kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘商品’


06月12日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 12th, 2018  Posted 12:00 AM

06月12日 友引(乙亥)

商品の良さを言葉で語りきれずに、
もどかしげに解説している人をたくさん見てきた。

商品が真に優れたものである場合、
言葉や表現として
うまく僕らに伝わってこなくても、
そのモノは確かに優れている
ということはわかるものだ。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

06月07日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 7th, 2018  Posted 12:00 AM

06月07日 先負(庚午)

商品を通じて、
提案者自身の人格や人生、生き様について
非常に深い関心を持つのである。
「その人の特徴と特長が、
商品と重なっている」ことを発見したいのだ。

そう考えると、
アイディアを述べる自分という存在は、
一種の媒体ということになる。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

03月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 30th, 2018  Posted 12:00 AM

03月30日 先負(辛酉)

もし「発想」した段階で
すでに「伝達」することまで
念頭にあったならば、
彼はアイディア(商品)の
最新スペックを朗々と語るより先に、
誰のためのどんなアイディア(商品)なのか、
それが使われることで消費者の生活が
どのように改善されていくのかということに
重点を置いて話を進めるだろう。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

03月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 28th, 2018  Posted 12:00 AM

03月28日 先勝(己未)

まず彼らは、
市場動向の数字説明から始めるのではなく、
なぜ、自分がこのアイディアから、
この商品を発想したのか、
その身近な理由から述べるに違いない。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

03月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 26th, 2018  Posted 12:00 AM

03月26日 大安(丁巳)

したがって、
商品担当者自身の商品への愛着や感情が
まったく感じられないものが多かった。
いかにも機械的に、
サラリーマンとして仕事をこなしている。
デザイナーといっても、
それはデザインのような
仕事をしているサラリーマン、
という印象だけが残っている。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

staffblog 1月19日


   


     1月 19th, 2018  Posted 12:00 AM

1月19日


本日はオーディオ機器の老舗ブランド、
株式会社ナガオカ様に
お越しいただきました。

当時、川崎は、
ナガオカのすべての商品に関わっており、
チラシから商品展示のイメージに至るまで、
詳細に仕様書を残しておりました。
今回はそれらの原版をお持ちいただきました。



*紹介ブログ

『ふるさと納税に私デザインのカートリッジを発見』


『アナログの極致=レコード再生のカートリッジ』


「カートリッジデザインのフィニッシュワーク」


『カートリッジの性能をさらにアップさせるために』


『素材=ボロンとダイヤモンドですでに開発していた』



目次を見る

12月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 13th, 2017  Posted 12:00 AM

12月13日 大安(甲戌)

商品の差別化は、そのまま人間の
差別化につながっている。
大事なのは、
「区別して分別がかなう選択の対象」に
商品とそのデザインを置くことなのだ。



『デジタルなパサージュ』 思考して「言語道断」


目次を見る

12月09日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 9th, 2017  Posted 12:00 AM

12月09日 先勝(庚午)

障がい者イジメは、
「差別」である。
よって、
差別はあってはならない。
商品の「差別化」は、
ユーザーの差別である。



川崎和男の発想表現手法


目次を見る

staffblog 11月30日


   


     11月 30th, 2017  Posted 11:55 PM

11月30日


本日は、福井県からお客様でした。


懐かしいお顔とともに、
懐かしいお話があふれました。
川崎が福井県で17年間やっていた、
デザインの学校「SSID」のお話や、
今の福井の産業についてなどなど。


素敵な商品が沢山ある福井。
お土産もすばらしいものでした。


目次を見る

11月12日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     11月 12th, 2017  Posted 12:00 AM

11月12日 友引(癸卯)

特に「商品」としての
「時計」のデザインはとてもむずかしい。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』16 時の経過と瞬間


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 13