kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘人類の存続性’


『SF映画が示唆していること=その真実性と想像性』


   


     12月 18th, 2014  Posted 12:00 AM



毎月必ず映画は3~4本は観ようと思っていますが困難です。
何事もリセットしたくて、いつものごとく京都で映画を観ました。
なぜ、京都?、それはワイフが京生まれ京育ちでもありますが、
車イス使用者にとって、私は京都が一番だと断言できるからです。
映画は、「インターステラー」というSF宇宙物語でした。
久しぶりの長時間映画であり、理解は相当に困難なものでした。
この映画監督や物語内容は、観ていただくか、読んでいただくこと。
滅亡していく地球から、惑星間移動の冒険を冒して、
地球環境の保全というストーリーでは、
5次元空間論が語られ、ブラックホールの新しい概念映像化、
SFで語り切るべき、場面構成や、コンピュータ運用での
新たな映画づくりはある意味では工業デザインでの想像力表現でした。
2次元の円が3次元になれば、球体となり、
どうすれば、ワープが可能になるかまでの正当な提示は、
おそらく観客自身の多次元空間やそれこそ光速度転送などの連続ゆえ
映像表現だけでは、とても難しい限りのSFでした。
余りにも宇宙空間や多次元性、光速度時間と現実時間での5次元は
もういちど、この原作を再読する必要を大きく感じました。
確かに、私が、心臓心拍の2次元から、3次元での置換から、
まず、想像であっても、2次元が3次元になれば、立体化どころか
光造形での形態化に気づいた想像力と同一でした。
しかし、この映像と物語性にはもっともっとせめて5次元空間が、
この映像表現だけでは、とても理解は不可能かもしれないでしょう。
正直、SF映画のほとんどが、地球環境の破壊は人類の存続性を
否定しています。これはとても重大な示唆だと思っています。
確かに、2030年までにこの地球環境には、
科学技術での修正と修繕が緊急に必要とされていること。
私はこのSF映画が地球滅亡からの解放を訴求してると確信しました。


「想像力の尊大さをリドリー・スコットに観る」
『SF映画に示唆される未来性の確認には「目印=sign」がある」


目次を見る

『最も重要なエネルギーとしての「水」』


   


     5月 22nd, 2014  Posted 12:00 AM



私はエネルギーには三つありますと主張してきました。
水・食糧・電力です。
エネルギーを電力だというのは定義不足を感じます。
さて、人間の体の7割が水=水分です。
現在水道の水が飲める国は13カ国程度と言われていますから、
日本の水道水は極めて確約されていてしかも美味しいのです。
大阪の水道水、名古屋の水道水は、缶詰になっているほどです。
それでも、現在日本の国民はペットボトルの水を飲んでいます。
やがて、地球規模で水飢饉と大洪水が予測されていますが、
それは人類の存続性を決定付けていることは確かなことです。
中国が北海道の森を買い占め始めているのは水飢饉対策でしょう。
これを法的にも規制するべきだと私は念じているほどです。
正直、現共産体制の中国とは一線を画するべきです。
あの国家とは、外交での国際関係もすべて無理でしょう。
これまで私は国内の水をかなり試してきましたが、
岐阜と鹿児島が一番良かったと思っています。しかし、
海外でもすべて一定にするべきでは、一つの水に決めています。
それは体内の水分を一定にする方法だと思っているくらいです。
そして、確実に国家間の水対策も、極めつけのペットボトル水、
この輸入に明確にここ数年変化してきています。
それだけ、実際は国家の水対策は制度化されなければなりません。
プロの料理家や一流のレストランで使用される水、
この輸入は、多分、その輸出国の国策ではないかと思うほど、
今では飲めなくなってきています。
そしてペットボトルのデザインはもっと進化させるべきでしょう。
これは国策的な制度設計でのデザインだと思っています。
ともかく、ペットボトル、水道水のあり方デザインが必要です。


『水というエネルギーの国際化』
「水、基本的な生命問題をアポリアにはできない」


目次を見る

『資本主義からの逃走』
 「グローバリゼーションの基礎はグローバリズムだろうか」


   


     11月 16th, 2010  Posted 1:32 AM

世界観への一元化
グローバル化はグローバリゼーションです。
近代化の下敷きは市場経済の拡大と拡張でした。
これは地域固有の価値観や制度、規範や権威に変形を与え、
実際は、欧米型の世界観への一元化だったと回帰することができます。
詳細に観察すれば、地球上の国民国家はそれぞれの国民経済力を単位として、
それぞれ国家の文化が形成されてきたわけです。
しかし、東西冷戦や南北問題を引きづりながらも、
結局は資本主義経済と地球全体が西洋化する均一性に向かってきたのでしょう。
ところが、冷戦の終結、南北問題よりも大きな宗教・民族対立・テロリズム、
そして地球環境破壊、民族間・国家間格差は、
世界秩序という虚構よりも動揺とアポリアを引き込んでしまったようです。
この地球的転換がグローバル化と断言していいかもしれません。
グローバルビレッジ
グローバル化の方向性や地球全体を、グローバルビレッジという理想実現や、
web空間でのネットワークによるコミュニケーション保全が問題解決、
そうかもしれないという期待も破壊されています。
たとえば、難民の存在、外国人労働者という低層、賃金格差は、
すでにBottom of the Pyramidという認識に直面しています。
私は、地球市民理想やグローバルビレッジ、
それこそ世界意識の強化という主義性、
グローバリズムという理念あるいは哲学を基本とした権威性に期待したいと思っているのです。
グローバリズムに連結と連鎖
要は、この理念・哲学での権威性にリーダーシップ性を任せないかぎり、
地球全体は動揺どころか紛争・テロリズム・環境破壊の進行は、
人類の存続性を剥奪することになるでしょう。
だから、翻って、地域主義、小さな国家の物語を強固にしていくことしかありません。
ローカリズムはグローバリズムと連結と連鎖していることは間違い無いというのが私の見解です。
私は、伝統工芸産地や機器の微少な部品産業などの小さな物語が、
大きな物語としての地球一体連合国家あるいは連盟国家になっていく気がしてなりません。


目次を見る