kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘全力’


『車は凶器で問題解決のデザインでこそ制度設計が出来る』


   


     5月 15th, 2019  Posted 12:00 AM



令和になって、まだ生まれて2年だけの幼児が
巻き込まれた悲惨な交通事故でした。
報道番組では、この問題解決には、
何の対策も語られていませんでした。
どうやっても、自動車は凶器にもなってしまいます。
以前、私立大でのデザイン課題にこの種の問題解決が出され 、
人間と車の関係が論じられていました。
結局は、水タンク、道路の整備、自動車のハードウエア改善でした。
おそらく、この程度でしか対応がとれず、
保育士さんのこれまで培われた
ノウハウやシステムでの徹底保護でも無理でした。
日本は車優先の道路づくり=道に人間だけに車が進み、
欧米諸国との馬車と人間だけの歩行者への対策対応が遅れ、
道と車のデザイン解決が全くつながっていないのです。 
自動車が凶器である以上、「倫理観」だけでは解決しません。
大きな制度改革が必要です。
なんとしても、デザインが車と人間との関係調和に
全力で貢献できるよう交通被災者の一人として、
いつか、私の体験を書き、デザイナーとして望んでいます。


目次を見る

5月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 30th, 2011  Posted 7:58 PM

5月30日 先勝(乙酉)

制御するというのは、
力を小出しにしながら、
最終的には全力を果たせば、
最大の、あるいは最良の効果を
上げることになるのだ。

『デザインという先手』十分なる「先手」


目次を見る

5月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 29th, 2011  Posted 10:00 AM

5月29日 赤口(甲申)

将棋やチェスでも、
次々と対戦相手の手を先読みし、
自分の力を分割しながら、
「勝てる」ように
戦略を行動に移していく。

これが、
「充分ではなく充分に」
ということだ。

『デザインという先手』十分なる「先手」


目次を見る

5月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 28th, 2011  Posted 10:33 AM

5月28日 大安(癸未)

「十分」というのは、自分の力を
それこそ全力で発揮するためには、
自分のちからを取りあえず、
十分割して使えなければならないわけだ。

『デザインという先手』十分なる「先手」


目次を見る