kazuo kawasaki's official blog

Staff Blog


5月12日


福島県相馬郡飯舘村にて、
除染の実証実験を行いました。
現在、研究室で開発を進めている、
新素材を用いた実験です。

寄附企業・招聘教授・現地協力者・
ドキュメンタリー撮影企業など
総勢9名にて実施しました。


現地には黒いフレコンバッグに
緑の大きなカバーが被せられています。


空間線量を計測してみると、
場所によっては高い値を示しています。


ただ、放射能の影響を考えなければ、
非常に美しい自然豊かな場所です。


この美しい地を取り戻すため、
企業と研究機関が一体となって、
活動を続けてまいります。


*関連ブログ
『もう一度美しい国を再興するレジリエンスデザインを』


4月28日



本日は、
タカタレムノス 東京ショールームにて、
高田社長を偲ぶ会が催されました。


乾杯の挨拶をさせていただきました。


川崎の作品を始め、
沢山のデザイナーズクロックが並んでいます。


KK適塾でお世話になった、
澄川伸一氏も、
高田社長にお世話になったとのことです。


美しいものをつくってくださる、
貴重なメーカーの一つとして、
ますますのご発展をお祈り申し上げます。


※タカタレムノス
※タカタレムノス:沿革


4月26日


この度、川崎のメガネブランド、
「Kazuo Kawasaki」を
製造販売いただいている、
増永眼鏡株式会社様が、
大阪市内で出店されました。

●場所:大阪 梅田 阪急三番街「うめ茶小路」
※店舗番号「34」がmasunaga1905です。

4月27日オープンに先駆けて、
内覧会にお邪魔してきました。


このサインが目印です。


落ち着いた店舗空間でお選びいただけます。


川崎から贈らせていただいた花に沿うように、
作品を並べていただいておりました。


ぜひ、お越しいただきまして、
お手にとってご覧くださいませ。


●増永様紹介サイトはこちら


4月22日


本日は、
音響関係の打ち合わせでした。
以前阪大でご一緒していた、
荒木基次様のご紹介で、
山の加工場ネットワーク 代表、
横濱金平様をお迎えし、
3人で音・スピーカについて、
熱い議論が交わされました。


川崎の作品も見ながら、
想いを語り合います。


空間と音の新しい関係を、
実証を通して語られました。


作品を抱きしめつつ、
全員でのお写真です。


4月18日


本日は、
福井の大電産業株式会社より、
常務取締役 今村善信がいらっしゃいました。

川崎がデザインさせていただいた
大電様のマークとロゴのお話から、
当時の様々な経緯はもちろんのこと、
最後はこれからの日本の産業についてなど、
実に幅広く会話が展開されました。

最後は固い握手とともに
再開を約束しました。


3月10日


本日は、
KK適塾 第5回を開催いたしました。
今回はDNP様の市谷左内町ビルにて
開催させていただきました。
テレビ会議システムも用いて、
多数の方に見ていただくことができました。


講師は、石黒浩氏と
濱口秀司氏です。
MCとして、川崎隆章氏、
内田まほろ氏にご参加いただきました。


講演から鼎談まで、
多くの話題が飛び交い、
シリアスな話の中に、
多くの笑いも生まれていました。


今回は終了後に懇親会も開催でき、
様々な方々と交流の場を持つことができました。
講師の坂井直樹氏、
原雄司氏もお越しくださいました。


最後にはサプライズで、
川崎の誕生日を祝っていただきました。
ありがとうございました。


今期KK適塾も、
非常にたくさんの皆様にお越し頂き、
本当にありがとうございました。

また、次回をご期待くださいませ。
宜しくお願いします。


3月10日


本日は、福井にて講演を行いました。
福井駅前、福井市にぎわい交流施設
ハピリンホールにて、
仁愛女子短期大学様から
ご依頼をいただきました。

地元福井での講演ということで、
その話題から展開です。


永平寺・道元の話しから、
作品の内容へつなげていきました。


福井に因む作品・商品の数々を、
問題解決に絡めて説明します。


それらに関係する方々も
聞きに来てくださいました。


次世代につながる、
学生さん達との一枚です。


本当にたくさんの方々に
お越しいただきました。


ありがとうございました。


3月3日


本日は、イタリアからお客様です。
伊藤節氏がお越しくださいました。


夕食後、研究室に場所を移して、
文字通り夜中までディスカッションです。


ミラノ工科大のデザインについては、
え?!と驚かされるようなお話を。


そこからミラノを中心とした
イタリア・ヨーロッパデザイン概論へと。


たっぷりとお時間をいただき、
様々なお話をいただきました。


Studio I.T.O. Design


2月10日


本日はKK適塾 第4回が開催されました。

今回は、
全員デザイン界・同世代という、
これまでなかった組み合わせです。
河北秀也氏と北川原温氏を
お招きしました。


スタートはDNPの紹介から。
川崎とのプロジェクトも
ご紹介いただきました。


iichikoはもちろんのこと、
ご自身のスタートから
お話いただきました。


ミラノの日本館は
日本建築の美しさを示しました。


同世代ということもあり、
思い思いに今のデザイン、
教育、文化、思想、政治
様々な議論が展開されました。


お越しくださいました皆様、
ありがとうございました。


1月20日


今期3回目、今年初めての
KK適塾が開催されました。

講師は、お二人とも
ソーシャルデザイナーという肩書きをお持ちです
村田智明氏と
太刀川瑛弼氏。


この三人でのトークセッションは初めてです。
中ではこんな動きのあるシーンも生まれました。


今回は自然と「デザイン教育」、
特に子供に対しての教育というテーマに焦点が。


お二人とも幅広いお仕事をされており、
それぞれのテーマに沿って
話題を展開いただきました。


最後は恒例の握手です。
ご参加いただきました皆様、
ありがとうございました。


川崎和男のデザイン金言


05月24日 友引(辛亥)


意識ではなくて、
認識する自分には
実は
自由で、明確な
イメージが出てくるものだ。



川崎和男の発想表現手法


05月23日 先勝(庚戌)


意識には、
明瞭なイメージは無い。
それどころか、
意識に自由度があると
思い込むのは間違いだ。



川崎和男の発想表現手法


05月22日 大安(戊申)


意識が知能性を発現する
その状況になるには、
私はスケッチが重要だと
言ってきた。
それは
確実かつ確約させるための、
「認識」への性能を
獲得させる知識表現である。



川崎和男の発想表現手法


05月21日 大安(戊申)


意識という効力、
それは「非現実的」には
機能性を持つ。
その機能性を自立化させる
精進と錬磨が必要だ。



川崎和男の発想表現手法


05月20日 仏滅(丁未)


変容させるほどの
自力となる知識が無いと、
それは
効力が生まれずに
意識は妄想を生み出す。



川崎和男の発想表現手法


05月19日 先負(丙午)


意識するには
次の効力が必要だ。
それは、
「変容」させるだけの
自力的ないわば努力だ。



川崎和男の発想表現手法


05月18日 友引(乙巳)


せめて、知識、意識、認識、
この違いや
差異程度は知っておいて
ほしい。



川崎和男の発想表現手法


05月17日 先勝(甲辰)


「非現実化」させる機能を
想像力とすれば、
想像力の性能と効能を
明確にさせるべきだ。



川崎和男の発想表現手法


05月16日 赤口(癸卯)


「知」は「記号化」させる、
その最たる表現が「美」になるとき
それはデザインだと思う。



川崎和男の発想表現手法


05月15日 大安(壬寅)


知識も認識も
ともかく「知」とすれば、
知は随行と判断を要求する。
結果、知は
いつも「記号」化させる。



川崎和男の発想表現手法


05月14日 仏滅(辛丑)


「非現実化」させる機能も
性能も効能も不明なことは
「妄想」になり、
「性能」があれば
「幻想」になるのかも知れない。



川崎和男の発想表現手法


05月11日 先勝(戊戌)


夢想、白日夢などは
想像力による妄想と
言い切ることが可能。
たとえ妄想であっても、
「心的表象」=イメージである。
このイメージは、
感覚的な認識力と断言可能か?



川崎和男の発想表現手法


05月10日 赤口(丁酉)


妄想は確かに想像力結果、
しかし、
「非現実化」という認識力が
創造力の実現、
現実性へのデザインを決定。



川崎和男の発想表現手法


05月09日 大安(丙申)


認識を見識化する手法は
スケッチである。
それが創造力を
根本で鍛えることになる。



川崎和男の発想表現手法


05月08日 仏滅(乙未)


想像は妄想を産み出す。
妄想から「非現実化」する
その能力は、
ひたすら、スケッチ化できる
認識という見識が必要だ。



川崎和男の発想表現手法


05月07日 先負(甲午)


「非現実化」機能は
すでに訓練が必要。
なぜなら、
意識ではなくて認識を
しっかりとして
認識の「非現実化」こそ
創造力だと思っています。



川崎和男の発想表現手法


05月06日 友引(癸巳)


意識の「非現実化」させる、
その偉大な機能を
「創造力」と定義したこと。
これは間違いだと思う。
むしろ、
認識の「非現実化」は
とても困難である。



川崎和男の発想表現手法


05月05日 先勝(壬辰)


「裏切る」ことが
ゆるされるのは、
伝統の破壊だけである。
Tred:Tradituionalとは
裏切って破壊するが、
「創造・創作」に居たることだ。



川崎和男の発想表現手法


05月04日 赤口(辛卯)


アフォーダンスという理論より、
日本には古来より
「モノがたり」、
物語りがあったのです。



川崎和男の発想表現手法


05月02日 仏滅(己丑)


デザインによる商品化は、
まず、「美しいモノ」。
売れるモノではなく
売りたいモノ。



川崎和男の発想表現手法