kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘手法’


5月5日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 5th, 2022  Posted 12:00 AM

5月5日 友引(戊午)

『分割としてのデザイン』

発想を
分類したり、
分別したりすることは、
考察するためには
手法としての手続きであり
段取りである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 29th, 2022  Posted 12:00 AM

4月29日 先勝(壬子)

『拡張としてのデザイン』

あるいは、
やみくもに拡張や
展開をめざし、
拡張された思考の焦点を
絞り込むという手法も
大事である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 28th, 2022  Posted 12:00 AM

4月28日 赤口(辛亥)

『拡張としてのデザイン』

そこで、
基本を中心にした場合は、
その周縁を
拡張させていくことで、
中心が本来、
何であったか、
ということに
回帰させる手法がある。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

4月17日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 17th, 2022  Posted 12:00 AM

4月17日 先勝(庚子)

『配置としてのデザイン』

そこで、
モノのアドレスとは
もともと
何であったのかを
確認する手法を
いくつか
思い出しておかなければ
ならないだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

2月16日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 16th, 2022  Posted 12:00 AM

2月16日 仏滅(庚子)

『変革としてのデザイン』

たとえ、
これまでのような手法を
デジタル化することでも、
幾何学的な発想を
離脱し、
逃走し、
解放されることに
なるだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月21日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 21st, 2022  Posted 12:00 AM

1月21日 赤口(甲戌)

『賛歌としてのデザイン』

理想主義を
たたえるための
手法や手段としての
デザインは、
生きることの賛歌に
他ならない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1月17日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     1月 17th, 2022  Posted 12:00 AM

1月17日 友引(庚午)

『賛歌としてのデザイン』

そして、
理想主義を
具現化する手法は
デザインである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

9月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     9月 23rd, 2021  Posted 12:00 AM

9月23日 赤口(甲戌)

『選定としてのデザイン』

大衆の
反復への関心を
引き出す手法に
なると考える。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

9月8日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     9月 8th, 2021  Posted 12:00 AM

9月8日 先負(己未)

『異化としてのデザイン』

なぜなら、
異化作用がもっている
分解して
感得させるエネルギーは、
外界の時代的な代謝を
自己の心的構造に
適合させていくための
古典的な手法として、
デザインが
時代や社会に
同化することで
失ったことを
取り戻せるかも
しれない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

9月3日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     9月 3rd, 2021  Posted 12:00 AM

9月3日 先負(甲寅)

『異化としてのデザイン』

表現形式に、
この異化作用的な手法を
V.B.シクロフスキーは
試みた。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 16