kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘初速’


『より軽量で使わないけれど最高のモノづくりが選ばれる』


   


     2月 17th, 2019  Posted 12:00 AM



ある洋画で、
「どうして、グロックを使わないんだ」という台詞がありました。
グロックだと、水中から犯人を逮捕できました。
オーストリアのメーカー、グロック社はプラスチック製品でした。
が、軽量なプラスチック製の銃を開発しました。
そのためX線に写らない、寒冷地での使用も問題ない銃として
グロッグ17が米国の警官に大ヒットしました。
警察庁の一部で、S&Wを警察が採用されたことを知りました。
私は率直に、もはやグロックがあるのに、「どうして?」と聞きました。
「S&Wが初速で0.2秒速い」との返答でした。
1999年にチタニウム素材の「AirLite Ti」は
357マグナム弾が使用されました。
2001年には、さらに軽量で「M37」の後継として「AirLite Sc」でした。
357マグナム弾ではない、「.38」で、
フィンガーレストとランヤードが装着された「M360J」が、
最終的には「SAKURA」と改名された日本の国家拳銃が選ばれました。
全く「使用しない」のに、世界でも最高の拳銃なのしかも知れません。


目次を見る

『いつまでこれが玩具でも存在するのだろうか、辞めるべきだ』


   


     10月 29th, 2014  Posted 12:20 AM



私はモデルガンもマニアだと自認しています。
しかし、それには大きな理由があります。
SF映画を観ても30年50年先も拳銃や銃器を使い続けている神経に
心底、呆れ果てているからです。
有名な銃器ブランドでのナイフ開発で、企業実体を知っています。
国内の防衛隊や警察の海外銃器メーカーとのライセンス生産も、
いい加減に私は辞めるべきであり、それよりも日本技術での
絶対に人を殺さない威嚇的な暴力制止の武器開発を発言しています。
そのためには、現在のたとえば、拳銃についても初速から、
海外拳銃デザインのデザイナー名を大体知っています。
武器ということでは、日本刀は武器としては秀逸の効能性までを
実は完成させていますから、もはや拳銃の現行デザインは、
そこまで全く達していません。
したがって海外SF映画を観ても低レベルな表現を嗤ってしまいます。
だから、テロ紛争での拳銃や機関銃を見れば、
これでの政治闘争・宗教闘争がどれほどバカ達の集団かを知ります。
しかし、世界の政治的権力でもこれを抑止できないことを
まずは、正義であるべき武器開発がとても必要だと思っています。
ところが、玩具であってもこうした極めて安全性が確保されたモノ、
そのようなモノが登場してしまうのです。
また、それを徹底的に見聞しようという私自身が変人なのでしょうが
私こそこれらを知り尽くして、国際的にもデザイン提案したいのです。
本気です。日本の警察では200万発が練習されていますが、
実際に警察活動、自己防衛のために発射されるのは10数発です。
しかし、もし発射されれば、全てが裁判で正当防衛性が問われるか、
あるいは自殺だというのでは、武器ではありません。
だとするなら、平和であるべき闘争制御抑止の武器開発、
そのデザインはとても大切であり、日本人はすでに日本刀という
精神的思想の核心たる武器から、平和維持の武器デザインが
なされるべきと私は考えてしまうのです。


目次を見る

「素材革新での造形言語が与えた影響は形態言語すら変更」


   


     10月 28th, 2012  Posted 12:00 AM



プラスチックを拳銃素材とすることで、
拳銃業界は世界的にも大革新されました。
オーストリアのグロック社から「Glock 17」が生まれました。
この造形言語=designing languageは、大ヒットとなります。
映画でも、
「お前はグロックを使っていないからだ」
というセリフまであったほどです。
米国の警官は自分の拳銃は自由に選択が出来ますから、
60%の警官が選んでいるとまで言われました。
ほとんどの拳銃メーカーは、
この造形言語で生まれた「Glock 17」、
その形態言語=designed langageを追いかけることになります。
なぜ17かということにはいくつかの説があるほど、
この拳銃デザインは革命的な拳銃の進化を表現しています。
なんとしても、新しい造形言語を追いかけたイタリア・ベレッタ社は、
自社の形態言語を捨てることになります。
「M9000s」という拳銃は「醜いベレッタ」とまで非難されるわけです。
しかも、このデザインはあの著名なジウジアーロに依頼したものでした。
しかし、この評判のために、彼はデザインを変更します。
それが「Px4」となります。
先般話題に取り上げたワルサー社も、その「Walther P99」は
明らかにグロックの造形言語を引用しています。
そして、「Px4」と「Walther P99」はとても近似しています。
それにはグロックの形態言語を打ち破る
それぞれのメーカーの造形言語の見つけ方、
そのものがどうしても近接した思考結果だったのではないかと思います。
当然、S&W社もこの影響を受けて、企業の形態言語を変更します。
しかし、この引用は盗用とまで言われて訴訟になります。
私は、死の商人の商品である拳銃デザインには時代流行性が顕著です。
デザインにおける造形言語と形態言語が
最も市場競争性を表していると観察してきました。
日本の警察は、S&W社を選びます。
理由は性能であり、初速が0.2秒速いということでした。
しかし、日本の警察官、特にSPに配備されているのは、
ワルサーPPKの形態言語を引用したSIG社の「SIG SAUER P230JP」です。
この拳銃の性能性は
グロック社の性能を超えているとさえいわれていますが、
まったく不要の長物です。
したがって、私は、日本の警官が発砲出来る拳銃が必要だと思っています。
それは、これまでの火薬で発射し、
殺人兵器となる銃器機能を廃棄することです。
その造形言語はまったくまだ世界には存在していません。
デザインは問題解決の手法です。
だからこそ、威嚇、防御はすでに拳銃というモノを廃絶する必要こそ、
デザインの役割だと考えるわけです。


目次を見る