kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘発想’


04月22日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 22nd, 2018  Posted 12:00 AM

04月22日 先負(甲申)

「わがまま」とは
オリジナリティあふれる発想の源である。
誰も思いつかないアイディアを引き出すのに
不可欠な要素なのだ。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

04月14日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 14th, 2018  Posted 12:00 AM

04月14日 赤口(丙子)

「発想」の段階に
奔放な「わがまま」がないと、
いくら技巧的に
素晴らしいプレゼンテーションであっても、
心を引きつけられる
何かが欠落してしまうと思うのだ。



『プレゼンテーションの極意』「わがまま」と「誠実さ」


目次を見る

04月05日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 5th, 2018  Posted 12:00 AM

04月05日 先負(丁卯)

思いついて(=アイディア)、
思い込んで(=思考)、
「発想・表現・伝達」を
自分に言い聞かせるだけでは、
説得には至らない。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

04月01日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     4月 1st, 2018  Posted 12:00 AM

04月01日 大安(癸亥)

「発想・表現・伝達」の
統一感の取れた内容は、社会の理解を深め、
プレゼンテーターである企業に対して、
信頼感のある感情移入を
促すことにもなるのだ。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

03月30日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 30th, 2018  Posted 12:00 AM

03月30日 先負(辛酉)

もし「発想」した段階で
すでに「伝達」することまで
念頭にあったならば、
彼はアイディア(商品)の
最新スペックを朗々と語るより先に、
誰のためのどんなアイディア(商品)なのか、
それが使われることで消費者の生活が
どのように改善されていくのかということに
重点を置いて話を進めるだろう。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

03月29日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 29th, 2018  Posted 12:00 AM

03月29日 友引(庚申)

些細なきっかけから生まれた「発想」を
「伝達」するまでに、
そのプレゼンテーターはどういう経緯で
頭の中を整理していったのだろうか。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

03月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 28th, 2018  Posted 12:00 AM

03月28日 先勝(己未)

まず彼らは、
市場動向の数字説明から始めるのではなく、
なぜ、自分がこのアイディアから、
この商品を発想したのか、
その身近な理由から述べるに違いない。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

03月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 27th, 2018  Posted 12:00 AM

03月27日 赤口(戊午)

時には、
企業内デザイナーというのは、
デザインのような仕事をしている
技術屋さんと呼びたくなる。

これらのプレゼンテーターたちの中に、
「発想・表現・伝達」の
3点が共存していたら、
どうなっていただろうか。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

03月25日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 25th, 2018  Posted 12:00 AM

03月25日 仏滅(丙辰)

いずれのプレゼンテーションも、
はい、発想しました、
はい、表現しました、
さあ、これから
プレゼンテーションで「伝達」します、
といったように、
すべての要素が連携なく分断されていた。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

03月23日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     3月 23rd, 2018  Posted 12:00 AM

03月23日 友引(甲寅)

「発想・表現・伝達」の
並行思考ができる人は非常に少ない。
なぜなら、
教育という手法で
最も欠落しているからだ。



『プレゼンテーションの極意』「口説き」、それは三位一体


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 29