kazuo kawasaki's official blog

Staff Blog


8月23日



NeXT STEP起動。


スタッフとしては、
20年ほど前に見た画面です。


UNIXの基礎を学ぶ程度でしたが、
BOSSはフルに実用していたようです。


メールから授業用の資料まで、
様々なデータが収められていました。


因みに、
モニターも本体も、
数台、綺麗な状態で残っています。


8月17日


本日はある企業様と
打ち合わせを行いました。

内容はまだお話できませんが、
まずはプレゼンテーションを、
関係者の皆様に実施。


川崎の旧友、光野様が、
セッティングしてくださいました。


この企業は、
川崎が審査委員長だった時に、
Gマークを取得されていました。


新しいプロジェクトが
動き出そうとしています。


8月3日

本日は、株式会社 馬印様の
工場見学に伺いました。

チョークをはじめとした各種商品群。
黒板やホワイトボードなどが
所狭しと並んでいました。

それらが実際につくられているシーンを、
見せていただきました。

働かれている方々の、
一つ一つの手技を目の当たりにしました。

他国から学びに来ている人も、
大変多くいらっしゃいます。

同時に、新しい機器を導入し、
システムの向上を図っています。

現場を見ながらの打ち合わせは、
これまでとは異なる形で有意義に進められました。


7月5日


本日から7月7日まで、
東京ビッグサイトにて、
日本文具大賞DESIGN TOKYOが、
開催されています。

日本文具大賞では、
大賞が発表になりました。


審査委員長として全体へ挨拶です。
内容は、今、最も懸念していることです。


全体での集合写真です。
今回も思いがけない大賞受賞に
ドラマが生まれました。


DESIGN TOKYOでも、
同時に大賞が発表されました。


PROTO LABでも
今年も多くの作品が発表されています。


ぜひ、お越しくださいませ。

*日本文具大賞
*DESIGN TOKYO


7月4日


本日夕方より、
多摩美術大学での特別講義が、
実施されました。


名作のデザインから、
言葉の使い方まで、
時間の許す限りお話しさせて
いただきました。


講義終了後には、
学生さんから相談を受けつつ、
領域を超えた話題に展開。


終了後は、先生方との、
懇親会のお時間をいただきました。


ーーーーー

本日午後一には、DESIGN TOKYOの
大賞審査が行われました。


これまでに一次審査、二次審査を通過した、
5点から選ばれます。


一つ一つの商品を、
厳密に確認して行きます。


本日は、30年ぶりの再会もありました。
素敵な笑顔での再会です。


7月2日


現在発売されております、
GQ Japan 2017年8月号にて、
川崎が現在お勧めしている商品が
取り上げられております。

様々な領域におけるエキスパートが
魅力的な商品をセレクトしている特集です。
是非、ご覧くださいませ。




Q 2017年のいま考えるインディペンドなガジェット・家電の回答
​川崎和男 デザインディレクター
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
● ULTRASONE Edition5 Unlimited
今ではスマホで音楽を聴くなどが当たり前になってきました。
しかしながら、インナーヘッドホンであれ、密封型のヘッドホンであり、大きな問題を残しています。それは「電磁波」と聴覚神経との関係は不明です。
そこで自ずと考慮が行き届いているヘッドホンは電磁波を一切脳に影響を与えない企業が表れました。
このヘッドホンは超高額なヘッドホンですが、音質と電磁波の関係を最も研究された成果を残しています。デザイナーのプロとして、オーディオのプロとして、現代性においては全くほとんどのメーカーが気づいていない電磁波と身体性・脳との関係が考慮されたモノとして推薦をします。

*参考(私のブログでの紹介)
「アレロパシーとしての電磁波を制御せよ」


● SONY サウンドバー(HT-NT5)とスピーカーシステム
液晶テレビはすでに4Kと呼ばれるほど交際密度な画面が技術的に進化しました。そして、ホームシアターと呼ばれるように音響関係も進化がしています。それはWi-Fi環境や、Bluetoothがバージョンアップされて音響接続を成し遂げてきたことです。
結果、「ワイヤレス化」が成し遂げられたことで、大量のコード接続がから室内空間が無線化したことである。
無論、たとえば、これまでの5.1chや7.1chでの機器そのモノも最薄化と小型化されることで、インテリアが簡素化に向かっているとプロとして判断評価しています。

*参考(私のブログでの紹介)
『サラウンド形式ゆえに3.3chと呼びます』


● Philips Hueブリッジ
これまでの照明が電球からLED照明になったことは文明的な進歩だと思います。LED照明はこれまでのランプスタイルからテープコードなどの形式も変えました。さらにWi-Fi環境での照明経済性を長期化と低減化となり、スマホでのアプリケーションによって効能化を図り、照明色彩や色温度までを人間の行動との調和性を変更可能とする機能性にまで至ったことです。
一つ残念なことは、日本が本来は最も得意とする青色LED発明をしたにも関わらず、生活シーン毎との照明自由度のアプリケーション開発や、照明スタイルとのライフスタイルが海外メーカーによって成し遂げられたことです。
つまり、Wi-Fi環境や無線化、スマホでのアプリケーション開発が日本の産業になるべきだと考えています。

*参考(私のブログでの紹介)
「照明の文化論としての陰翳礼賛」



6月20日


本日は、
東京大学 先端科学技術研究センターにて、
森政弘先生によります、
特別講義が実施されました。
受講生は、大学の先生達です。


一般にはロボット工学で
知られている先生ですが、
宗教学者としても有名です。
随所に仏教ワードを交え、
展開していきました。


後半は質問タイムとして、
各人からの様々な質問に
適宜お答えいただきました。


スライドをつかいつつ、
ホワイトボードを活用し、
臨機応変に対応いただく姿は、
これまでの経験を感じました。


最後は懇親会にて、
分野にとらわれない、
興味深いお話しに包まれていました。


6月15日


川崎のご学友で、
阪大招聘研究員でもある、
光野有次氏との打ち合わせです。


設定されたテーマに向け、
攻め込む先を検討していきます。


打ち合わせの合間には、
在学時のお話や、
共通のご友人のお話しなどにも
花を咲かせながら。


日本を代表するプロダクトを
実現していきます。


6月9日


本日は、
大阪大学医学部附属病院
小児医療センターにおきまして、
川崎による、子供達への
「スケッチ教室」が
開催されました。



阪大病院では多くの子供たちが
毎日治療をお受けています。
その生活の中で、
少しでもこれまでとは違った経験を、
他では得られない体験を、
と考え、実施に至りました。


プロのデザイナーさんから
教えてもらえる!
ということに喜んでいる子供たち、
初めて触れるチョークや黒板に、
恐る恐る描き出す子供たち、
なんの気遅れもなく、
どんどん描いていく子供たち。

全ての形は紙コップから練習を、
今日、参加した子供たちには、
もう、この意味がわかるはずです。


ここから、
次のアクションにつなげていきます。


6月7日


本日は,東京にて、
文具大賞の審査会が行われました。


例年通り審査委員が一堂に介しまして、
審査を行っていきます。
まずは、審査委員長の川崎より一言。


時流も含めた話題から、
今期の文具大賞の審査へと展開されました。


今回も実に様々な文具が、大量に。
これは文具なのか?という問いも生まれます。
※画像は一部ぼかしています※


個人の審査が終わると全員での議論です。
誰かの独断はなく、
まさに総意で決定していきます。
※画像は一部ぼかしています※


最終的なグランプリの発表は、
7月5日から7日の発表会になります。
詳細はこちらをごらんください。
*第26回 日本文具大賞 2017


休憩時間中の一コマ。
川崎お勧めのヘッドフォンを試すお二人。


川崎和男のデザイン金言


08月24日 先負(癸未)

機能主義は機械論、
つまり文明論の主要骨格である。
そしてこの文明論は
人間工学と連動し、
戦争に最も近接している
学問になった。



川崎和男の発想表現手法


08月23日 友引(壬午)

デザインとは機能主義の表現、
これは大誤解を連鎖。
デザインを機能主義とともに、
文化論に持ちこんだことが
大失敗である。



川崎和男の発想表現手法


08月22日 先勝(辛巳)

機械主義を未だに引きずっている。
私は機械では現代は語れない。
機械から機器が、
真の文明論から文化輪になる。



川崎和男の発想表現手法


08月21日 大安(庚辰)

デザインとは機能主義の表現、
これは大誤解を連鎖。
デザインを
文化論に持ちこんだことが
大失敗である。



川崎和男の発想表現手法


08月20日 仏滅(己卯)

機能主義の背景には、
「機械主義」があった。
これが間違いの原因、
なぜなら、
機とは機織りであり、
械とは武器であった。



川崎和男の発想表現手法


08月19日 先負(戊寅)

デザインは「機能主義」に
呪縛されてきた。
それは大きな間違いであった。
「機能的なモノ」は「美しい」、
それはデザインへの大誤解だ。



川崎和男の発想表現手法


08月18日 友引(丁丑)

重量感
軽量感
この対比を自分に持ちこむ。
今、「超」軽量を
懸命に求めています。
そのためには?
これが問題。



川崎和男の発想表現手法


08月17日 先勝(丙子)

軽いこと、
超軽量なことは、
絶対に、完璧に、
「使い勝手」を
決定する。



川崎和男の発想表現手法


08月16日 赤口(乙亥)

重量感は市価と連動している。
重さがある価格帯に適合する。
軽い、軽すぎるアイテムと
重い、重すぎるアイテムは、
明確に、区別と分別が
センスに関わっている。



川崎和男の発想表現手法


08月15日 大安(甲戌)

簡素とは、
質素で素朴なことでは
絶対に違う。
潔白で無飾な
絶対的な存在性にある
美しさである。



川崎和男の発想表現手法


08月14日 仏滅(癸酉)

簡潔とは、
簡便で潔白なことでは
絶対に違う。
潔癖で無飾な
絶対的な存在性ある
美しさである。



川崎和男の発想表現手法


08月12日 友引(辛未)

簡素で簡潔が
清潔の基本である。
単純なモノは、
決して
簡素でも簡潔でもない。



川崎和男の発想表現手法


08月11日 先勝(庚午)

目標とは「ゴール」であり、
目的は「オブジェクト」、
つまり決定している対象です。
これらの
意味と意義を明らかにするんには
その手法は「デザイン」
問題解決美と価値創出です。



川崎和男の発想表現手法


08月10日 赤口(己巳)

意識とは
知識をもって行動すること。
意義とは
知識の意味まで識って
行動の目標・目的が
決定できること。



川崎和男の発想表現手法


08月09日 大安(戊辰)

知識あることは
それなりの意味と意義がある。
しかし、
知識が知恵にならない限り、
人間としての存在、
その意味も意義も無い。



川崎和男の発想表現手法


08月08日 仏滅(丁卯)

「見識」と「認識」で、
決定したことが、
「知恵」であり、
それは
「胆識」結果である。



川崎和男の発想表現手法


08月07日 先負(丙寅)

「見識」は、
知識と経験で学んで
「識る」こと。
「認識」は、
識っていることを
「確認」すること。



川崎和男の発想表現手法


08月06日 友引(乙丑)

見識と認識で
「自分の知らないことを知る」。
結果、
自分の行動、その限界、
限界を超えないという
「決定を下す」、
それが胆識だ。



川崎和男の発想表現手法


08月05日 先勝(甲子)

見識とは、知見すること。
認識とは、見識の再確認であり、
「自分の未知さ」を知ること。
そして、最大に重要なことは
胆識である。



川崎和男の発想表現手法


08月04日 赤口(癸亥)

「書く」ことと「描く」こと、
それは「欠いていること」に
気づく行為だと思っている。
つまり、
「欠落」している自分を
「自らが知る」ことだ。



川崎和男の発想表現手法