kazuo kawasaki's official blog

Staff Blog


この度、「福井県立美術館」に
川崎和男作品を
12点寄贈いたしました。
新収蔵品紹介として展示されます。
ご高覧いただければ幸いと存じます。
ーーーーーーーーーーーーーーー
コレクション展/テーマ展
「HUMAN BEINGS
創られし人間たち/新収蔵品紹介」

にて展示予定
ーーー
特別企画展「ザ 美人画」
4/28(木) – 6/12(日) ※5/16(月)休館
と同時開催です。
ーーーーーーーーーーーーーーー


企画展示リンク


11月22日


ドバイ万博の「日本館VIPルーム」に
マルイチセーリング にて販売されている、
カーボンチェアが採用されました。




11月9日


村内ファニチャーアクセス
八王子本店にて、
講演させていただきました。


生憎の雨にも関わらず、
多くの方にお越しいただきました。


2019年に、
マルイチセーリング様から
発表させていただきました、
カーボンチェアのご縁で、
今回の講演につながりました。


後半には、鼎談も行い、
中身の濃い講演になりました。



皆様、ありがとうございました。


12月16日


会社の近くの「農人橋」。
水都大阪にはたくさんの橋がかかっっています。
年末のボスも慌ただしくなってきました。


12月11日


タケフナイフビレッジの親方と女性スタッフと年末のご挨拶。
福井のおいしいお土産をたくさん持ってきてくださいました。
1982年、越前打刃物の職人さん達と統一ブランドタケフナイフビレッジ
となり37年・・。いい時間を積み重ねて世代交代を迎えようとしています。



12月3日


『東京人』12月号ボスの取材記事が掲載されています。
手描きの起電力が脳から真髄を引き出す!!!
川崎和男の愛用文具も紹介。


12月2日


MAC POWERのボスの編集担当者だった中筋氏来訪。
いろんなお話もありましたが、目玉はやはりドローン会!
ボスも初操作ですっかり夢中に。即 注文と動きが速い。



11月23日


タケフナイフビレッジから親方や新しいスタッフの方来訪。
既存の工房の改修も終え、隣に新規工房を建設予定。
新年度にはお披露目です。


11月15日


シーズン毎の新作のチェック Kazuo KawasakiシリーズのMASUNAGAメガネです。
さてそろそろボス本人のメガネも替え時かも。


10月30日


鯖江市で17年BOSSが指導したSSIDの担当もしてもらった関本さん来訪。
ふるさとのために、もうひと踏ん張り。福井愛のボス。

川崎和男のデザイン金言


6月26日 友引(庚戌)

作品と呼ばず、
仕事としたことに、
クラマタのモノ、
かたちとしての意味を与える
「ことづくり」であったはずである。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』6変形という観念としての裏切り


6月25日 先勝(己酉)

今、
デザイナーは、
素材の選択に環境との適合性を
エグザクトサイエンスとして
とらえ直さなければならない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』5アクリルの生涯連鎖


6月24日 赤口(戊申)

クラマタが独立してすぐに、
素材の「分析」のための制御を、
引き出しへのイマジネーションを
アクリル樹脂で行ったことを
もう一度再確認しておきたい。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』5アクリルの生涯連鎖


6月23日 大安(丁未)

アクリルという素材の
持つ力をとらえたとき、
「内密性」という
引き出しを宙に浮遊させて、
重力という理性から引き出しを
解放させたい、
というある種の必要性がクラマタの
なかに生じたのだ。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』5アクリルの生涯連鎖


6月22日 仏滅(丙午)

構造とは本来は、
多種な素材あるいは一種の素材でも、
寄せ集めてプラス化させる。
とすれば、
集中した造形に至ることは
当然である。
が、
この構造を消滅させることに、
アクリルを使用した。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』5アクリルの生涯連鎖


6月21日 先負(乙巳)

つまり、
引き出しのある家具は、
引き出しが主体だが、
その引き出しである機能性のための
構造であることを「消滅」
させてしまった。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』5アクリルの生涯連鎖


6月20日 友引(甲辰)

クラマタは、
アクリルの分析を、
物性と物質のイメージで
果たした。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』5アクリルの生涯連鎖


6月19日 先勝(癸卯)

アクリルとクラマタは
明らかにパートナーであった。

こうした素材に出会ったことは、
デザイナー冥利だと思う。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』5アクリルの生涯連鎖


6月18日 赤口(壬寅)

物・もの・モノを
語るときには、必ずや、
物性・物質・物理という分科学性の
厳密性=エグザクトサイエンスを
デザインは語り切らなければならない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』5アクリルの生涯連鎖


6月17日 大安(辛丑)

私は、
「素材」と「自分」を
結合させていくことを、
どこから手に入れるかは
デザイナーにとって
重大な問題だと思う。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』5アクリルの生涯連鎖


6月16日 仏滅(庚子)

私は、
クラマタの素材論、
それは物質論としてのアクリル、
物性学としてのアクリルを、
あくまでも、
デザイン意欲の対象として、
素材の質と性への制御として
とらえ直したい。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』5アクリルの生涯連鎖


6月15日 先負(己亥)

デザインの途中で、記憶が
「思いついたこと」を
浄化してくれるのかもしれない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』4画家とともに


6月14日 友引(戊戌)

「思い込んで、思い込んで」
考え抜いたこと、
つまり、
熟考を深めたアイデアの成就が
作品になったからといって、
モノの意味性が
語りきれるものではない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』4画家とともに


6月13日 先勝(丁酉)

「思いついたこと」だけでは、
決して、
モノの意味性を語りきることは
できないと私は思う。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』4画家とともに


6月12日 赤口(丙申)

木目、
あるいは木製という自然材質が
人間にやさしいとか
いやされるなどというのは
虚言なのだ。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』4画家とともに


6月11日 大安(乙未)

with Drawersに本来の意味性、
それは事物の逆説性と考慮できる
「内密性へのイメージ」を換気させる
「引き出し」を、家具という機能形式に
瞬間的に読み替えられる仕掛けを
私たちに与えたわけである。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』4画家とともに


6月10日 仏滅(甲午)

形態と機能、
材質と構造が
単純明快であればあるほど、

形態と機能は、
材質と構造を消去して、
彼の記憶を普遍化し
私たちに与えてくれる気がしてならない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』4画家とともに


6月9日 先負(癸巳)

デザイナーは、
「接着」という「破壊」を、
素材論のなかで真剣に熟考する
時代に生きていることを
再確認しなければならない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』3硝子の音色


6月8日 友引(壬辰)

「透明」
ということばも十分ではない。
けれども、
彼のすべての作品には、
透明さが、
何かを観させてしまう仕掛けが
いつでも仕組まれている。
私たちはこの仕掛けに捕らえられてしまう。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』3硝子の音色


6月7日 先勝(辛卯)

無機質で、
見えない素材、
しかも破壊されやすい材料に
身体をあずけるという行為は、
身体を浮遊させる
ことになるかもしれない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』3硝子の音色