kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘可能’


4月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 30th, 2022  Posted 12:00 AM

4月30日 友引(癸丑)

『拡張としてのデザイン』

基本から拡張へ、
拡張から基本へ、
この双方向性が
デザイン手法の
基盤的発想だと
言うことが可能である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 23rd, 2022  Posted 12:00 AM

4月23日 先勝(丙午)

『配置としてのデザイン』

この三つを問い直して、
これまでの
配置としてのデザインが
可能であるのかを
確かめたいと
考えている。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月31日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 31st, 2022  Posted 12:00 AM

1月31日 仏滅(甲申)

『修辞学としてのデザイン』

情報社会化の中での
モノの体系は、
メディアで価値操作される
形式と内容の形態化が
デザインである、
という
現代的定義が可能である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

10月2日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     10月 2nd, 2021  Posted 12:00 AM

10月2日 先負(癸未)

『力学としてのデザイン』

デザインを
力学としてとらえることは
可能である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

9月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     9月 28th, 2021  Posted 12:00 AM

9月28日 大安(己卯)

『力学としてのデザイン』

変化するモノは
力学として
解釈が可能である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月20日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 20th, 2021  Posted 12:00 AM

8月20日 先勝(庚子)

『組織としてのデザイン』

その総和は
概念的なデザインだけを
可能にしただけだ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月24日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 24th, 2021  Posted 12:00 AM

5月24日 仏滅(壬申)

『観念としてのデザイン』

創造行為として
デザインとアートを
区別するにも、
たとえば、
コンセプチュアリズム
ならば
デザインは
チームワークが
可能であり、
むしろ
デザインの正当性は、
チームの
合目的な合意の
コンセプト表現で
証拠立てられ、
概念的モノとして
アートよりはるかに
その意味の
分かりよさを
強調してきた。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

3月4日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 4th, 2021  Posted 12:00 AM

3月4日 先負(辛亥)

『黙示としてのデザイン』

が、
現在はまだこの技術に
相当の知恵を
差し向けることが
可能である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

2月11日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 11th, 2021  Posted 12:00 AM

2月11日 大安(庚寅)

『基層としてのデザイン』

それは思い出として、
人格の基層となり、
幾重にも
積み重ねていくことが
可能である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 26th, 2021  Posted 12:00 AM

1月26日 先勝(甲戌)

『反戦としてのデザイン』

個人的休息・平安は事件、
この非日常性を
圧することで可能である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 10