kazuo kawasaki's official blog

Posts Tagged ‘顕正’


6月15日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 15th, 2021  Posted 12:00 AM

6月15日 仏滅(甲午)

『顕正としてのデザイン』

そうすれば、
デザイナーは、
まず
「顕正としてのデザイン」を
観念でイメージすることで、
コスモロジーを
準備することが
できるだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月14日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 14th, 2021  Posted 12:00 AM

6月14日 先負(癸巳)

『顕正としてのデザイン』

その態度
を顕正意欲と
よぶことにしたい。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 13th, 2021  Posted 12:00 AM

6月13日 友引(壬辰)

『顕正としてのデザイン』

したがって、
デザインは、
対決を助長し、
対決を強化し、
対決を容認する、
差異と差別のイメージの
具現化を提示する
手法となるデザインの
イデオロギーを総括し
告発する
勇気を育成せよ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月12日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 12th, 2021  Posted 12:00 AM

6月12日 先勝(辛卯)

『顕正としてのデザイン』

それゆえ、
イマジネーションを
統合化する手法である
デザインこそ、
その役割をになうべきだ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月11日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 11th, 2021  Posted 12:00 AM

6月11日 赤口(庚寅)

『顕正としてのデザイン』

コスモロジーは、
イマジネーションの原野に
構築すべき、
対決概念を抹消した
理想主義でなければ
ならないだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月10日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 10th, 2021  Posted 12:00 AM

6月10日 大安(己丑)

『顕正としてのデザイン』

そして、
このコスモロジーは、
これまでの
イデオロギーの
コンテクストの
延長線上に
発想することでは
ないことを盲信せよ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月9日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 9th, 2021  Posted 12:00 AM

6月9日 友引(戊子)

『顕正としてのデザイン』

今や、
コスモロジーを創出せよ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月8日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 8th, 2021  Posted 12:00 AM

6月8日 先勝(丁亥)

『顕正としてのデザイン』

もはや、
これまでのイデオロギーを
遡求し検証することはない。
我々にはそんな余裕すら
残されていないはずだ。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月7日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 7th, 2021  Posted 12:00 AM

6月7日 赤口(丙戌)

『顕正としてのデザイン』

したがって、
イデオロギーの
死にいたる病を
対症療法的な手法で
慰労したところで
何の解決にも
ならないことを
自覚することが
最も重大であることを
知るべきだろう。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

6月6日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     6月 6th, 2021  Posted 12:00 AM

6月6日 大安(乙酉)

『顕正としてのデザイン』

それは
イデオロギーの
基盤的疲労というよりは、
対決概念に
対象化していた
理想主義の
老衰的絶望であり、
イデオロギーからの
解放が
始まるわけではない。



artificial heart:川崎和男展


目次を見る

1 2