kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘叱る’


『毒虫の吸血システム、そのバイオミメティックス』


   


     8月 1st, 2017  Posted 12:00 AM



最期に「何の本を読みますか」と聞かれたことがありました。
私は「ファーブルの昆虫記」だと決めているので、
そう答えたことがあります。
小学生時代の夏休みは本当に楽しかったと思い出します。
学校で「夏休みのドリル」を受け取ると、
その日の内に教室で全部やってしまって叱られましたが、
それは夏休みの自由研究がやりたくてたまらなかったのです。
叱る教諭を見返してやるんだと思ったものでした。
ほとんどが「昆虫採集」。そして面白くて怖かったことは、
村国山(越前市の山)で、深夜まで「蛾」の採集でした。
襲いかかってくる大きな蛾はオオミズアオ?だと記憶しています。
さて、地球の温暖化が一段と進行しているためなのか、
とんでもない毒虫の上陸がTVニュース報道されています。
火蟻は絶対にあの国が仕掛けた生物兵器だと思っておりますし、
シマスジ蚊もとんでもないです。そこにマダニが出てきました。
そしてもう驚愕し恐怖なのはマダニが幼虫・若虫・成虫となり、
吸血することで生きるというこの虫の大きさです。
しかも、この猛毒虫・マダニの代表的な感染症は、
意識障害を引き起こし、必ず死に至らしめるということです。
吸血するその鋏角(きょうかく)はバイオミメチックス(生物模倣)という、
デザイン設計手法になるでしょうがこれはやっぱり怖い手法かもしれません。
この毒虫たちの形態を見詰めながら、
なんだかワクワクしている自分がいます。
怖いながらも、毒虫が人の皮膚を刺すノズルは「なるほど」なのです。


* 『流行の根源である伝染病は人類の破滅道理なのか』
* 『見詰める光は「あかり」になるという事例』
* 『電子書籍の誤ったデザイン解決、けれど使わざるをえない』
* 『デング熱は風土病ゆえにもっと厳密なジャーナリズム報道を』
* 「『突然変異』・決して起こってほしくないこと」


目次を見る

8月8日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 8th, 2014  Posted 12:00 AM

8月8日 辛亥(先勝)


叱ることと
怒ることは、別ものである。

叱るとは、教育的な配慮がある。
しかし、
怒るとは、感情的な要素がある。

これは、私が恩師から
教えられたことである。

私は教育は「叱る」ことであり、
「怒る」ともなれば、
感情が込められているということだ。

「川崎和男 強い人弱い人」


目次を見る

「謝罪するあいさつを再考」


   


     4月 6th, 2011  Posted 12:00 AM

昨日大阪市内に出てみました。
関西はいつもながらの風景でした。
同じ日本列島にあって、
被災地との歴然たる光景の違いを思い知らされました。
TV報道やYouTubeでは本当に涙すること多く、
震災以来毎日、胸がしめつけられます。
卒業式での答辞、被災地の人、さすがに東北人の強さ、
6日も津波で流されながらも飼い主の避難所まで生き延びた犬、
どれだけの「哀しみ」を携えながらも、
そこから立ち上がろうとする人々に、ただ感動しているだけです。
私たちは、この本当にすぐに揺れ動く列島船の乗り組み民族です。
考えつくすことは、真剣に「なぜ」という問いかけばかりです。
結論が正解とは限らないことに突き当たります。
「正しいこと」はやはり不明なのでしょう。
私は「応答」・「回答」・「解答」を使い分けてきました。
特に「応答」については、
「すいません」、本当は「すみません」
「申し訳ありません」、
この二つについて考えさせられます。
すみませんは感動詞です。
申し訳ありませんは、申し訳の有無です。
子供の頃は、すみません・申し訳ありません、という言葉、
いづれも日常語ではつかいませんでした。
「ごめんなさい」という謝罪会話ことばを覚えました。
そのことばを使っていました。
大人になって、
すいません・申し訳ありません、これは日常的な言葉です。
子供の時には、三つのことを教えられました。
  ●「嘘はつかない」
  ●「迷惑はかけない」
  ●「あいさつを必ずする」
そして、こうした教えを守らなければ、叱られます。
そうしたら必ず「ごめんなさい」と泣いて謝りました。
私は教育者になるとき、恩師から、
「叱る」ことと「怒る」ことを使い分けることを教えられました。
今、私たちは「怒っています」。
なぜなら、社会的なエリートはこともなく、
嘘をつき、迷惑を平然とかけ、今では世界に迷惑をかけています。
あいさつは、損得勘定でしかしません。
私は、こうした日常語の言葉、
日常語であるべき「ことば」を自分自身にも自問し直しています。
企望しつくして祈望しますが、
かなわなかったら、本当に心から「ごめんなさい」ですが、
私の企望が許されなくなる事態にならないよう祈望する毎日です。


目次を見る