
もはや、LPレコード盤は無くなってきましたが、
まだパッケージの内袋は販売されていたようです。
おおよそ30年程度も商品であり続けていたアノニマスデザインでした。
そして、この内袋はいま直、商品として売られているようです。(右下)


目次を見る