kazuo kawasaki's official blog

Staff Blog


3月26日


本日は、長年の川崎和男の盟友 松岡正剛さん事務所より
マネージャー和泉さんが来訪くださいました。



その活動と展開、互いの役割の「これまでとこれから」を
時間のゆるす限り話す時間を持ちました。
松岡正剛さん新刊本からその知の賢者の世界に誘ってもらいます。


3月22日


本日は、大阪での乾杯の夜、クラシックカーとともに
スタッフの新天地での活躍を祝うボス。



昔、所有していたこともあるコルベットの
懐かしいフォルム。


大阪築港の赤レンガのステキなレストランにて。


3月2日


本日は、岡山県立大学
デザイン学部・デザイン学研究科の
卒業・修了制作展 2019に行ってまいりました。

学部長・研究科長の森下眞行教授にお会いし、
プロダクトから一通り作品を拝見しました。
森下氏は金沢美術工芸大学の後輩、
という関係もあり、懇意にされています。


一つ一つの作品を拝見しつつ、
大学におけるデザイン教育について、
森下先生と議論をかわされました。


最後はグラフィックの作品を拝見し、
大阪へと戻ってまいりました。


展示は、岡山天神山文化プラザにて、
明日まで開催されています。

岡山県立大学 卒業・修了制作展 2019


2月5日


川崎和男デザインのメガネにつきまして、
『Kazuo Kawasaki Fair』のご案内です。

● 日程:2019年2月9日(土)~17日(日)
● 場所:MASUNAGA1905青山店
    (東京都港区北青山2-12-34)
● 内容:
・2019 SS New Collectionの先行販売
・MP-690の青山店限定モデルのフェア
・各種Kazuo Kawasakiフレームの展示

【初披露商品】
・MP-631 New Color

 人気のリムレスに新カラー登場
 ツートーン仕様です。

・MP-717-PI2、PK2

 リムレスフレームに
 アセテートフロントパーツ組み合わせ

・MP-690 LTD

 フェア限定モデル
 オプティカルフレーム仕様
 フェア用オリジナルレンズシェイプ有り


*フェア詳細資料*


ぜひ、店舗にてご確認くださいませ。


2月3日



福井県・タケフナイフビレッジでの
川崎和男のデザイン活動が福井新聞に掲載されました。

1982年から続いている越前打刃物の
産地における素材開発を含むモノづくり、
当時のやり取りも載っています。

10人の親方で始まった組合は、
今は9人になりましたが、
若手が20人以上育ってきています。


*関連ブログ*

「750年をタケフナイフビレッジで革新して30年」


『伝統工芸産地へデザイン導入時の試作をやればこそ』


『越前市に「タケフナイフビレッジ」を教え子が建てる』


2月2日


教え子が来宅。
英国、さらに米国、そして帰国。
彼だけが、「モデルガンクラブ」だった。
あれだけが、人間工学であった。
帰国して、やっとモデルガンに触ったとか。


1月30日


30日に放送されました
「林修のニッポンドリル」にて、
川崎和男がデザインした商品が
映っておりました。



「レコード針のナガオカ」の商品は、
川崎がフリーになってすぐの頃、
約35年前にデザインしたモノで、
現在でも同じ形態、同じパッケージで、
販売され続けています。


*過去ブログ情報*

『ふるさと納税に私デザインのカートリッジを発見』


『レコード針ナガオカが必ず再復活してくれるだろう』

staffblog 1月19日


1月16日


本日は取材を受けました。
ARCHITECTURAL RECORDの
Naomi R. Pollock様です。



戦後の日本のデザイン史について、
書籍を執筆されるとのことで、
それを築いてきた人の一人として、
取り上げていただくことになりました。

以前、川崎の作品が
シカゴ美術館で展示された際に、
学芸員として関わられたことがある、
とのことで、
以前のお話なども交えながら、
これまでの川崎の活動全般について、
話題が展開されました。



出版の情報等が入りましたら、
またご案内させていただきます。



11月08日




日本のデザインアーカイブの実態調査
川崎の情報を掲載いただきました。

元デザイン誌『AXIS』編集長、
NPO法人建築思考プラットホーム、
理事・エディターの関康子様に取材いただき、
これまでの活動をまとめていただきました。

ぜひ、ご覧くださいませ。


11月08日


「スガツネ博 in名古屋」にて、
講演を行いました。
お陰様で満員のお客様にお越しいただきました。


スガツネ工業株式会社
専務取締役からご紹介をいただき、
講演がスタートです。


モノづくり関係者の方に対して、
川崎の事例を中心に内容を展開。


デザインに必要な考え方に至るまで、
一通りをお話しさせていただきました。


終了後は名古屋の企業の方、
名古屋市立大学の教え子や、
名市大当時の関係者の方とお話しし、
展示を拝見しつつ、帰阪しました。


講演にお越しくださいました皆様、
ありがとうございました。

川崎和男のデザイン金言


4月22日 友引(己丑)

ソフトウエアは、バージョンが、
とても最新であること。
教科書的な本も、
Knowhowの著作者は、
常に、新しい人であること。
Mac派5%だけで、
リエンジニアリングが可能。



4月21日 先勝(戊子)

いろんな単位があります。
それをすべて覚えること、
これが一番、
デザイナーにとっても
大事なことです。



4月20日 赤口(丁亥)

コーポレイト・アイデンティティから、
「ブランド」を打ち立てること。
そこから、
「どこの馬か?」が重要。



4月19日 大安(丙戌)

カセットテープは、
ビートルズの出現と一緒だった。
それが、
ブランド再興になっている。



4月18日 仏滅(乙酉)

カセットテープは長生きかも、
CDは短いだろう。
カセットテープのHi-Fiは、
生き残るだろう。



4月17日 先負(甲申)

空中のデザインには、
もっと、
デザイナーがトレーニングが
必要。



4月16日 友引(癸未)

軍用は、民主主義と
一致しているのだろうか?
民主主義における
軍用の技術進化はどうなのか?



4月15日 先勝(壬午)

音は、音響でなければいけない。
音響は、常に、
身体的な大きな影響がある。
このことを、忘れている。



4月14日 赤口(辛巳)

「造形言語」と「形態言語」は、
意図と形式が、
陶磁器も金工=鋳物も、
工芸が、
デザインにつながっている。



4月13日 大安(庚辰)

デザインは装飾でもあるが、
デコレーション
オーナメント
エスタブリッシュメントで、
「使い勝手」が異なる。



4月12日 仏滅(己卯)

「何とか方程式」であっても、
デザインで、
回答や解答が出せるかも
知れません。
私は、音響のデザインで
試しました。



4月11日 先負(戊寅)

人工勾配は無理がある。
やっぱり、
昔からの
自然にはいい色がある。
花の名前にきづきました。



4月10日 友引(丁丑)

世界の誰も認めるのは、
スルールや椅子、ソファです。
「名作」は残したい。
やっと、新素材2種で
開発中です。



4月9日 先勝(丙子)

デザイナーも、エンジニアも、
道具は、絶対に、進化した、
そんなツールが、欲しい。



4月8日 赤口(乙亥)

高校時代は面白かった。
同輩たちが、同じ香りがしていた。
そして、
この時には、それぞれが、
「何か」をやることが決まっていた。



4月7日 大安(甲戌)

私は、絶対無比に、
「モノつくり」には、
遺伝子があることを
願っています。
なぜなら、デザインポリシーが
あるからである。



4月6日 仏滅(癸酉)

「発想」は
常に自分であること。
「表現」は
毎日毎日で蓄積がある。
「伝達」は
デザイナーなら、
相手の期待に応えること。



4月5日 先負(壬申)

経験と知識は、
「新しさ」には、
決っしてまけないでしょう。
それが、デザインなのです。



4月4日 赤口(辛未)

桜色は桃色から白色まで、
様々な色があります。
それが、炎になって、燃え出すこと、
これが新しい光となる、
日本の技術です。



4月3日 大安(庚午)

挑戦するには、
無謀が大事だ。
無謀になるには、
挑戦などは無視をする。
人生は死の直前に
無視する無謀が必要。