kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘非暴力’


8月1日川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     8月 1st, 2015  Posted 12:00 AM

8月1日 仏滅(己酉)

脳内レベルが余りに低いと、
それは
脳外レベルで、暴力化せざるをえない。
だから
脳外レベルでの喧嘩道で
暴力を非暴力化
   不暴力化
   脱暴力化したいのだ。



川崎和男「喧嘩道」


目次を見る

7月7日川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     7月 7th, 2015  Posted 12:00 AM

7月7日 友引(甲申)

デザインのダイナミックスは、
悪意と善意、暴力と非暴力、
いずれもが交差しあっていることを確認しておくべきだろう。


目次を見る

「SNSが変えたデモ参加の心理は反射的群衆化」


   


     7月 11th, 2012  Posted 12:00 AM



3.11以後、デモは新たな政治批判勢力になっています。
日本の政治状況を見れば、そうせざるをえないことは明らかです。
ここに4冊の本を取り上げました。
古典的定本から、まるで検討違いもあります。
しかし、私は様々な著述を知ってこそ、
自分の意志と判断を出来るかぎり正当にしたいと考えてきました。
かつて、大衆は分衆化するという時代がありました。
ただ問題は、大衆の群衆化は慎重に見まもる必要があります。
現在のデモ形態は大きな変貌と新たな戦術を手に入れています。
いわばこの力学が正当に、
直接民主主義になってくれると思い込んでいる風潮があります。
これは風潮にすぎません。
三つの戦術はとても有効です。

 ■「非暴力」であること、
 ■「TAZ=Temporary Autonomous Zone」
   一時的自主管理空間の占拠が可能となったこと、
 ■「マイク・チェック」という、
   主張の尊重がデモ意識を精査していること、

私は、すでに民主主義と資本主義が対立しはじめていることによって、
デモが単なる民主主義表現ではなくて、
民衆主義という群集心理の総体になってしまうこと、
それはハッカー攻撃をするハクティヴィズム集団「アノニマス」までを
正当化している脆弱さを引き込んでいます。
彼らの手口はやはり情報化テロリズムだと私は糾弾しておきます。
SNS特にTwitterやUSTなどでのライブ情報の共有にも、
反射的な即断を促されてしまう、
リーダー無き群衆を動かしている事実も精査・熟考するべきでしょう。
私は三つの戦術に大きな期待感もありますが、
「群衆心理」になってしまうことから開放される
革新的な方法論とデモ形式が必要だと思っています。


目次を見る