kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘川崎和男のデザイン金言’


12月14日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 14th, 2018  Posted 12:00 AM

12月14日 赤口(庚辰)

「透明」になった自分を
自分で確認できることは、
生命の重力感からも解放された
日々があったのかもしれない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』3硝子の音色


目次を見る

12月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 13th, 2018  Posted 12:00 AM

12月13日 大安(己卯)

現代、若者たちが、
これほどまでに簡単な歌詞と旋律に
狂喜しているのは、
十分な豊かさは裏腹な孤独感を
共有しあっているから
なのかもしれない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』3硝子の音色


目次を見る

12月12日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 12th, 2018  Posted 12:00 AM

12月12日 仏滅(戊寅)

未来は、
すでに現実にある。
しかし、この現実から、
未来を見つけるのは、
一万分の一だろう。



目次を見る

12月11日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 11th, 2018  Posted 12:00 AM

12月11日 先負(丁丑)

「餓死」
この現実は、
デザインにとって、
最大のテーマである。



目次を見る

12月10日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 10th, 2018  Posted 12:00 AM

12月10日 友引(丙子)

もはや、銃器ではない、
それを私は思う。
銃器ならば、「絶対」に、
命を取らない、
戦争が始まっている。



目次を見る

12月09日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 9th, 2018  Posted 12:00 AM

12月09日 先勝(乙亥)

反戦論理はみんな、持っている。
しかし、
専守防衛に「攻撃」
その戦争論理は
まったく、持っていない。



目次を見る

12月08日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 8th, 2018  Posted 12:00 AM

12月08日 赤口(甲戌)

デザイン自らの解体を常に隠匿して、
デザインがデザインを
裏切らなければならない
ラディカリズムは必至であろう。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』2ワイングラスのインジケーター


目次を見る

12月07日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 7th, 2018  Posted 12:00 AM

12月07日 大安(癸酉)

デザインはいつでも
解体されていく必要がある、
というのが私の思い込みである。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』2ワイングラスのインジケーター


目次を見る

12月06日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 6th, 2018  Posted 12:00 AM

12月06日 友引(壬申)

私たちデザイナーは、
あらためて自分の
「内側を覚醒させる」ことを
忘れていないだろうか。

倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』2ワイングラスのインジケーター


目次を見る

12月05日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 5th, 2018  Posted 12:00 AM

12月05日 先勝(辛未)

形態のデザインから、
制度のデザインに入っている。
そのためには、
教員教授ではない、
学者教授が「絶対」に必要。


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 235