kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘原爆投下’


  「東北に吹く風を見たい」


   


     4月 13th, 2011  Posted 12:00 AM

「イナサ」。
ほぼ日本全国の太平洋岸の風です。
そして、この名前の北限が久慈。
東から吹きはじめ、やがて南東の風になります。
南東風というこの風は、
激しくなると大きな災害=天災になるほど、
太平洋沿岸では怖がられている風です。
風は見えませんが、木立や海岸に打ち付ける波で、
風を見ていると思うのです。
あらためて、今の日本、その太平洋岸に吹いている風には、
放射能が確実に舞い飛んでいることが明らかになりました。
特に、春のイナサは、「くろがね(鉄)をも通す」と、
昔からこの風の話は伝説・民話となって語り継がれてきました。
福島第一発電所では、未だに予断を許さない事態です。
被災被曝レベルは最悪と発令されました。
しかも、現政権は御用学者を怒鳴りつけながら(噂)では、
彼らのような権力ベッタリの連中は肝心な事は言えないでしょう。
放射能は、報道される円形図解の中に、
収まっているわけではありません。
ようやく南東から西に回りながら北上していきます。
イナサからヤマジになっていく現象です。
本当なら、100キロ圏外にまで特に乳幼児は避難させるべきです。
風に雨が加われば、土壌汚染は進行するでしょう。
しかし、放射能被曝された土壌汚染を復旧させることは可能です。
ヒロシマ・ナガサキに原爆投下されたときも、
今後10年は草木も生えないといわれましたが、
翌年にはもう草木が生えて野草の花も咲いたということです。
しかし、その場の田畑農業の成果がまともになるかは不明です。
私は、現政権の判断には「決断」がないと断言しておきます。
まず不安要因あれば100キロ圏外に計画避難、
計画避難というのは、ともかく20〜30万人を収容して、
それから、安全地帯が80キロ、60キロ、40キロへ縮小させ帰宅。
これが本来の政権リーダーシップの正当決断だと思います。
その時間計算も、何段階かを予測できるはずです。
「風は見えませんが、風が吹いていることは分かります」。
放射能も見えません。
だから風のごとく「見える手法」の発想を求めるべきです。
現政権の退陣をともかく求めます。
楽園だった日本にリーダー不在はあまりに悲しすぎます。



目次を見る