kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘電磁波空間’


『自宅玄関のデジタル化とアナログ操作性の実験』


   


     12月 10th, 2015  Posted 12:00 AM



ともかく自宅を最も住みやすくしたい!
そのためには、デジタル化するというのは大きな一つの手段です。
しかし、人間らしさを維持するにはアナログ系に包まれることが方策です。
したがって、
私はデジタルとアナログのバランス、対称性の維持を考えます。
自宅玄関はデジタルアッサンブラージュです。
デジタルサイネージがいつまでたっても、
肝心なヒット商品を街の中、社会化できていないのが現状です。
だから私は「デジタルアッサンブラージュ」と名付けた、
デジタル系環境、Wi-Fiや赤外線を駆使しつつ、しかも一番のことは
私が自宅内では電動車椅子ゆえに、その行動制限があることです。
たとえば、ドアの開閉は全く不可能でしたが、
ドアの開閉が出来るばかりか、
外出先からのコントロールも可能になりました。
正直なところ、これまでのドアはもう時代遅れ甚だしくて、
ドアそのものさえも、鍵穴もドアハンドルももはや不要です。
したがって、一応、現在はカーボンファイバー製にしてありますが、
実際、カーボンファイバーという素材にはもはや未来はありません。
自宅玄関での電磁波空間は、さらに検証が必要だと思っています。
Wi-Fi空間ではまだまだ人体的な検証がなされてはいません。
私はWi-Fi空間には、必ず、水空間との接触性が必要だとさえ考え、
これを阪大の研究室でも研究対象のひとつにしています。
それはモニターデザイン設計していて頃には、
すでに「ドライアイ」対策、この考え方が必要でした。
ところが、安易なマーケティングでは「青色遮断」になって、
PCメガネなるブームになっていますが、あれは大きな間違いです。
ドライアイをどうすべきか、という発想の商品は唯一、
私のデザインだけです。
最近気づいているのは、ヘッドホンデザインでは、脳と電磁波遮断構造、
このヘッドホンメーカーは一つしかありません。
現代生活を包み込んでいる電磁波空間では、
この遮断をどのようにデジタル化解放を
アナログ的に人に近接すべきかです。
そういう意味でも、自宅玄関でのデジタルアッサンブラージュ実験、
そして、この解錠施錠システムのデジタル手段をアナログ化することは
これからの大きなデザインテーマだと考えています。


目次を見る

『ULTRASONE・問題解決を成し遂げているヘッドホン』


   


     6月 13th, 2015  Posted 12:00 AM



私にはオーディオからデジタルサイネージに関しては、
名古屋にいるときから強い味方がいます。
したがって、自宅のオーディオ環境から、
今は玄関にこれまでには無かったデジタルサイネージの工事をしています。
丁度平行して研究室では
まだ生まれたばかりの「抗体エンジニアリング」に、
デザイン先導の企画が進んでいます。
そうしたら、ヘッドホンでは通常は想像出来ないチャンスがきました。
何しろ、オーディオでは考えられない高価なモノがあります。
そして私はそれなりに、ヘッドホンアンプも選び抜いており、
ヘッドホンも要のモノを使用してきました。
ULTRASONEを聴くことができました。
抗体エジニアリングの根本は、抗菌対策・耐性菌、
そしてずーっと追いかけてきた電磁波空間が対象です。
すでに、自宅空間にはTVはじめ家電だけではなく、
電磁波と人間の関係はまだ不明です。
とりわけ
カナル型ヘッドホンは音源から直接に脳神経を刺激していますから、
私はやや危惧していました。
ところがドイツでベンチャー企業として登場してきたULTRASONEには、
大きな一つの解決がありました。電磁波を遮断し、
なおかつその電磁波と音源の関係を
見事に制御するシステムを創り上げていました。
最初は、ヘッドホンアンプ
(何台あれば気が済むの、とワイフに叱られますが)で
視聴して、もう<エエッ!>でした。
まるでこれまでのヘッドホンでは不可能だった、
局部音場では無く頭部周辺がHi-Fiでした。
局部音場を解放したヘッドホンです。
これはもうすでにコードまでが、
さらに、最高級のヘッドホンアンプと思いこみました。
ところが最新のMacBookでULTRASONEを聴いてもう体が震えました。
しかも、AppleMUSICが発表されたばかりでした。
多分、これから私はこのヘッドホンに取り憑かれると思います。
どんなにデジタル音源が進歩しても、
ヘッドホンやスピーカーシステム、そして聴力はアナログです。
しかし、電磁波と人間の関係は、
まさしく抗体化していかざるを得ないことであり、
ここにデザインは明確に関わることになるでしょう。
しかも、このヘッドホンはこれからエージング
=時間をかけて音源からの音に慣らしていかなければなりません。
それが義務となる製品こそ、今の時代には必須のモノだと確信します。


目次を見る

『WiFiでのスマホ子電話化から次世代進化するだろう・・・』


   


     7月 4th, 2014  Posted 12:00 AM



自宅のパソコンやデジタル機器システムは最新をめざしています。
しかし、これまで電話機器類はB&Oシステムを使っていました。
実際は日本の電波法では容認されていませんから日本用に変更し、
このシステムだけが盗聴は絶対に不可能でした。
ようやく最近、スマホを子電話化しWiFiネットワーク化機器が
国内メーカーから登場しました。
やっと気づいたメーカーがたった一社だけ商品化しました。
電話企業は安売りメーカー競合化で錯乱しているだけです。
未来性が見えないどころか、情報時代の将来象が創れない有様。
今持ち歩けるスマホはたった2機種しかありません。
それ以外の選択肢はありませんし、この2機種以外ならセンスゼロ。
それを最大限に運用する手段こそ、商品展開すべきことです。
mobile→ケータイ→スマホ→?という経過が想定内になっています。
ただし、そこまで分かっている人間は限られているでしょう。
はっきり明言すれば、WiFiの次世代ネットワークが控えています。
まだ、この一社でしかないメーカーには、
どこまでの次世代ネットワーク理念の想像力があるでしょうか?
現在、自宅の電話機システムは、この親電話をある機種と接続し、
WiFiでの個人ネットワークを新規にしています。
WiFiから「Zni-Fni(仮)」がこのシステムを総変更するでしょう。
自宅の親機につないだ機器は内緒にしておかなければいけません。
おそらく2.5GHz or5.0GHzの電磁波空間は
やがて私たちの身体に対しても、生理的な、
大きな影響をすでに与え始めていますから、新規ネットは必然です。
それにしても国内の電話機販売の魑魅魍魎さは未来を創れません。
少なからずスマホを子電話機にできたこの商品発想は優れていますが
残念ながら、ここからの二つの拡張性デザインは出来ていません。
一つはWiFiとのコネクトデザインが形態言語としては未完性です。
そして、このメーカーには、さらに「Zni-Fni(仮)」創出で、
新たなメッシュネットワークを完成させてほしいと思います。 


『Wi-Fi とUSBからインフラ整備未来が見えます』
「自宅Wifi環境の変革と自分のCloud化」
「WiFi Allianceという電磁波空間リスク」

  


目次を見る