kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘手法’


9月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     9月 23rd, 2021  Posted 12:00 AM

9月23日 赤口(甲戌)

『選定としてのデザイン』

大衆の
反復への関心を
引き出す手法に
なると考える。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

9月8日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     9月 8th, 2021  Posted 12:00 AM

9月8日 先負(己未)

『異化としてのデザイン』

なぜなら、
異化作用がもっている
分解して
感得させるエネルギーは、
外界の時代的な代謝を
自己の心的構造に
適合させていくための
古典的な手法として、
デザインが
時代や社会に
同化することで
失ったことを
取り戻せるかも
しれない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

9月3日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     9月 3rd, 2021  Posted 12:00 AM

9月3日 先負(甲寅)

『異化としてのデザイン』

表現形式に、
この異化作用的な手法を
V.B.シクロフスキーは
試みた。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

7月31日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 31st, 2021  Posted 12:00 AM

7月31日 先負(庚辰)

『逐次としてのデザイン』

逐次性を
逐年的なデザインに
発展させること、
それは
デザインにとっては
開放の手立てであり、
革新の手法だと考えたい。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 26th, 2021  Posted 12:00 AM

6月26日 先負(乙巳)

『元気としてのデザイン』

解放を
手に入れるための手法を
開発しなければならない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 13th, 2021  Posted 12:00 AM

6月13日 友引(壬辰)

『顕正としてのデザイン』

したがって、
デザインは、
対決を助長し、
対決を強化し、
対決を容認する、
差異と差別のイメージの
具現化を提示する
手法となるデザインの
イデオロギーを総括し
告発する
勇気を育成せよ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月12日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 12th, 2021  Posted 12:00 AM

6月12日 先勝(辛卯)

『顕正としてのデザイン』

それゆえ、
イマジネーションを
統合化する手法である
デザインこそ、
その役割をになうべきだ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月7日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 7th, 2021  Posted 12:00 AM

6月7日 赤口(丙戌)

『顕正としてのデザイン』

したがって、
イデオロギーの
死にいたる病を
対症療法的な手法で
慰労したところで
何の解決にも
ならないことを
自覚することが
最も重大であることを
知るべきだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 30th, 2021  Posted 12:00 AM

5月30日 仏滅(戊寅)

『観念としてのデザイン』

この手法を歴史に収納し、
革新をめざすならば、
観念的手法による
デザインを
新生させなければ
ならない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 27th, 2021  Posted 12:00 AM

5月27日 先勝(乙亥)

『観念としてのデザイン』

したがって、
コンセプトの
共有確認を
チームワークデザインの
軸とする手法は、
これまで同様、
功無く罪大きいモノ
=塵を生産することに
なるだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 15