kazuo kawasaki's official blog

「父の死再び・会話と対話」


   


     8月 19th, 2011  Posted 12:42 AM

才能ある若者が帰省。
必ず、長期休暇はふるさと。
しかし、今年はいきなり彼の定めに直面。
ほとんどチャットのごとく、
「今の状況は」という会話をしました。
この会話は、私には対話でした。
この若者は学生時代に起業し、
いわゆるベンチャー企業をこつこつと成功。
突然、彼が会いたいとのことを知り、
以来、年長者としての意見をしばしば厳しく指南。
上場したいという旨を言い始めた時、
私は「今やるべきではない」とまで踏み込みました。
二年後、「今じゃないか」、即彼は実行。
ベンチャー企業は日本では成功しない、
私もそう感じ、日本の「出る杭」を経済界は叩きます。
経営感覚にあるべき才能を分別できないわが国経済界。
老人無責任経済界を徹底的に批判しておきます。
彼の連続するアイディアと地道な精進さは、
今ではベンチャーとはいえない企業に成長しています。
私の教え子で最初の工学博士(工学+デザイン)を、
彼の企業で教え子も修行をしています。
その若者は彼の全休暇を父親孝行を果たし終えました。
私は彼とのこれまでの関係ではなくて、
彼も私も一人っ子、だからトマト大嫌い。
だからこそ父親の最期を看取らなければならない定めを共有しました。
昨日、彼の父上は人生を終えられました。
あらためてMacPower誌・2000年2月号、当時連載で書いた私の父、
その死とどう向き合ったかを読み直しました。
私は、父の死でチベットの「死者の書」から、
「諸仏諸菩薩守護祈願文」を書きました。
葬礼が終わったら、彼にその記載を渡すつもりです。
父の葬礼では父も私も知る地方新聞社の編集委員の方から、
「父君は 阿弥陀の側で ほとけなり
生きるもろびとへ 光りておわす・・略・・」
この詩を彼にも共有してもらいます。
君の父上は、君を育てられた一生でした。
その役割が定めだったのでしょう。とすれば、
君は君の世界でリーダーであり続けなければなりません。
だから、私は君をうらやましく思います。
君のこの全休暇でたくましく全親孝行をつくしました。
私にはできなかったことです。
それでも君とこの数日深夜、私は君とFacebook上で、
私もまた「父の死」と対話をさせてもらいました。
感謝し合掌するばかりです。
いづれ、父親論を語り合いたいと思います。
君の「親孝行ぶり」を全て見つめさせてもらいました。


目次を見る

「物には人間の『きもち』が反映」


   


     8月 18th, 2011  Posted 12:00 AM

オーディオにはかなり必死です。
名古屋では、評論家のS先生が来訪。
オーディオ専門誌上での先生連載の取材。
その話をもらったときに、
丁度リペア4.5回目のJBL4343が戻ってきてました。
それから大慌てでエイジングしました。
エイジングの手続きとしては、
最初のホワイトノイズをかけっぱなしで、
次には私なりの方法がありますが、期限切れでした。
取材前日にJBL4343に話しかけました。
「明日は頼む」と。
もちろん、その時の部屋もリフォームしました。
気になっていたドアを剛性と密封性あるモノに変更と、
壁の共振、パワーアンプの設置などでした。
取材前夜の試聴ではまぁまぁかと思っていましたが、
当日は、まるで、自己主張しているかのようで、
私自身が大変に驚きました。
先生が帰られたあとにJBL4343を誉めました。
「お前はすごいわ・・・よくやった」と。
私は職業柄でしょうが「モノには想いが伝わる」、
このことを信じています。
それこそ愛車にも、カメラにも、万年筆など愛用品には
絶対にユーザーの「きもち」が伝わると思っています。
万年筆はしばらく使わないとヤキモチが残っています。
車などは明快です。
ある歌手の人が、やっと手にしたポルシェを、
ポルシェの新車にしようと思った時から故障する、
こんな話を冗談交じりでTVで語っていました。
私は絶対にこれはオカルト的でもなく当然だと思います。
モノ=私は工業製品・人工物をこのように呼ぶのですが、
大きなシステムも全く同じだと考えています。
日本の新幹線は開設以来、
本当に「安全」が徹底しています。
今回の震災でも、中越地震の教訓が生かされていました。
私は、原子力発電所の管理に最も欠落していたことは、
大規模なシステムであるだけに「大切に大事に」という
愛用しているという組織の「きもち」が有無です。
無論、原子力発電所を愛用しようと言い出しているのではありません。
いわば、猛獣を飼い慣らす基本は「動物への愛情」です。
そして、自然はどれだけ愛でようが、時に、
私たちにはそれこそ「想定外」の破壊を仕掛けてきます。
自然は決して美しくはないのです。
でも美しくあるべきというきもちが自然保全に繋がっているのでしょう。
原子力も猛獣だとするなら、
愛情を持って愛用という話で終わるわけにはいきません。
ほとんど制御するということは適わないことになりますから。
自然物と人工物との間に人がいます。
人間という存在のきもちが、
どうこの二つに介在していくべきかを
私たちは生涯かけて対峙していく課題なのかもしれません。


目次を見る

「疲労してはいけない、と思う。」


   


     8月 17th, 2011  Posted 12:00 AM

3.11以後、日常が激変しています。
日常性が奪われたままに、
この大阪ですら余震。
上京すると必ず東京で余震を体感。
ところが被災地では日常的かつそれも震度3以上です。
猛暑・酷暑の連続にもかかわらず節電を遵守。
これほど倫理ある国民に対して、
政治の能力不全は甚だしく、
まさに独裁的とすら思える無策な政治権力が横行です。
正直言って、3.11以後、私たちは疲れています。
被災地の皆さんは疲労以上の精神的心理的苦悩でしょう。
わが日本の歴史をみても「革命」はありえませんでした。
そして「革命」の決着性がかえって混乱を招くこと、
これも知的な国民であればすでに了解事項というより、
現代を生きる人間の常識になっています。
ソ連崩壊は75年でした。
今や中国共産党90年ですが、このまま存続かと疑問。
来年2012年は世界のリーダーが交代します。
おそらくもっと大きな世界的な国際関係は、
想定外のことが頻発するかもしれません。
日本は天災と人災によって新たな選択を求められています。
だから、救済も未だ進行していませんが、
復旧と復興は、そのまま21世紀の「国家システム」、
地球規模での日常システムのモデリングづくりでしょう。
3.11がわが国に与えた状況、意味、未来ベクトル選択、
すべからく理解できていますが、
私も正直、疲労が溜まってきているようです。
明らかに、日常はゆるやかでおだやかですが、
おそらく全国民の市民感情には不安と苛立ちが、
この疲労感からきているものと思わざるをえません。
何を正確にそして迅速でありながらも、たおやかな行動、
被災地の「までい」行いを蓄積していくべきなのかを
徹底的に再思考・再熟考しなければなりません。
疲れてなどいられないのです。
まして、私の住む大阪は被災地ではありません。
だからこそ被災地の努力は政治などへの諦めを明確にして、
未来を招き込もうという実行力や具体的なニュースから、
私自身は励まされている気がしてなりません。
これだけの酷暑です。
おそらく今年の冬は酷寒が待ち受けているのでしょう。
私たちは、絶対に「までい」国家を
創生し直さなければなりません。


目次を見る

「政治主導の脱原発は闇の新神話」


   


     8月 16th, 2011  Posted 12:00 AM

終戦記念日を再認識します。
敗戦がもたらしたこと、
このトラウマと果敢な抵抗が日本を
パラダイス国家にしてきました。
それは現在、日本という制度を
今回の東日本大震災とフクシマ原発事故で失って、
ようやくパラダイスだったと気づかされた感があります。
もっとも、阪神大震災のときにも、
「国家は天災についてはなんら個人保証はしない」、
(1995年5月19日参議院予算委員会での発言)
当時の首相の言葉でした。村山談話などすべてが、
代議員なのに「反国家体制づくりのリーダー」発言。
そして、「政権交代」へと大衆は希望を託しました。
しかし私は半分は社会主義的イデオロギー残存する基盤、
この政党政治には辟易感あり政権交代は失敗予知を確信、
「少なからず、政治は社会構造を変えられない能力」
ということにほぼ決定解を持つようになっていました。
日本人の良さは、一つの方向でまとまりますが、
これは長所であれば、時には短所になります。
東日本大震災でものの見事に政治能力は不全なことを、
私たちに知らしめてくれました。
終戦記念日です。すでに当時の方々は高齢者です。
父たちの世代が復興・復活してくれた日本制度は、
国際的にもとても優れていましたが、
もはや全滅状況に追い込まれています。
現首相は哲学無き「脱原発」を宣言しています。
安全神話で国民には騙されてきた思いが強いだけに、
なんだかこれには国民は追随していますが、
果たして?、この首相のふらついた意思決定を信頼?
具体的に言えば、ソーラーや風力などまだまだ未完成。
このような代替エネルギーに電力依存という話は、
あらためて政界の指導者発言にはもっと疑念必要だと
私は考えています。
私の発言は反「脱原発」=原子力推進派と思われますが、
もっと新エネルギー技術には、
ソーラーの大欠点や風力での未熟技術を知るべきです。
さらに、現首相と政商との会談が日本のベクトルなんて
とても信頼できません。
まして、新電力開発にはデザインが不可欠です。
被災地である阿武隈丘陵地帯あたりの方言があります。
「までい」という言葉だそうです。
「までい」=丁寧に、じっくりと、という意味です。
イタリア発祥の「スローライフ」に近い意味印象です。
この4ヶ月「東日本復興デザイン計画書」づくり。
{物質・情報・エネルギー・水}に対して放射能問題。
Smart Grid・ Smart Meter・ Ambient Allianceなど、
カタカナ英語があたかも未来への希望に見えますが、
これは「東京流発想」です。
私はふるさと・福井県の伝統工芸に飛び込んだとき、
ほとんど東京流デザイン用語を使っていて、
産地のみんなからは、
賛同を得ることができなかった経験があります。
したがって、私は少なからず「現場のことば」、
たとえば「までい」という意味性を受け止めて、
これを現代の先端技術+デザイン=復興技術化へという
そんな復興デザイン計画発想が不可欠だと考えています。
そして、政治が語り始めている「脱原発」などには、
仕組まれ隠避された「闇の新神話」があると判断しています。


目次を見る

「光景の中の闇への抵抗」


   


     8月 15th, 2011  Posted 1:24 AM

人にはそれぞれの時間。
いわば賞味期限のように、
生命時間が誰かが決めているようです。
神が決めているらしいようです。
私が28歳で車倚子になったとき、
「君はあと平均で40歳まで」されました。
その医師は医師ではないと思っています。
そんなこと言うか・・・「怒り」いっぱいでした。
こんなドクターには何人か出会ってきました。
本来は医師という天職につくべき人間ではありません。
性根が暗くて医師免許があっても「ヤブ」な医者です。
大学医学部で講義を持つときには、
天職としての医師資格について語る事例にしています。
車倚子生活を告げられた時にも平常心で受け止め、
たかだか車倚子、歩けない、それがどうした、とすら
思えるほど私は冷静でしたが、
40歳までという宣告にはその医師に以後反抗しました。
ところが、気がついたときはすでに40歳になり、
そのときには憧れだった「毎日デザイン賞」を受賞。
以後、すでに22年生き延びています。
親友や級友やその奥様などが逝ってしまいました。
今では父母も叔父叔母、伯父伯母も居なくなりました。
だから、私の周辺でそのような事態が発生すると、
正直うろたえます。
人間の絶対時間を想い知らされます。
ただし絶対時間が「闇」世界につながってはいません。
これは私が絶対時間切れかもしれない三度の体験です。
私が、この世に戻ってくるときは、
必ずベッドの周りから大きな声が聞こえてきました。
医師・看護師のみなさんが声をかけてくれました。
正直もう眠くて、とても快感の中にいる自分、
それなのにその声で起こされると、
嘔吐・寒気・悪寒・発熱・気絶という苦しみがあります。
だから、私はこの世にいる時間そのものが、
本当は「苦しい時間」なのだと思います。
きっと、赤子として生まれ出る時には、
この世に出たくないと思って泣き叫ぶのでしょう。
私は、光景というのは生死の景観であり、
光と影では、必ずしも影世界が「闇」だと思いません。
むしろ、「闇」は、生きている人間が携えている、
とてつもなく抵抗しがたい世界観だと考えています。
まさに、「死に至る病」=絶望=闇なのでしょう。
だから、希望に自分を差し向ける苦しみが、
絶対時間の中で何度でも体験しても、
耐え抜ける力が「希望」だと思っている次第です。


目次を見る

「進行著しい情報格差を黙認」


   


     8月 14th, 2011  Posted 12:00 AM

情報格差と言っておきます。
この場合の情報というのは、
パソコンやスマートホンを基本にして、
さらに、こうした情報機器周辺=ハードから、
ソフトウェアまでを総合的な「情報」と仮設定します。
私自身でいえば、コンピューターと出会って以来、
パソコンやケータイから、オーディオや地デジTVにまで
「情報」処理装置の構築方法に及んでいます。
とりわけ、どうしてもオーディオ機器のデザインから、
家電メーカーの社会人デザイナーになり、
職能としてデザインを選んできました。
情報という範疇や範囲はそのあたりに軸足があります。
さて、外国映画を観ていると、パソコンや電話、TV等に
その映画ストーリーの時代性が本当に顕著です。
しかもストーリー内容と小道具が選ばれている意味には、
大きなつながりがあることがわかります。
登場人物のファッション性は、
その役割や個人性、教養程度、社会的立場と通底。
まさに情報機器ハードが一言で言えば人柄表現です。
ということはその人の個性がいわゆる情報処理能力として、
運用しているハードウェアそのモノが象徴しています。
したがって、企業も同様であり、
企業の情報構築システムの程度が、
その企業の経営方針と企業存在性、
アイデンティフィケーションから企業イメージにまで
連鎖していることを証左しています。
最近は、クライアント企業に対してまで、
情報構築が企業戦略では最重要だという発言をしません。
これは明らかに年齢的にも攻撃性を失い、
サイレントデザイナーになってきたのかもしれません。
おそらく、私が「闇」世界に近づいてきている、
そんな自覚もあります。
特に、Social Network時代にあって、
Cloud化していく時代性を「自分流」にしていくこと、
正直に言えば時流に合わせていくには情熱が必要です。
62歳にとっては、もういいかな、と思うこと、
しばしばですが、これは生きていることの自分確認です。
だから「時代での情報性」と自分との位置関係には、
「情報格差」をつくらないでいることは大切です。
時に、あらためて企業なり組織なり、
そして個人を一瞥して評価するとき、
時代との「情報格差」があると思えるとき、
そこにはすでに、発言をしないでいる自分がいます。
今、「Smart Grid・Smart Meter」から、
「Ambient Alliance」を自分自身のテーマにし、
これを伝道していこうと考えていますが、
時折、サイレントデザイナーでいいかなという、
これは明らかに、時代潮流を傍観しこの「格差」容認、
差別者になろうとしている闇の自分に出会います。


目次を見る

「闇の中・中の闇」


   


     8月 13th, 2011  Posted 11:53 AM

人それぞれに闇があります。
この闇は生来先天的に秘めています。
そして、この闇が性分や性格として、
個性と勘違いされる以前には、
幼少で「悪魔化」します。
人間の成長期に現れる「反抗期」にその片鱗をみます。
正直私は一般的にこの時期の幼児や小児という種類、
その人間風を忌み嫌います。
これも一人っ子ゆえの生理的かつ心理的、
さらに動物的感情だと自己分析ができる老年域です。
となると、こうした闇の中=闇に包まれた人間と、
確約として心の中に闇を抱いている人間存在、
そして、闇など全く無い人物がいることは確かです。
人間と闇の関係は、以上のようにすっきりした範疇に、
決して留まることなくいわゆる「演技」が加わります。
しかも実態は「本心の中核・本心を包囲・疑心させない闇演技」です。
疑心暗鬼が万一私をおそえば、その解明、
特に、闇事であるにもかかわらず、
土足で踏み込んでくる輩には攻撃をするべきです。
今、国難の中、さらに時折また恐怖を与える地震列島にあって、
もっとも「闇の生産」によって、
責務放棄をしているのは政治そのものです。
資本主義社会と民主主義社会にこれほどの「闇」が潜んでいたことを
あらためて私たちは確認しました。
資本主義の具体例では、株主総会でのこんな質問回答が象徴しています。
「今後、この電力会社には夢を持てるのでしょうか?」
回答は単純明快だったそうです。
「夢などあるわけがなくなったことをお伝えしています」。
民主主義社会の具体例では、
「フクシマ原発の復旧には30〜40年は覚悟せねばなりません」。
30~40年寿命なきリーダーの台詞であってはならないのです。
この二つの政治経済的「闇」が私たちを取り囲んでいるから、
私たち自身、この「闇」には、
かえって無頓着になってきているようです。
確実に断言できること、
それは「闇があれば夢は破壊されます」、
そしてもう一方では、「夢があれば闇を消滅できます」。


目次を見る

「恩義ある人は人格者である。」


   


     8月 12th, 2011  Posted 12:22 AM

子供の頃から好き嫌いの性分。
いやそれは私の性分どころか性格です。
理由はいくらでも書き並べることができます。
まず、食べ物の好き嫌いは並外れて多いでしょう。
一人っ子だった母親へのわがままでした。
モノへの好き嫌いも激しければ、
さらには人間への好き嫌いは温存どころか強化されます。
自分でもそのまま実際的な暴力的「喧嘩性分」です。
暴力は差し控えざるをえませんが、
小中高時代にはそのことを畏れもしない性格でした。
無論、論理的どころか倫理的にも、
そうあってはならないことを理解することは出来ます。
そうして頭ではすっかり納得していることです。
対人心理学的にも、「あの人嫌い」と思えば、
その対象の人も「私など大嫌い」であっても納得です。
もしこれを理性的・悟性的認識として理解していても、
もっと性格悪く振る舞ったり演じることは平気です。
こうなれば人格崩壊者だと、私自身が絶対確認しています。
一方では、「好きな人」・無論男女を問わずですが、
とりわけ、恩義ある人には、万一嫌われても、
その恩義には命がけで恩義を果たすべきと思っています。
このことを決意したのは、「歩けなくなった」こと。
車倚子になってから私の私に対する決定事項です。
人への好き嫌いは多分幼少の頃に形成されるのでしょう。
ともかく、小学校中学校にはいい思い出はありません。
おそらく登校拒否児童・生徒だったと思います。
けれども高校大学時代は素晴らしく「好きな連中」ばかりでした。
おそらく、未来への夢や自分を対人関係で、
まったく悩むことが無かったからでしょう。
私は社会人になってからはさらに人間関係の好き嫌い、
これは激烈に心底に潜ませて生きてきました。
これだけ明確に、人間に対しての「感情」、
「感性」ではない心持ちはこのまま死ぬまで持ち続けます。
やさしい人、穏やかな人として生き抜くことなどには、
絶対になりたいとは思わないことにしています。
その最大の理由は、「恩義ある人」には何が何でも、
報いて生きることです。
これを私は橋本左内のごとく「松柏後凋の心」だと
生き方に決定しているからです。
正直この生き方はとてつもなく下手くそな生き方です。
しかし、下手くそな生き方を選ぶことでしか、
真実本当は、「恩義を返せれる人」にはなれないはずです。
すでに残された時間を思うとき、
この時間内に「恩義」を返せるのだろうか、
もし返すことができなければ、
それこそ、人格破綻者で生を終えてしまう自分、
そんな自分になることこそ、
自分を貶めてしまうものと考えています。
今夜、「かけがえの無い恩人」と久々に夕食をしました。
そして、あらためて恩義ある大好きな人物は、
人格的にとても優れた人との「縁」であったことを確認しました。


目次を見る

「絶対認識の喪失は自分の中の闇」


   


     8月 11th, 2011  Posted 12:08 AM

人には生きている自分。
誰でも絶対認識している現実感、
これがあるはずです。
しかし、私にはこの絶対認識、
そして現実だろうかという想い。
これは「歩けないこと」を未だに認めていないから、
私によぎる想いだと再確認をしています。
これは大きな不安感でしょう。
だから私はなるべく簡単に考えることにしてきました。
「川崎和男は二人いる」と考えます。
ただしもう一人「歩いていた私・川崎和男は居ない」、
こんな風に今ですらそう思い込むことで、
この不安から逃れています。
夢の中で、「車いすを探している自分」に出会います。
あれっ、歩けないはずなのだから、
車いすはどこにある?・・・という感覚です。
もう記憶でしかありませんが、
こんな感覚に苛まれた経験は、母を失ったとき、
この時には、母はもう居ないのに、
あの部屋には居るはずだけど、
もし居なかったら、死んでしまったのだから、
あの部屋を開けることは絶対にしないでおこうという、
これも絶対認識を喪失した不安という自分の「闇」です。
歩けなくなってからすでに随分生きてきたはずなのに、
未だにこの「闇」に自分は引き込まれます。
私は、絶対認識の喪失感覚は、個人に潜む「闇」です。
おそらく、今なお被災地の人たちは、
悪夢の中にいるはずです。悪夢という「闇」でしょう。
そして、この悪夢をどこかで分担し、
共有しようという通常のこれも絶対感覚があれば、
人は「自分には何ができるだろう」と自責します。
現地にともかく出かけたボランティアの人には、
この感覚があったのだと純粋に考えることにしています。
今日、この4ヶ月自分を追い込み熟考してきた結果をプレゼンしました。
チームには、教え子もいます。
彼らにも「こんな仕事ができること」、
それは「自分に何ができるか」って自問したとき、
デザイナーというプロフェッショナルだから、
デザインというツールで、この「闇」に立ち向かえる。
そんな話をしてきました。
これからこの企画を具現化していくことになります。
そしてこの絶対感覚では揺るがない自分確認が必要です。
これを「ブレない自分」と言うことになるのでしょう。
チームのみんなへ、
これからMATRIXを埋めていく作業開始です。
MATRIXは「闇」を整理する一つの手法です。


目次を見る

「一条の光明は創出するもの」


   


     8月 10th, 2011  Posted 12:00 AM

闇に一条の光明を、
これは私たちが闇にあるときに
必ず願うものです。
しかし、これもレトリックでしかなく、
一条の光明というのは、
創り出すものでしかありません。
それはまさに暗闇に入れば一本の蝋燭が必要です。
すなわち、暗闇に光りを見いだすには、
「蝋燭のような」発光体がツールとして不可欠です。
「蝋燭のような」というレトリックに何が、
その闇を明白にするかということです。
蝋燭は灯りであり、その正体は火です。
したがって、「蝋燭のような」というレトリックの本質、
レトリックではない具体物がツールになりうるでしょう。
「闇」という表現はレトリックではなくて、
メタファーという意味がみえてくる気がしてなりません。
特に未来が闇のごとく不明な場合には、
未来の不明さはレトリックにすることは容易ですが、
メタファー的に「闇」は置き換えること不可能です。
今、日本の未来は「闇」です。
この国難そのものが「闇」であるからには、
少なからず一本の蝋燭のようなツールが必要です。
しかし、これはすでに「ような」ツールではありません。
私が意図していることは、
国難のわが国・日本の未来を「闇」にするわけにはいきません。
今夜もその「闇」への一条の光明=蝋燭のような、
灯り=火となるツールを見つけ出すか、
あるいは発明、創出しなければならないと考えています。
結論は、ツールの創出というデザインに他なりません。
火が文明の基本であったように、
今、未来の日本は再文明化出来るツールの発明、
何を創出するかというデザインです。
デザインは、一条の光明を創出すると確信しています。


目次を見る