kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘将棋ブーム’


『美しいモノ、バウハウスでのデザイン・チェスセット』


   


     8月 25th, 2017  Posted 12:00 AM



このところ、自宅や自宅倉庫、そして阪大研究室に収蔵している、
ともかく私の「美しいモノ」を整理し始めています。
これまで、持っていることはずーっと知っていましたが、
使ったことがありません、それはバウハウス期の「チェス・セット」です。
「チェス」については、思い出、
それは映画の「華麗なる賭け」でそれも二回、リメイクまでされた映画、
なぜなら、そこからチェスを学び、しかも相手はいつもパソコンです。
ちょうど先日から自宅でNeXT Stationを発見したら、傍らにこのセット。
本当にわくわくして開けてみたら、新品のままでした。
チェスセットは、私がApple本社で、デザインコンサルタント時には、
「Mind Top」のユーザー向けにこのセットをモデル提案までしています。
無論、プレゼでは「華麗なる賭け」でのチェス場面が余りにも美しかった、
その思い出はAppleでも通じました。
しかし、今は日本の将棋ブームに乗っていて、
私が将棋雑誌まで読んでいて、その自分にびっくりです。
ともかく、どれほど「美しいモノ」を自分が持っていたかということで、
自分デザインは常に「美しさ」でデザイン=問題解決だったことです。
となると、勿論、伝統的な駒もいいのですが、バウハウスのコレは流石です。
それでは、日本の将棋、そのモダンデザイン化は?、
一度チェスデザインしましたが、以来、自分デザインには、
将棋も私のデザインテーマになっていると告白しておきます。
しかし、将棋の駒、その基本形態では大きさと駒それぞれの格付けなど、
困難なことはとても多いようです。
それでも当分、このテーマは抱いておこうと思っています。
無論、自分デザインのゲーム盤はチェスと同じで、駒の造形テーマは?
とても困難だと実感しています。


* 「『華麗なる賭け』のように・・・とはいかず」
* 『勝てないけれどiPad上での将棋とチェスゲーム』
* 「デザインはその発祥から政治的な政策思想だった」
* 『GRiD社キーボード位置をどう乗り越えるかだった』
* 『民藝の美とデザインの美は区分分別されていた』


目次を見る

『勝てないけれどiPad上での将棋とチェスゲーム』


   


     8月 8th, 2017  Posted 12:00 AM



こんなに下手だと思うほど、私は将棋もチェスも本当に下手くそです。
碁・将棋・麻雀と父には習ったというか、教わりましたが、
碁や将棋は、父からは
「そこじゃ、駄目だ」とかで、鬱陶しくてたまりませんでした。
しかし、将棋は小学時代は母の実家で穏坊相手によくやりました。
よく、子どもながら相手には、
「下手くそ」と偉そうにしていました。
碁や麻雀はなんとなく避けていたようです。
ところが社会人となり、東芝の独身寮では、
私立大学卒で、「将棋クラブ」出身が同室だったために、
もう毎晩、その相手をさせられました。
私が常に負けるのだから、と思っても解放されずに、
それこそ毎晩であったのでとても苦痛でした。
彼はカンパニー採用だったので、半年して地方の工場勤務になりました。
その後は早稲田出身のコーポレート幹部採用だったので、
今度は、毎晩、彼は社長を目指すと言って勉強していましたから、
将棋からは解放されましたが、同室ではこれまた鬱陶しい存在でした。
最近の将棋ブームで、私もほとんど毎晩iPadでAI将棋に向かっていますが、
ともかくiPadは強くて、それでもステージは高い方です。
ところが、チェスとなると、これはNeXTでも結構勝負してきましたが、
全く勝てないと言っていいでしょう。
しかし、それでも将棋とチェスは、
いつも(勝ってやる!)と臨んでいます。

#穏坊=坊主ではあるが、死人を燃やす職業の人物


* 「『華麗なる賭け』のように・・・とはいかず」
* 『人工知能には「ち」の思潮が欠落している』
* 『リトルコンピュータピープルの顔色は人工知能要素かも』
* 「* 夢の大きさは、祖父への約束 *」
* 『盤という人類文化にAI相手は無意味である』


目次を見る