kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘継続’


『100円ショップの明晰さと確実に連鎖する美知らず』


   


     10月 5th, 2016  Posted 12:00 AM



100円ショップで買ったいわゆる「孫の手」。
「孫の手」というこの商品は庶民の産み出したある意味では優れたモノです。
果たしてこの商品では工芸品とでも謳われれば10万・5万のモノもあります。
しかし100円ショップでも充分に使い勝手が行き届いています。
孫の手がデザイン対象にはおそらく決してならないでしょう。
問題解決の商品としては、背中を搔くことの応答商品であり、
ゴルフボール風の肩たたき機構さえそろっていて、
なおかつ100円ショップ商品ですから、きわめて日常品だと断定できます。
大手のそれも巨大な家具商品ストアに行けば、デザイナーなら驚くばかりの、
盗作だらけ、いやこういうのをジェネリックプロダクトと言うのでしょう。
自分のデザイナー倫理観、デザイナー正当職能観では、
決して許容できるモノ・デザインではありません。
けれども日常生活では自分自身もこの手の商品は自宅にあります。
何が応答商品か?ということで、考えれば、
いわゆる「使用感」だけがまかなえれば、100円ショップ商品で充分。
車や時計、あるいは万年筆などでは「所有感と使用感」において
確実に納得するモノであることが必要充分条件です。
それこそ、プロのデザイナーとしては決してジェネリックプロダクトも、
ましてや盗作などは非難どころか告発とさえ自分は職能倫理を守ります。
今年度のすでに制度となっている国家的なGマーク商品の選定では、
元審査委員長としてはなぜ?、コト重視?、仕組み重視?、美は?
審査委員資格としての問題解決での応答・回答・解答、
そして性能・効能・機能、価値性、未来創成と継続性の日本らしさは?
100円ショップ的な応答商品のそれこそ見事な羅列に、
わが国経済が存分な低迷を反映し、そしてその哀れさに心痛です。
明言します。
審査委員失格者は相当存分に「美知らず」が存在していることです。


* 『大物主神から事代主神、このコンテクストの卓球台』
* 『アンチテンションはコピーされている福井産の革新技術』
* 『愛着と愛用がデザインの全体価値である』
* 『造形デザインがレジリエンスデザインを具体化解答』
* 『モノ真似防止、他のデザイナー作品は暗記すべきだ』


目次を見る

『倫理観の原点、その詳細の要点を語り継ぐ』


   


     10月 26th, 2014  Posted 12:00 AM



自由主義はどこかで壊れてしまっていると私は思ってきました。
最近、その明白な道徳性、倫理観が残ってたことで再確信しました。
それは美しさを確かめる自分の職能感につながっていたので、
私が正面から喧嘩を売っていってもそれは正解だったと思うのです。
あの3.11大震災時に、
日本人は世界が注目するほどの礼節さがあったと絶賛されましたが、
それはメッキが剥がれてることを日本人自身は自覚しているはずです。
3.11が明らかにしたことは、敗戦を経験しながら、
理想的な国家を再建してきたはずですが、全てを無くした真実です。
地球環境が存続性を危うくしていること、気候変異があること、
世界を破滅させるかのような感染症の増大、そしてテロ連動です。
それならば、日本人は武士道商売道には連綿と継続されてきた
原点のさらなる詳細と詳説がまとまっていたことを思いだすべきです。
特に素晴らしい言説は、やはり、武士道の家訓に見事でした。
これらが壊されたのは、敗戦でのGHQ通達がありましたが、
もっとそれを加速し膨大化したのは、自虐史観としたなんでも否定の
左翼思想であったことは歴然としています。
私は、家訓の代表に「朝倉孝景条々」17条を選びます。
この家訓=条々は武田家・上杉家なども現代に生きる慧眼思想です。
まず、すべての家訓には、質実剛健さと質素倹約が根底にあります。
質実剛健を戦意昂揚のものとか、質素倹約の豊かさを否定とした
左翼思想は、現代の子どもたちの学力さえも成長を止めています。
女性大臣が、左翼的な教育が学力低下と関係性ありは正当でした。
しかし、未だに、もはや「御成敗式目」から「家訓」を否定する
そんなグループに訂正を余儀なくされている現実がまだ残っています。
私は、この家訓は、企業理念として、商業経営の効用と効果の指標、
企業存在を社会的な正義と語り継がれていくことを期待しています。


目次を見る

『永続させている活動は、唯一になっている。」


   


     7月 16th, 2014  Posted 12:00 AM



彼らをTVで見かけない日はありません。
日本で最も有名なアイドルグループであり、
メンバー全員が、いわゆるタレント業ではトップの人たちでしょう。
「March 11. 2011」は天災と人災によって、
私たちは多くの同胞を失い、今なおフクシマの現場では、
人類が未体験の復興作業に必死になっていますが、この記憶は、
すでに思い出化しようとしているのかもしれません。
そんな中で、TVータレント=アイドルグループの役割は、
たとえ、彼らの社会的な存在、その広告広報であったとしても、
義援金募集をあの事件以来今なお継続させているのは彼らだけです。
アイドルグループが、日本のTVエンターテインメント業界にあって、
それは「虚構」という側面が相当にあったとしても、
「連続」させている活動を見届けば彼らの存在は逞しいと思います。
私なりには、彼らのヒット曲「オンリーワン」などは、
現在、ありえないからこそ、大衆的な大指示を受けているものであり
今、流行の「ありのままで」も、ありえないからこそ、
大衆はその希望によってヒット=流行させているものと判断します。
私はあらためて、「虚構」ゆえの世界のなかでの表現・表明に、
連続させ、なおかつ、記憶を失わせない活動は賛辞すべきです。
「ふくしま」の復興が、結局は、とんでもない国家プロジェクトや、
これからの天災・人災への「危機解決のためのデザイン」に関わり、
特に、いい加減ながらも権力構造を見、知るたびに、
こんな政策こんな首長こんな議員こそ、ロクデナシだと評価します。
「ふくしま」の名前を借りた「虚構」にこそ、
実は、実行動としての事実の背景に潜む、汚職性を発見します。
そういう意味でも、アイドルグループの存在、彼らの発信力を
私は真摯に捉え直す必然を強く感じます。


目次を見る