kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘画面設計’


『画面の「峡額縁」スタイルでみるデザイン技術の進化を』


   


     6月 1st, 2014  Posted 12:00 AM



次世代デザイナーへの助言です。
TV画面、モニター画面、それぞれには額縁があります。
デザイナーにとって、画面額縁を無くしたい、と拘った経験、
これは画面設計に関わってきた担当デザイナーや技術者にとっては
一つの大きな目標だったことがあります。
私がモニター設計に関わり出した頃、
まず、ある液晶供給企業が、とりあえず、左右は同寸、
けれども上下、上は狭く、下が広い時期がありました。
その頃は、どうしてもこのスタイルに私は納得できず、
それなら、上下左右を同寸にしていた時期がありました。
やがて、モニター画面の額縁が12mm程度になって、
世界で初めて「峡額縁」モニターデザインをしました。
上下左右をすべて同寸の額縁にしたところ、
あるメーカーは、供給メーカーそのまま左右と上下寸法違いを
商品化しましたが、すぐに市場から消えていきました。
まだ、19インチ時代でした。
それが最近4Kテレビ時代になって、「峡額縁」TVが出現しました。
私は、この進化は素晴らしいと評価しています。
最も、TV画面の峡額縁は韓国で提案されましたが、
それは液晶提供メーカーが韓国製になってきたことが原因です。
そして、担当デザイナーたちが、
どうせTVは額縁のデザインだと聞くと腹立たしくなります。
なぜなら、「峡額縁」の進化ゆえに可能になってきたデザイン、
そのあり方を放棄しているようにしか見えません。
日本の額縁デザインで視覚情報を縁取るべきです。
それこそ、画面は情報の表示形式です。それゆえに、
情報の額縁に拘っているようでは、画面情報には、
写し、映されることで、視覚化情報は「移され、撮されて」、
見る・観る・視る・診る・看る・覧るという、これだけの
視覚情報が「縁取られる」ことを重視すべきだと思います。


『画像と映像の機器をデザインしてきて・・・』
『TV画面=画像と映像の現代的なまとまり』


目次を見る