kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘時代’


8月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 26th, 2020  Posted 12:00 AM

8月26日 友引(辛丑)

『位相としてのデザイン』

それは
社会現象の意味の形式を進化させ、
デザイナーの先導にもとづく
引き込むべき時代の
選別になるだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月20日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 20th, 2020  Posted 12:00 AM

8月20日 友引(乙未)

『位相としてのデザイン』

時代のこの転機は、
位相の質の確認が
デザインの意欲に
なりがちである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月11日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 11th, 2020  Posted 12:00 AM

8月11日 先負(丙戌)

『位相としてのデザイン』

すなわち、
流行的という文脈で
解釈されてしまう
「かたち」にも、
形式の認知が
容易になされたほどには
内容は理解されずに、
時代が廃棄する
デザインはあとをたたない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月10日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 10th, 2020  Posted 12:00 AM

8月10日 友引(乙酉)

『位相としてのデザイン』

デザインが
時代を変革する形式を発見する時、
社会にとってのデザインが
その内容で評価されることは
瞬間でしかないかもしれない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月8日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 8th, 2020  Posted 12:00 AM

8月8日 赤口(癸未)

『位相としてのデザイン』

あるいは、
社会の根底と表層が
相互作用を
効果ならしめようとするとき、
時代は常に
その根底を変革するまでの猶予を
保持しないものである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月7日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 7th, 2020  Posted 12:00 AM

8月7日 大安(壬午)

『位相としてのデザイン』

時代の変化が社会現象となって、
次の時代を引き込む。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

8月6日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 6th, 2020  Posted 12:00 AM

8月6日 仏滅(辛巳)

『位相としてのデザイン』

未だデザインが
対象化しなかった事態に、
位相となるべき時代が
訪れようとしている。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

7月17日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 17th, 2020  Posted 12:00 AM

7月17日 先勝(辛酉)

『分別としてのデザイン』

その時代に生きた世代が、
その生涯を持っても
責任の取れないもの、
それを科学文明の
成果あるいは進歩として
創出することは悪行である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月9日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 9th, 2020  Posted 12:00 AM

6月9日 先負(癸未)

『文学としてのデザイン』

「かたち」の持つ機能性、経済性、社会性が
見事にデザイン意図されているという
評価が、デザインの正義であった時代は、
いま終焉の時をむかえている。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 23rd, 2020  Posted 12:00 AM

5月23日 仏滅(丙寅)

デザインは、
時代の欲望を喚起し、
かつ押し留めようとする
力を持っている。
ここから「欲望の刺激装置」。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』18 アイ・ポイントからのミス・ブランチ


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 13