kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘欲望’


12月19日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 19th, 2020  Posted 12:00 AM

12月19日 先負(丙申)

『指示としてのデザイン』

大衆の欲望、
都市の狂気、
経済の圧倒、
これらへの「指示」が
デザインとして
意図されるとき、
デザインが変態することは
まずありえない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

12月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 13th, 2020  Posted 12:00 AM

12月13日 友引(庚寅)

『指示としてのデザイン』

あるいは、
デザインとは問題整理の
主導的役割に立ちながら、
商品形態の創出効果を
都市の欲望に
吸着させることで
満足していないかどうか。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

12月7日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 7th, 2020  Posted 12:00 AM

12月7日 友引(甲申)

『指示としてのデザイン』

この原則を
強化するかのように、
デザインが
欲望の収束装置に変態する。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

12月6日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 6th, 2020  Posted 12:00 AM

12月6日 先勝(癸未)

『指示としてのデザイン』

これは都市が
欲望の集落を
仮構する原則の
ようなものである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

12月4日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 4th, 2020  Posted 12:00 AM

12月4日 大安(辛巳)

『指示としてのデザイン』

都市の狂気を
大衆の欲望が
包括しコントロールしている
かのようである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

12月1日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     12月 1st, 2020  Posted 12:00 AM

12月1日 友引(戊寅)

『指示としてのデザイン』

欲望が
錯綜した消費社会は
都市に構造づけられた
事実である。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

11月20日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     11月 20th, 2020  Posted 12:00 AM

11月20日 先負(丁卯)

『指標としてのデザイン』

また受容するだけでなく
封じ込められ
包囲されることで
満足する感性と欲望が、
ある種の新たな変容を
希求する刺激値として
デザインを要求するとき、
そのデザインは
時代の風のようなもの、
すなわち
メタファーを
形態化しているものである。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

11月19日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     11月 19th, 2020  Posted 12:00 AM

11月19日 友引(丙寅)

『指標としてのデザイン』

そしてこの流動性ゆえに、
感性と欲望は
刺激を受容することができる。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

5月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 23rd, 2020  Posted 12:00 AM

5月23日 仏滅(丙寅)

デザインは、
時代の欲望を喚起し、
かつ押し留めようとする
力を持っている。
ここから「欲望の刺激装置」。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』18 アイ・ポイントからのミス・ブランチ


目次を見る

5月19日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     5月 19th, 2020  Posted 12:00 AM

5月19日 赤口(壬戌)

身勝手な欲望を携えそう身を焦がすより、
余波(なごり)という欲望の残り火で、
凍り付く気分に暖を取ろう。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』18 アイ・ポイントからのミス・ブランチ


目次を見る

1 2 3 4
  • Archives

  • Categories