kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘一番’


10月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 23rd, 2018  Posted 12:00 AM

10月23日 大安(戊子)

何の工夫もなく
ハウツー本におぼれて
しまってはいけないことを
肝に命じてほしい。
あくまでも
一番大事にしなければならないのは、
プレゼンテーションで、自分が
「何を言いたいか」という発想である。

『プレゼンテーションの極意』プレゼンテーションテクニックにおぼれるな


目次を見る

10月22日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 22nd, 2018  Posted 12:00 AM

10月22日 仏滅(丁亥)

一番大事なのは、
「プレゼンテーションツールに
とらわれるな!」
ということである。
ツールに振り回され、
そのツールに使われるような発表者に
なってはいけない。
だから
「ツールの使いこなしテクニック」
などを信用しない。
それはある意味では、
宗教的な方策だと思う。

『プレゼンテーションの極意』プレゼンテーションツールにとらわれるな


目次を見る

10月16日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 16th, 2018  Posted 12:00 AM

10月16日 仏滅(辛巳)

相手に「うん」と
言わせる一番の決め手は、
説得する本人が
どれだけ自分の創った
モノや発想に対して、
心から愛着をもっているかということだ。

『プレゼンテーションの極意』プレゼンテーションは恋愛だ。


目次を見る

『一番儲けている店舗を考え直すべきだ。』


   


     8月 25th, 2018  Posted 5:57 PM



今の消費店舗で「寿司」が一番儲かっています。
これは税理士 の雑誌でズーッと確認してきました。
「時価」というのが寿司メニューが入っています。
私は、ラーメンとか蕎麦のお店が「ここが一番」ということを
TVのプログラムで最も疑っています。
そうして若い頃には、蕎麦店で、まずそば粉を舐めさせてほしい、
という話を伺い、そこの蕎麦店主と大喧嘩をしたことがありました。
蕎麦を確かめたいのに、このそば粉を確かめなきゃということを
聞き、なんて言ったって越前蕎麦を食べてきた私は、
何か勘違いしているこの店舗が一番、ありえない、
と思っていましたから、何が一番かなんてどうでもいいと考えていました。
パティシエとか、ラーメンとかが「商売」上も大いに間違っています。
チョコレートとかも大いなる錯覚だと思っています。
正直、寿司屋でも、ここのが美味しいというのは、
寿司屋で、味噌汁とかで一番の腕が確認できると判断しています。
今年に入ってどれが美味しいかを思い起こしてみれば、
今年はこれが全く思い出せません。
よくある懇親会なるパーティでも、大した料理がありません。
なのに、こうした食事関連の店舗が今一番儲けているというのは
私からは、まだ、それこそコンビニだったりの、
コロッケが圧倒的に美味しいと思います。
コックさん、パティシエさん、ラーメン屋さん、蕎麦屋さんも、
私がもう一度「美味しさ」を検証すべきと考えます。


目次を見る

『一階から三階まで一直線の危機』


   


     7月 14th, 2018  Posted 12:00 AM



「階段」は急激なほど,特に「車倚子の人」には
とても怖い存在です。
私にとっては田舎の駅のプラットホームは、
健常者にとっては何気なく普通でしょうが恐怖です。
もはや駅のプラットホームは、全面改修のデザインが
必要だと思っています。
もしそれが病院にあったら、というものを知りました。
しかもこれを建築コンペで選んでいたらと思うと、
建築家が、どれほど杜撰な頭の持ち主なのかと言えます。
それもこの病院では車倚子使用者が多いのに!。
1階から3 階まで一直線なのです。
この建築家には、
なぜ江戸時代に一階から二階へはどうやっていたかすら無知識です。
これは一階からそのまま2階なのか、
もう一つは反対に逆転して2階へ上がるのかが全く知りません。
それこそ、坂本龍馬が暗殺にあった平面から2階では
全く駄目であり、本来なら逆転する階段が必要です。
さて、この病院にはエレベーターが3台ありますが、
私は階段の踊り場を絶対に利用しないと耐えられませんでした。
まして1階から3階までの階段使用を健常者の人が、
どこかの建築?デザイン?で賞を
もらっているのでどういう学会名のだろう思います。
階段という方式が駄目であり、
自宅には電動での方式が一番なのでしょう。
階段がある特に神社仏閣は絶対に、
車倚子の人をどうすべきなのかは
建築家の大きな使命だと考えています。
もし、車倚子の患者が3階から落ちれば、
この階段は「凶器」だと訴えなければなりません。
このことを考えれば、エレベーターは、
地震多発の中では「凶器」だと思います。
先般,大阪北部での高槻市での地震では、
32階の自宅ではエレベーターが停止し、
それでも夕刻には修理がかないました。
おそらくエレベーターは全く新しい方式が発明されないと駄目でしょう。
日本の方式こそ、「階段」取りやめ、
「エレベーター」も新規にすべきと私は考えています。


目次を見る

05月07日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 7th, 2018  Posted 12:00 AM

05月07日 赤口(己亥)

自分の好きな部分、
嫌いな部分は、
本人であるからこそ一番よく知っている。

自分は喧嘩師であるべきだ。
その喧嘩相手とは自分自身のことなのだ。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

04月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 23rd, 2018  Posted 12:00 AM

04月23日 仏滅(乙酉)

「自分のアイディアが一番優れている」
「他の人に比べてこれだけは譲れない」
こんな自信をつけるには、
「わがままさ」は大きな効果につながる。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

03月22日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 22nd, 2018  Posted 12:00 AM

03月22日 先勝(癸丑)

相手に「うん」と言わせる一番の決め手は、
説得する本人がどれだけ
自分の創ったモノや発想に対して、
心から愛着を持っているかということだ。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

02月12日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 12th, 2018  Posted 12:00 AM

02月12日 友引(乙亥)

何の工夫もなく
ハウツー本におぼれて
しまってはいけないことを
肝に命じてほしい。
あくまでも
一番大事にしなければならないのは、
プレゼンテーションで、自分が
「何を言いたいか」という発想である。



『プレゼンテーションの極意』プレゼンテーションテクニックにおぼれるな


目次を見る

02月05日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 5th, 2018  Posted 12:00 AM

02月05日 先勝(戊辰)

相手に「うん」と
言わせる一番の決め手は、
説得する本人が
どれだけ自分の創った
モノや発想に対して、
心から愛着をもっているかということだ。



『プレゼンテーションの極意』プレゼンテーションは恋愛だ。


目次を見る

1 2