kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘文部科学省’


『納得出来ない日本の伝統技=和紙の切り売りと分断化』


   


     12月 17th, 2014  Posted 12:00 AM



「和食」はユネスコ認定されましたから、
ともかく日本の食文化全体が伝統文化としてグローバルな認定でした。
しかし、「和紙」でユネスコ認定されたわけではありません。
ひたすら和紙産地が、国内の中でも「自分たち」だけを
官僚経由でユネスコ認定を勝ち取って自分らが本物と主張しただけです。
厳密に言えば、1300年の歴史は1500年の越前和紙との、
私が絶対に許せない「差別化」謀略を完成させただけのことです。
したがって、「和食」は農林水産省の仕事であり、
「三つの和紙産地」認定は文部科学省の仕事だったことです。
日本人だって、ユネスコ認定での日本国内の取り決めなどは全く、
私たちは知るわけがありません。
私も、福井県選出の国会議員と一緒に文科省のお役人から、
詳細を聞かされて知ったというわけです。
認定された和紙も楮に限定されています。これが文科省の仕事?
雁皮の困難さ、土佐楮は選ばれず、溜漉き、黒漉き無視なんて
本当の和紙技能は選外ですから。
冗談じゃない!、申し上げたい、お役人に何が分かっておられるのか、
しかも、マスコミのバカどもは、和紙でドレスが出来る?って、
それは和風紙(純楮ではない紙パルプの草紙)です。
知性無き文科省の官権を、絶対に認めない人間がいます。私です。
それは私だけでなく、極めて悟性ある多大な仲間がいます。
ユネスコ認定自体を、私は実物と歴史性そして伝統的制度論で、
海外アピールする覚悟でいます。
なんと言っても、越前和紙から和紙が全国各地に伝承されたことを
私自身が熟知と経験から、文科省のこの認定を海外から壊します。
海外のデザイナー仲間は絶対に私を全信頼しますから。
なぜ、私がこの覚悟と決意をしているかは、
文科省の認定に関わり、私に説明した担当者の偉いさん達、
じっくりと再考を真摯に、そして激烈に私は求めます。
メールも平然と無視できるそのような人たちです。
もちろん、この認定を取り付けた産地は和紙づくりに真剣でした。
この認定を知った後で、あわてふためいた産地は猛省を、そして、
首長の知事や市長は、全く伝統には無知だったと指摘しておきます。


『和紙は越前和紙ぬきになぜ語れるのだろう!?』
『越前和紙に私専用を特注、なぜなら伝統の技能だから』
『享保の手帖から私が学び直したこと』
「伝統は熟知必然・実例としての和紙か和風紙か」
「越前和紙から名塩和紙への悲しい物語り」


目次を見る

「海底資源探査船というわが国の技術は防衛されるべきだ」


   


     7月 10th, 2013  Posted 12:00 AM



中国が日本にレアメタルを売らない、と言われました。
資源の本当に無いわが国には、頭脳があります。
日本の頭脳の素晴らしさをしみじみと知りました。
経済産業省の海底資源探査船「白嶺」は、
以前文部科学省の探査船「ちきゅう」を凌ぐ船舶が生まれました。
領海を世界で6番目に保持しているわが国の海底には、
資源の宝庫だということをこうした探査船の頭脳が発見します。
おそらく、造船技術だけに留まらない船舶造船が成功しています。
それは、私の授業・「海洋デザイン戦略」での演習課題で、
あるチームが選んだのは、「ちきゅう」が造れる造船工場計画。
若い海事工学系の学生は、探査船の造船技術の統合化を
港湾での防災された造船工場計画として提案してきました。
私は、最後の講評会で「白嶺」が生まれた話をしました。
審査委員からも、こうした船舶が世界にあるかどうか、を
尋ね、世界には全く無いと聞いたときには、
審査委員全員が、この造船技術こそ日本独自そのものであり、
造船を産業化し、このような船舶にこそ税金を使ってでも、
数隻は欲しいという声がありました。
ところが、残念なことは、この船はまったく無防備です。
いわゆる水鉄砲(現在は韓国製が最も強力)さえ在りません。
いざとなったら、海上保安庁が守ってくれたとしても、
彼らにはミサイルさえ無いのですから戦闘はできません。
このような国家はありえません。
防衛装備程度は備えるべきですが現在の憲法では許されていません。
私がこのようなことを書けばすぐに「右翼扱い」されます。
左翼は絶対に私は認めませんが、右翼ではありません。
右翼以上の発言力と行動力を磨いているつもりです。
ついでながら、スパコンは絶対にNo.1で在るべきなのです。
なぜなら、わが国は「気象情報の探索」とか言っていますが、
本来、スパコンはミサイル発射・ミサイル命中技術開発です。
いい加減に、この平和呆けから目覚めるには、
こうした探査船造船技術にも防衛装備開発があるべきだと、
私は言い続けていく立場でありたいと思っています。


目次を見る

「『特殊装備』産業の振興・made in japanの新たな産業化」


   


     10月 21st, 2012  Posted 12:00 AM



「危機管理産業展2012」に特別併催企画展がありました。
「テロ対策特殊装備展’12」です。
SEECAT’12=Special Equipment Exhibition & Conference for Anti-Terrorism。
ただし、この展示会の観覧は限定された審査がありました。
SEECAT事務局の個人審査です。
したがって、審査結果証と顔写真付き公的身分証明書。
所属機関の名刺で入場証を受け、
さらに、入場口では空港審査同様の持ち物チェックがありました。
したがって、展示されているモノを詳細に紹介はできませんが、
文部科学省プロジェクトには大学研究の紹介もありました。
大阪大学中心の「顔識別ソフトウエア開発」は、
じっくり説明を受けました。
観覧者には、消防庁の救助部隊員や防衛関係者などは制服姿だったのが
この展示会を象徴していました。
ある意味では、軍隊装備であり、武器はありませんでしたが、
武器周辺装備が数多く展示されていました。
3日間の入場者数はおおよそ15000人でしたが、
もし、一般公開されたなら、
有明ビックサイトでダントツに大人気展示会になると私は感じました。
「男の子大好き商品」が山ほどあるわけです。
私は、こうした特殊装備関連はもっと日本の産業アイテムとして
重要視するべきだと考えます。
現在、日本が抱えている問題は、
● 自然災害・防災問題
● 領土問題・防衛問題
● 拉致問題・奪回軍事問題
こうした問題が、マスコミも相当に制御した情報化だけです。
日本には正確なジャーナリズムが大欠落していると言えるでしょう。
現在、警官も拳銃を所持していますが、
あれは単なる警官であることの身分証明シンボルにすぎません。
私の父は警官・刑事だったので、常に拳銃を身に付けていて、
自宅官舎内には
拳銃保管庫が床下コンクリートから鉄棒で固定されていました。
よく日本は「平和ボケ国家」と言われていますが、
私は、平和は確実な防衛体制が基本だと考えてきました。
防災も坊犯も防衛もすべて「命・財産を護る」重要な手段です。
防衛=戦争賛同では無いということを明確にするためにも、
私は、防災・坊犯・防衛のための装備・機器・システムの産業化にこそ、
デザイン主導が必然だと主張しておきます。
デザイナーももっと、
武器のデザインなどへの常識と見識を知識化すべきだと考えています。
なぜなら、
ダ・ヴィンチはアーティスではなく、軍事顧問だったということです。


目次を見る