kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘川崎和男のデザイン金言’


8月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 23rd, 2019  Posted 12:00 AM

8月23日 大安(壬辰)

禅家所乗物・發子・独搨という「倚子」が
日本にもあった。
そこから、「新素材」の「性能」を
日本から発想するのです。



目次を見る

8月22日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 22nd, 2019  Posted 12:00 AM

8月22日 仏滅(辛卯)

拳銃には人間工学がある。
それには、
欧米のデザイン知識に
学ぶ必要がある。



目次を見る

8月21日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 21st, 2019  Posted 12:00 AM

8月21日 先負(庚寅)

クワガタ、カブトムシは
1200円だと聞きました。
どこにいるのか、
大阪市では見つけられない。



目次を見る

8月20日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 20th, 2019  Posted 12:00 AM

8月20日 友引(己丑)

YouTubeで拳銃の歴史性を見ました。
そして、なんと、
ヒットラーが考えていた拳銃が
今や使われているのです。



目次を見る

8月19日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 19th, 2019  Posted 12:00 AM

8月19日 先勝(戊子)

デザイナーは、
一本の蛍光灯という光源に対して、
均一に照らし出された「面」そのものが、
また、
光源になっているというのは、
時代の先駆けを、
デザインが、
デザイナーが提示して見せたわけである。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』9造形された形式


目次を見る

8月18日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 18th, 2019  Posted 12:00 AM

8月18日 赤口(丁亥)

デザイナーは、
自己のイマジネーションのなかで、
素材はこうあらなければならない、
という思い込みは激しいものだ。

この激しさを有しない者は、
デザインに向かっては
ならないとさえいえる。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』9造形された形式


目次を見る

8月17日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 17th, 2019  Posted 12:00 AM

8月17日 大安(丙戌)

棚板は
「圴一に光っていなければならない!」、
クラマタの希求する棚板一枚への思いは
一般にまでは届かないだろう。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』9造形された形式


目次を見る

8月16日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 16th, 2019  Posted 12:00 AM

8月16日 仏滅(乙酉)

デザイナー好みの判断と
「それがどうした」
という人々との間の
距離、隔たり、さらに隔絶



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』9造形された形式


目次を見る

8月15日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 15th, 2019  Posted 12:00 AM

8月15日 先負(甲申)

造形された形式



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』9造形された形式


目次を見る

8月14日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 14th, 2019  Posted 12:00 AM

8月14日 友引(癸未)

明らかに1枚の布で、
ボールの光源が覆われているかたちに
「成っている」ことを
あかりとして見つめることができるわけだ。
この意味に近づきたい。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』8脱構築という命題


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 260