kazuo kawasaki's official blog

Staff Blog


12月16日


会社の近くの「農人橋」。
水都大阪にはたくさんの橋がかかっっています。
年末のボスも慌ただしくなってきました。


12月11日


タケフナイフビレッジの親方と女性スタッフと年末のご挨拶。
福井のおいしいお土産をたくさん持ってきてくださいました。
1982年、越前打刃物の職人さん達と統一ブランドタケフナイフビレッジ
となり37年・・。いい時間を積み重ねて世代交代を迎えようとしています。



12月3日


『東京人』12月号ボスの取材記事が掲載されています。
手描きの起電力が脳から真髄を引き出す!!!
川崎和男の愛用文具も紹介。


12月2日


MAC POWERのボスの編集担当者だった中筋氏来訪。
いろんなお話もありましたが、目玉はやはりドローン会!
ボスも初操作ですっかり夢中に。即 注文と動きが速い。



11月23日


タケフナイフビレッジから親方や新しいスタッフの方来訪。
既存の工房の改修も終え、隣に新規工房を建設予定。
新年度にはお披露目です。


11月15日


シーズン毎の新作のチェック Kazuo KawasakiシリーズのMASUNAGAメガネです。
さてそろそろボス本人のメガネも替え時かも。


10月30日


鯖江市で17年BOSSが指導したSSIDの担当もしてもらった関本さん来訪。
ふるさとのために、もうひと踏ん張り。福井愛のボス。


10月4日


取材に昔お世話になったライター高瀬さんが来訪。
メインのテーマは「手描き」
12月号の雑誌に掲載予定です。


9月26日


9月12日13日 AXISギャラリー 新作デザイン発表会 WAVELET RESPECT


9月21日


AXISギャラリーの発表会記録その⑤
こちらで撮った来場者との写真です。
それぞれ皆さんの撮影画像も欲しいのです、紹介できずにすみません。
まずは撮影隊とボス。


NY gallery91の海老原さんと。
タケフナイフビレッジのNYデビューから常に見守って頂いています。



森田恭通さんとボス、マルイチセーリング会長。
1日目最終のお客様。



デザイナー 山口さんと語るボス。


吉岡徳仁さんと電話中のボス。


福井キャノン会長玉木さんと。同級生同士は話だしたら止まりません。


プレゼ後、皆様との挨拶。


デザイナー 宮内さん、ボスのプレゼオープニングムービーは常に宮内さん作。


そしてボスの教え子・デザイナーたちも来場。
デザイナー 志水さん。


2日目最後の終了時間に駆けつけてくれたお客様は、チームラボの原悠子さん。





川崎和男のデザイン金言


2月25日 友引(甲辰)

『基層としてのデザイン』

それだけに、
経験の基層
その表面を研ぎすまし、
自分の人格を映し出す
ためのモノの発明こそ
インダストリアルデザインの
当然の対象とすべきだろう。



artificial heart:川崎和男展


2月24日 先勝(癸卯)

『基層としてのデザイン』

ところが、
後天的に、
人間は想像力を摩耗し、
本来なら体験で
識別できることすら
喪失する
悲しい動物になりがちである。



artificial heart:川崎和男展


2月23日 赤口(壬寅)

『基層としてのデザイン』

なぜなら、
アフォーダンスを
受け止める先天的な感性は、
プライミングイフェクトと
呼ばれる生理的な
条件反射でしかないわけである。



artificial heart:川崎和男展


2月22日 大安(辛丑)

『基層としてのデザイン』

それは、
アフォーダンスを
日常的感覚で把握する
唯一で
確実な方法で
あろうと考える。



artificial heart:川崎和男展


2月21日 仏滅(庚子)

『基層としてのデザイン』

愛用するという、
いわば単純で
プライベートなパロールを、
実は、
人生のそして人格の
ラングに収めモノとの
対話の日常語に
しておかなければならない。



artificial heart:川崎和男展


2月20日 先負(己亥)

『基層としてのデザイン』

現代のデザインは、
アフォーダンスを
明確に刻印するモノを
目標化しているだろうか。



artificial heart:川崎和男展


2月19日 友引(戊戌)

『基層としてのデザイン』

現代、
消費されるモノの体系から
どれだけのモノが
形見の層に
昇華できるだろうか。



artificial heart:川崎和男展


2月18日 先勝(丁酉)

『基層としてのデザイン』

人の死とともに
際だつモノを
「形見」と呼ぶことも、
人格の基層に
位置づけられたモノへの
深く敬虔な洞察である。



artificial heart:川崎和男展


2月17日 赤口(丙申)

『基層としてのデザイン』

されど、
我らが日本の文化は、
古代よりすでに
「物語る」という
言の葉を携えてきた。



artificial heart:川崎和男展


2月16日 大安(乙未)

『基層としてのデザイン』

モノの語りかけを
アフォーダンスと定義づけるに、
西洋の文化は2000年を要した。



artificial heart:川崎和男展


2月15日 仏滅(甲午)

『基層としてのデザイン』

とりわけ、
記憶、思い出、追憶に
寄り添うモノの
色あせない形態の創出は、
生命、人生、
いわば生と死への
尊厳への畏敬として
切り出される
かたちのイメージから
もたらされるのではないか
と想像する。



artificial heart:川崎和男展


2月14日 先負(癸巳)

『基層としてのデザイン』

モノのデザイン、
その骨格に基層となるべき
量子構造を仕組んでいく
手続きと具体化は、
基層としてのデザイン、
というテーマになるだろう。



artificial heart:川崎和男展


2月13日 友引(壬辰)

『基層としてのデザイン』

さらには、
モノと人間との強い相互作用が、
この基層を
かたちづけるとするなら、
そのモノに施された何が
人間に語りかけ、
何がその関係を
編年化させることになるのか。



artificial heart:川崎和男展


2月12日 先勝(辛卯)

『基層としてのデザイン』

果たして、
自分に関わる
モノの体系もまた、
基層の素材に
なりえるだろうか。



artificial heart:川崎和男展


2月11日 大安(庚寅)

『基層としてのデザイン』

それは思い出として、
人格の基層となり、
幾重にも
積み重ねていくことが
可能である。



artificial heart:川崎和男展


2月10日 仏滅(己丑)

『基層としてのデザイン』

人間は
過ぎゆく歳月のなかで、
喜怒哀楽の出来事を
いとしみ携えることができる。



artificial heart:川崎和男展


2月9日 先負(戊子)

『反戦としてのデザイン』

しかし、
Design A Dreamを
積み重ねるべきである。



artificial heart:川崎和男展


2月8日 友引(丁亥)

『反戦としてのデザイン』

TON TONにもたれて、
TVを見る。
ブラウン管には、
まだまだ兵士達が
登場している……….。



artificial heart:川崎和男展


2月7日 先勝(丙戌)

『反戦としてのデザイン』

ソファとしてのTON TON
座倚子としてのTON TON



artificial heart:川崎和男展


2月6日 赤口(乙酉)

『反戦としてのデザイン』

プライベートな平安を重ねて、
パブリックな平安に
配置し直すこと。



artificial heart:川崎和男展

  • Archives

  • Categories

  • ブログロール

  • Meta