kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘天災大国’


『地震だけではない=天災大国ゆえに・・・』


   


     9月 6th, 2014  Posted 12:00 AM



私がとても不思議に思うこと30年に70%の確立で大地震というのは、
言葉として理解を混乱させていると思います。
またそれを予測というのも何か変です。
30年70%というのは、10年で何%という数値的立証性ではなくて、
明日、すでに7割の確立と考えるべきだと思うのです。
ということは、すでに毎日が大変に危険な状態に日常があります。
確かに、このところ、日本の気候は大豪雨で土砂災害は、
もし、深夜に非難勧告が出ても、自分は大丈夫だと思うでしょう。
まして、その警告がFAXで知らされていても「見なかった」?
行政の担当者として許されるべきことではありません。
企業で担当者なら即刻解雇されていますが日本の行政は甘過ぎます。
震災対応の行政からのパンフレットを詳細に読みました。
しかし、内容が掴みきれないと真剣に判断します。
震災マップが役立つとは思えません。
もっと具体的に知らせるべきことは多大にあると私は思っています。
すでに水の量、食糧、電力の確保、このために発電機もあります。
ヘルメットも見直してきましたが、デザイナーとしては、
もう一度根本からデザインし直すべきと考えています。
3.11で、最大に考え直すことは、車とエレベーターはリ・デザイン。
私は「危機管理学プロダクトデザイン寄附講座」をやってきて、
管理=マネージメントという訳語が大間違いだったと確認しました。
だから、リスクマネージメントではないのです。
おそらく、リスク=予想される危機だけではなくて、
クライシス=すでに起こってしまった危機をも管理ではないのです。
多分、今、日本全国で用意配布されている震災対応パンフレットを
私は再度読み直すべきだと強く思っています。
危機は「管理」するものではないのです。
危機=危険な事態を機会として「解決」をするべき、
詳細な注意事項や準備事項は管理ではありません。
解決手段、解決方法を具体的にしていくコトのデザインです。
私は「危機解決デザイン」を早く制度設計すべきと考えています。

「スイス政府防災マニュアルは憲法の具体解説」


目次を見る

「わが研究室は今年から重要拠点にしていく覚悟あり」


   


     1月 2nd, 2013  Posted 12:00 AM



昨年7月には、防災大臣と大企業の姿勢に大落胆。
私の復興デザインと南海トラフ対策デザインは停止しました。
けれども諦めずに、
8月に「危機管理デザイン賞」を創設しました。
それは、
わが研究室のこれからのミッションを
意識したプライミング体制づくりでした。
わが国は、天災大国です。
そして広島・長崎、そして福島と原子力の大被害国家になりました。
脱原発・卒原発では済ませられない現実と、
我々は対峙していかなければならない国家です。
ならば「公共政策としての危機管理産業の創成」を
国際的に求められています。
私は、脱原発でも卒原発よりは
「範原発」を目指すべきという見識と良識を蓄積してきました。
プルトニウムは、人類が扱える元素ではありません。
U239、U240は自然界には存在していないのに、
今回の福島では確認されてしまいました。
それなら、
原子工学の対象元素をさらに明確にするべきだというのが、
私が提示する「範原発」です。
正月早々、おそらく大きな反感を買うと思っていますが、
それを乗り越えるべき、
新たな「危機管理工学へのデザイン主導」
そして「公共政策グランドデザイン」が必至です。
原子力工学の対象は、原発だけではありません。
放射能への新たな科学的見識や公共政策での
政治的、産業的、経済的、さらに文化的胆識が必要です。
あの「はやぶさ」は放射能の宇宙界で電子機器は確実でした。
JAXAの安全工学的な経験が必要になってきたということです。
3年3ヶ月の政治的悪夢を終焉させるには、
同胞を失ったこの経験を必ず、
日本の復興や危機管理体制づくりを世界に提示していくことが大事です。
活断層の報道だけでは済まされないことは多大にあるはずです。
もう一度、
プライミング・エフェクトを思考見識に取り入れるべきでしょう。
もう家電も、情報も、車輌交通も、
すべからくエネルギーへの依存から解放されないならば、
日本の産業構造を大きく変革すべきでしょう。
私は4月には、デザイナーに立ち戻って、
わが国には
「危機管理産業の創成」を大きなテーマに掲げていくつもりです。
この開設準備室で、春を迎えたいと考えています。


目次を見る