kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘始計としてのデザイン’


5月9日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 9th, 2021  Posted 12:00 AM

5月9日 赤口(丁巳)

『始計としてのデザイン』

猶予の無い世紀末における
デザインヘの
積極的動機づけと
態度に
「始計としてのデザイン」を
デザインの実技で
断行すべきと考える。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月8日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 8th, 2021  Posted 12:00 AM

5月8日 大安(丙辰)

『始計としてのデザイン』

すなわち
デザインの計略づくり、
「始計としてのデザイン」
に取り掛かることが、
生産条件に汲みしてきた
デザインから、
生存条件の緊急なる
創造手法としての
デザインになるはずだ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月7日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 7th, 2021  Posted 12:00 AM

5月7日 仏滅(乙卯)

『始計としてのデザイン』

この戦略論の
冒頭の題目を選び、
問題解決の手抜かりのない
実技としてのデザインを
めざしたい。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月6日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 6th, 2021  Posted 12:00 AM

5月6日 先負(甲寅)

『始計としてのデザイン』

「校之以計、而索其情」
これをくらぶるに
計をもってして、
その情をもとむ、
と指示したのは
古代東洋の
戦略論であった。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月5日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 5th, 2021  Posted 12:00 AM

5月5日 友引(癸丑)

『始計としてのデザイン』

この持久力のなかで
新たなデザインの
方法論の
基礎を与えること。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月4日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 4th, 2021  Posted 12:00 AM

5月4日 先勝(壬子)

『始計としてのデザイン』

デザインのための
デザインの計略づくりから
始めること、
デザインの起源に遡求し、
その原点での
優秀と愚劣を検証し、
なおかつこれまでの
経緯に縛られない
デザインゆえの
強さを保持し続けること。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月3日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 3rd, 2021  Posted 12:00 AM

5月3日 赤口(辛亥)

『始計としてのデザイン』

この世紀を
対立のなかで支えた
二つの主義体制の終焉は、
デザイン自らの処し方を
問いかけ始めている。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月2日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 2nd, 2021  Posted 12:00 AM

5月2日 大安(庚戌)

『始計としてのデザイン』

だとするなら、
エコノミック
インダストリアリズムに
傅いたデザインも知らず
崩壊しているはずだ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月1日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 1st, 2021  Posted 12:00 AM

5月1日 仏滅(己酉)

『始計としてのデザイン』

むしろ
資本主義もまた見えず
破綻しているとは
いえないか。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 30th, 2021  Posted 12:00 AM

4月30日 先負(戊申)

『始計としてのデザイン』

ソビエト連邦の解体は、
資本主義に対抗した
社会主義の一方的な
敗北ではないだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3