kazuo kawasaki's official blog

Staff Blog


12月16日


会社の近くの「農人橋」。
水都大阪にはたくさんの橋がかかっっています。
年末のボスも慌ただしくなってきました。


12月11日


タケフナイフビレッジの親方と女性スタッフと年末のご挨拶。
福井のおいしいお土産をたくさん持ってきてくださいました。
1982年、越前打刃物の職人さん達と統一ブランドタケフナイフビレッジ
となり37年・・。いい時間を積み重ねて世代交代を迎えようとしています。



12月3日


『東京人』12月号ボスの取材記事が掲載されています。
手描きの起電力が脳から真髄を引き出す!!!
川崎和男の愛用文具も紹介。


12月2日


MAC POWERのボスの編集担当者だった中筋氏来訪。
いろんなお話もありましたが、目玉はやはりドローン会!
ボスも初操作ですっかり夢中に。即 注文と動きが速い。



11月23日


タケフナイフビレッジから親方や新しいスタッフの方来訪。
既存の工房の改修も終え、隣に新規工房を建設予定。
新年度にはお披露目です。


11月15日


シーズン毎の新作のチェック Kazuo KawasakiシリーズのMASUNAGAメガネです。
さてそろそろボス本人のメガネも替え時かも。


10月30日


鯖江市で17年BOSSが指導したSSIDの担当もしてもらった関本さん来訪。
ふるさとのために、もうひと踏ん張り。福井愛のボス。


10月4日


取材に昔お世話になったライター高瀬さんが来訪。
メインのテーマは「手描き」
12月号の雑誌に掲載予定です。


9月26日


9月12日13日 AXISギャラリー 新作デザイン発表会 WAVELET RESPECT


9月21日


AXISギャラリーの発表会記録その⑤
こちらで撮った来場者との写真です。
それぞれ皆さんの撮影画像も欲しいのです、紹介できずにすみません。
まずは撮影隊とボス。


NY gallery91の海老原さんと。
タケフナイフビレッジのNYデビューから常に見守って頂いています。



森田恭通さんとボス、マルイチセーリング会長。
1日目最終のお客様。



デザイナー 山口さんと語るボス。


吉岡徳仁さんと電話中のボス。


福井キャノン会長玉木さんと。同級生同士は話だしたら止まりません。


プレゼ後、皆様との挨拶。


デザイナー 宮内さん、ボスのプレゼオープニングムービーは常に宮内さん作。


そしてボスの教え子・デザイナーたちも来場。
デザイナー 志水さん。


2日目最後の終了時間に駆けつけてくれたお客様は、チームラボの原悠子さん。





川崎和男のデザイン金言


4月6日 仏滅(己卯)

多分、
カメラはスマホに
絶対に負けるでしょう。
最後のライカM8を
十分に使いたい。



4月5日 先負(戊寅)

「般若心経」は
普段の筆づかいが
かなり、必要ですね。



4月4日 友引(丁丑)

「観光都市」ではない、
ともかく、
新しい呼称が
絶対に要るようだ。



4月3日 先勝(丙子)

最良のシステム、
最悪のシステム、
これを選別しても
私は最悪システムでも、
「覚悟」ができる。



4月2日 赤口(乙亥)

時の経過と瞬間



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』16 時の経過と瞬間


4月1日 大安(甲戌)

インスピレーションの重要性だけが
地球を救えるということを
訴求していたことになる。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


3月31日 仏滅(癸酉)

ホフマンの作品、
その作品の意味作用にいわば、
デザインの遺伝子がある。
これは確かなことだ。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


3月30日 先負(壬申)

色彩は、実務演習と
私にとっては、故・大智浩教授
デザイン史には繋がっていない。
「アイディア」デザイン誌には
彼の名前がある。



3月29日 友引(辛未)

「身体障害者手帳」が、
もう何年も、
同じデザインでした。
記述も代えるべきです。



3月28日 先勝(庚午)

イタリアも、フランスも、
そして米国の
友人たちは、
元気だった。



3月27日 赤口(己巳)

デザイナーが、いつでも試み、
そして具現化するどのようなモノも、
理想主義を「美」で包んで、
その意味性を伝えようとしている。
伝えようとしてきた
歴史も保持している。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


3月26日 大安(戊辰)

デザイナーにとっては、
モノの形態で
その時代性や空間性、
人間性のさまざまな問題の解決を
図ろうとすることが、
職能の本質であることは明らかなわけだ。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


3月25日 仏滅(丁卯)

欧米と一緒に、
なんとしても、
この「生物兵器」を
早く、早く、生き延びよう。



3月24日 先負(丙寅)

私は、感染症で、
「敗血症」で苦しんだのです。
そして、ようやく「抗体」が
発見されました。
新型コロナウイルスは、
「抗体」ができるのでしょうか。



3月23日 赤口(乙丑)

文化の連続性が明快にならなくても、
なんとしても、
現代に設定できうる創造を決心している。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


3月22日 大安(甲子)

私たちは、経験もなく、伝統もなく、
壊れていく文化をなんとしても
連結していこうという
時代に生きている。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


3月21日 仏滅(癸亥)

デザイン力の拡大とは、
デザインの歴史を蓄積していく
エネルギーを強化し
確保していくということでもあるわけだ。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


3月20日 先負(壬戌)

デザイナーにとって、
デザインの歴史、その歴史を建築してきた
造形家たちへの畏敬は、
当然の心構えでなければならない。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


3月19日 友引(辛酉)

オマージュという形式を、
デザインという領域で
読み解いている。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ


3月18日 先勝(庚申)

ひとつのオマージュは
作品の焼却を成し遂げながら、
その形態を再生して見せようとさえする。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』15 遺伝子操作としてのオマージュ