kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘休校’


『思い出の38豪雪と56豪雪、雪と対決してきた我が人生』


   


     1月 12th, 2017  Posted 12:00 AM



車椅子は階段を昇降することが可能、雪道でも走行が可能。
これが私のデザイン希望になっています。
今冬の日本列島が豪雪と聞くと、自分には大きな思い出があります。
なにしろ北陸生まれゆえに雪には慣れ親しんだものですが、
忘れられないのは38豪雪と56豪雪です。
38豪雪時には中学校は休校の連続でしたが、私は商店街を駆け抜けて、
ほとんどスキーに出かけていました。
それこそ、電柱の先端に腰掛けるほどの大雪でした。
父の命令で庭の雪かきをし地面に穴を掘りトイレの汚物を捨てたものでした。
38豪雪時にはともかく出かけるにはスキーを履いていました。
56豪雪は、ちょうど私は東京から福井に戻った時でした。
国会議事堂の上の空は真っ青、ところが東名高速から北陸をみると、
曇天の空、北陸自動車道に入ると路面には激しく降雪が始まり、
(あぁ、あの曇天の下で育ったのだから、車椅子生活でもなんとかなる)
こんなことを考えて都落ちする自分を励ましていたことを思い出します。
私はまだ新品のカマロ・ベルリネッタで、福井市に入っても
雪面には十分な馬力があったのですが、自宅近くでは、近所の方々が、
みんな出そろって道路の雪かきをして待っていてもらいました。
自宅はまだ建設中だけど小学生の妹は私をはしゃいで待っていました。
その深夜から56豪雪が始まりました。
私の記憶には、38豪雪時にはほとんどスキーの毎日を思いおこしていました。
豪雪となると、38豪雪と56豪雪のそれぞれに
自分が歩いていた頃と車椅子ゆえのこと、
この二つが自分の人生、その違いを思い出します。



* 『自分の車遍歴とカーデザイナー養成は同次元』
* 『歩けた頃=スキーに夢中だった時の写真が届いた』
* 「階段は進化せず、建築家は創造者にあらず」
* 『深緑色の画面・深緑から利休鼠』
* 「都落ちの心情を癒してくれた郷土」


目次を見る