kazuo kawasaki's official blog

Staff Blog


12月16日


会社の近くの「農人橋」。
水都大阪にはたくさんの橋がかかっっています。
年末のボスも慌ただしくなってきました。


12月11日


タケフナイフビレッジの親方と女性スタッフと年末のご挨拶。
福井のおいしいお土産をたくさん持ってきてくださいました。
1982年、越前打刃物の職人さん達と統一ブランドタケフナイフビレッジ
となり37年・・。いい時間を積み重ねて世代交代を迎えようとしています。



12月3日


『東京人』12月号ボスの取材記事が掲載されています。
手描きの起電力が脳から真髄を引き出す!!!
川崎和男の愛用文具も紹介。


12月2日


MAC POWERのボスの編集担当者だった中筋氏来訪。
いろんなお話もありましたが、目玉はやはりドローン会!
ボスも初操作ですっかり夢中に。即 注文と動きが速い。



11月23日


タケフナイフビレッジから親方や新しいスタッフの方来訪。
既存の工房の改修も終え、隣に新規工房を建設予定。
新年度にはお披露目です。


11月15日


シーズン毎の新作のチェック Kazuo KawasakiシリーズのMASUNAGAメガネです。
さてそろそろボス本人のメガネも替え時かも。


10月30日


鯖江市で17年BOSSが指導したSSIDの担当もしてもらった関本さん来訪。
ふるさとのために、もうひと踏ん張り。福井愛のボス。


10月4日


取材に昔お世話になったライター高瀬さんが来訪。
メインのテーマは「手描き」
12月号の雑誌に掲載予定です。


9月26日


9月12日13日 AXISギャラリー 新作デザイン発表会 WAVELET RESPECT


9月21日


AXISギャラリーの発表会記録その⑤
こちらで撮った来場者との写真です。
それぞれ皆さんの撮影画像も欲しいのです、紹介できずにすみません。
まずは撮影隊とボス。


NY gallery91の海老原さんと。
タケフナイフビレッジのNYデビューから常に見守って頂いています。



森田恭通さんとボス、マルイチセーリング会長。
1日目最終のお客様。



デザイナー 山口さんと語るボス。


吉岡徳仁さんと電話中のボス。


福井キャノン会長玉木さんと。同級生同士は話だしたら止まりません。


プレゼ後、皆様との挨拶。


デザイナー 宮内さん、ボスのプレゼオープニングムービーは常に宮内さん作。


そしてボスの教え子・デザイナーたちも来場。
デザイナー 志水さん。


2日目最後の終了時間に駆けつけてくれたお客様は、チームラボの原悠子さん。





川崎和男のデザイン金言


12月3日 仏滅(庚辰)

『指示としてのデザイン』

こんな事実を
都市の快楽と
呼んでいるのかもしれない。



artificial heart:川崎和男展


12月2日 先負(己卯)

『指示としてのデザイン』

この構造には、
慣れ親しむことができる
狂気すら宿る。



artificial heart:川崎和男展


12月1日 友引(戊寅)

『指示としてのデザイン』

欲望が
錯綜した消費社会は
都市に構造づけられた
事実である。



artificial heart:川崎和男展


11月30日 先勝(丁丑)

『指標としてのデザイン』

しかし、
あくまでも時代の
指標足るデザイン、
すなわち、
さわやかな風のような、
視覚にすがしい
きらめくさざ波のような、
さわやかな葉音のような
造形の創出への野望は、
デザインの
根源的衝動としておくべきだろう。



artificial heart:川崎和男展


11月29日 赤口(丙子)

『指標としてのデザイン』

したがって
回帰することはあきらめよう。



artificial heart:川崎和男展


11月28日 大安(乙亥)

『指標としてのデザイン』

こうした時代に
回帰するには、
時代はあまりにも
経済の論理に
足元をすくわれてしまっている。



artificial heart:川崎和男展


11月27日 仏滅(甲戌)

『指標としてのデザイン』

それゆえに
デザインが
社会に対して
時代に対して
態度であることを
自己証明していたものである。



artificial heart:川崎和男展


11月26日 先負(癸酉)

『指標としてのデザイン』

このシンプルさは
明確に
美学と哲学を
照射していたものだ。



artificial heart:川崎和男展


11月25日 友引(壬申)

『指標としてのデザイン』

かってデザインが、
ある記号によって
思考もしくは計画の方向を
示唆することを
意味づけとしていた時期には、
デザインは
メタファーとしての造形に
直線的であった。



artificial heart:川崎和男展


11月24日 先勝(辛未)

『指標としてのデザイン』

売るための手法
すなわち差異的表現による
商品価値づくりとしての
デザインであるともいえよう。



artificial heart:川崎和男展


11月23日 赤口(庚午)

『指標としてのデザイン』

その兆候が
デザインの拡大的解釈
または
広義的意味づけというものに
つながっている。



artificial heart:川崎和男展


11月22日 大安(己巳)

『指標としてのデザイン』

いや過去のものとすることで
現代のデザインを
定義づけようというのが
昨今の風潮となっている。



artificial heart:川崎和男展


11月21日 仏滅(戊辰)

『指標としてのデザイン』

ところが、
この形態化を
デザインと定義する時代は
すでに過去のものと
なりつつある。



artificial heart:川崎和男展


11月20日 先負(丁卯)

『指標としてのデザイン』

また受容するだけでなく
封じ込められ
包囲されることで
満足する感性と欲望が、
ある種の新たな変容を
希求する刺激値として
デザインを要求するとき、
そのデザインは
時代の風のようなもの、
すなわち
メタファーを
形態化しているものである。



artificial heart:川崎和男展


11月19日 友引(丙寅)

『指標としてのデザイン』

そしてこの流動性ゆえに、
感性と欲望は
刺激を受容することができる。



artificial heart:川崎和男展


11月18日 先勝(乙丑)

『指標としてのデザイン』

時代の様相に
インジケータを与える
表現としてのデザインは
流動的である。



artificial heart:川崎和男展


11月17日 赤口(甲子)

『指標としてのデザイン』

風はメタファーにすぎないのか。



artificial heart:川崎和男展


11月16日 大安(癸亥)

『指標としてのデザイン』

風が吹くから、
さざ波が発つのか、
木の葉がゆれるのか、
あるいはさざ波が発つから、
木の葉がゆれるから、
風が吹くのか。



artificial heart:川崎和男展


11月15日 仏滅(壬戌)

『教材としてのデザイン』

教材としてのデザインから、
産地が
自己啓発する力を育んでこそ、
伝統が息づいていく過程が
生まれるだろう。



artificial heart:川崎和男展


11月14日 先勝(辛酉)

『教材としてのデザイン』

産地活性化のための
デザインとは、
あくまでもデザインを
教材としてあつかうことである。



artificial heart:川崎和男展