kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘手洗い’


『新型コロナウイルスでの「敗血症」多臓器不全死』


   


     5月 18th, 2020  Posted 7:46 PM



アルベール・カミュの『ペスト』を読み直しをしました。
人間と疫病の闘い、極限状況、ロックダウンと
不条理な中での私達の生き方。
当然、ダニエル・デフォーの『ペスト』とともに、
災厄に直面した社会と人間の存在と生き方を
表現した普遍的な価値を持っています。この状況で、
アフター・コロナという世界に向き合おうとする今、
「経済」活動では、これまでに戻ることなどはありえません。
医療や教育、そしてエンターテイメントなどが、
崩壊していますが、「経済」の仕組みはもっと大変です。
『ペスト』には「死んでいくのに難渋を味わう」「非快適」という
追放されたひとりぽっちの特異な状態の死があります。
「新型コロナウイルス」は、
生物兵器を開発途中で失敗をしたのではないかという説を
私は考えており、このコロナウイルスで世界中で、
人類が滅亡するかもしれない人災だと思っています。
私は以前、「敗血症」からの多臓器不全で重篤になりました。
それは2006年のことでしたが、今回のCOVID-19でも
重傷化する患者の多くが「敗血症」に陥り死亡しています。
そういうきっかけをいただき、どう言う訳か、この死での、
阪大時代の研究室の取り組みは深紫外線による手洗いから
感染予防のストレッチャーと寝具開発、
経肺によるワクチン接種と新しいシリンジがあります。
が、これは私の動物的な直感でした。


目次を見る

『手の消毒、そんな時代になっている?』


   


     4月 19th, 2015  Posted 12:00 AM



私は幸いにも花粉症ではありませんが、まさかという人までが
最近はこの病ブームにやられています。
そして、このところみかけるのが、企業、レストラン、ホテル、
もちろん医院や病院の入り口には消毒薬が置かれています。
手を洗うことは、小学生の頃から、かなりしつこく教えられました。
外から帰ってきたらうがいと手洗いは強要されてきたと思います。
しかし、今や強要ではなくもはや義務です。
しかも消毒薬次第で、防ぎきれないノロウィルスなどどころか、
さらに手洗いでも防御不可能なウィルスも登場し始めています。
またさらにこの消毒薬で、手荒れになってしまったりとか、
人間の体質も変わってきています。
私自身、除細動器を体内に埋め込んでから、アレルギー体質です。
しかもやっかいなことに、「甲殻類アレルギー」です。
これは北陸生まれの私にはなんとしてもカニはとなれば、
抗アレルギー薬を飲んででもカニは食べています。
花粉症に対策どころか、地球全体の温暖化、気候変動は、
感染症の増大は人智を超えだしているようですが、
人智を最大限にするためには、私は四つの対策を決めるべきと
それをデザインの問題解決の対象にしています。
● 環境の異変原因へに対策デザイン
● 人間・人類の抵抗力、その対策デザイン
● こうしたことを危機とする基本デザイン
● 危機解決デザインの具体的な解答デザインの制度化
これが、私がめざしている「危機解決デザイン」であり、
こうしたデザイン=問題解決を図ることがコンシリエンスデザイン。
このところ、この四つに具体例を、講演や企業提案をしています。
「コンシリエンスデザイン看医工学寄附講座」の準備に
走り回っていますが、いたるところで、この消毒セットを見ると
ともかく、自分の役割が明確になってきています。
出張中はどうしてもこのブログ休筆になりますが、元気です!


目次を見る

「Experienceを変える発想と技術とデザインと」


   


     8月 15th, 2013  Posted 12:00 AM



私は心臓を悪くしたことで喫煙はすっかり辞めました。
そのメリットは、歯が白くなったことです。
そこで歯磨きについては、相当に詳しくなったと思っています。
海外に行くと様々な歯磨きツールを買い込んで試用します。
結果、歯磨きは、植物系と歯茎系、そして美白系の三種は必然。
三種類で歯磨きはするべきという持論を持っています。
そして、歯ブラシは技術進化によって断然日本製がダントツです。
歯ブラシの回転速度は手磨きをすっかり変えました。
しかも、歯ブラシのスタイリングもすっかり変化しました。
ところが、最近、発想変換を思い知ったのは、
ペースト状の歯磨き粉が、タブレット状に変更されたことです。
すでに歯磨き粉は当然にペースト状という、
この思いこみ=経験=Experienceまでが変わってしまいました。
となれば、このタブレットに合わせた歯ブラシ形状すら、
新しいデザインで変わることが必要だと考えます。
この商品を販売している企業姿勢には、
思想的にはすべて賛同できるわけではありませんが、
日常品による手洗いから入浴、洗髪に関わるモノの体系すべてが
変更、というより日常経験が変わってしまうということです。
私たちの生活の基本的な習慣、
この経験が変えられたということになります。
そうして、ここからが問題になります。
Quality of Experienceはデザインが果たす問題解決です。
つまり、使い勝手だけではなくて使い心地の成果評価が、
発想を支えた技術、その表現内容までを進化できるだろうか、
これがデザイン目的になるということです。
私は、日常生活、通常の何気ない習慣の質そのものを
果たしてどこまで新たな発想・技術・デザインが支援する実務と、
その手法の進化開発がデザイナーの職能だと思っています。
結局、経験の質を向上させるには、
発想力・技術力・デザイン力を毎日変革することと思っています。


目次を見る