kazuo kawasaki's official blog

「五大思想の重複から計画する・基本案2」


   


     7月 24th, 2011  Posted 12:00 AM

地・水・火・風・空、
仏教的五大思想にインド思想を重複。
木・火・土・金・水を重ね合わせます。
そうするとそのままマトリックス化して、
25の組み合わせを作成し、
この25の企画内容を整理していくことができます。

この図表に、物質系・情報系・エネルギー系を
重ね合わせて具体的なインフラ基盤と都市構造化、
そして日常生活=文化系の要素と要因を当てはめていきます。
今、私が書き上げようとしている一つの手法です。
文化系としてその「地」+「土」には、場ができます。
この場所は「まち」=町と街になり、
街は文明系の主たる性能面と機能面が生まれ、
町は文化系の機能面と効能面を配置していくことになります。
洒落た現代的には、「スマート・グリッド」が乗っかり、
この町と街が「スマート・コミュニティ」でしょう。
しかし、私は東日本の伝統に回帰すること、
すなわち、やはりこの地域には、
地震と津波は自然を常に常備形成していると考えます。
これまで歴史的に津波への言い伝えをしっかりと後世に、
語り継いでいくと同時に技術で自然と対峙していきます。
私は技術と自然の調和ではなくて、
はっきりと対決していくことが大事だと考えています。
そして、このマトリックス上25のコンセプトを
すべからく東北弁にする必要があると考えます。
いかにも「スマートグリッド」とか、
「スマートコミュニティ」は現代から未来的ですが、
あらためて伝統、
すなわちこの地方の言葉に差し戻す発想から、
復興の目標と目的、そのための町と街の形式と内容、
これらを決定していくべきではないだろうかと思うのです。
これは私が伝統工芸産地での伝統と創造を考え出すとき、
コンセプトとは言わない、カタカナ表記は避けること、
この二つを最重要視しました。
そうでなければ、この復興計画には、
「東京一極とか中心主義」がなだれ込んでくるだけです。
阪神大震災での「まちづくり」で、失敗した事例には、
「東京中心・大都市構造化」が重なっていたことが明白です。
このマトリックス25が今私の脳裏の中で熟考中です。


目次を見る

「復興計画は五大思想の再構築・基本案1」


   


     7月 23rd, 2011  Posted 12:00 AM

木・火・土・金・水はインド思想であり、
仏教思想としては次の五つです。
地・水・火・風・空ということになります。
被災地域をこの五つに当てはめて考えます。
地は場所であり、その土壌。
水はまさしく水問題。
火は原子力はじめ電力。
風は、具体的には風力から風土性。
空は、被災地の人々から日本人すべての「心」の問題。
そんなふうに私はとらえ直しています。
空にはネットワークを加えることも可能です。
ひとまず、ネットワークについては別稿にします。
さて、大震災の悲惨さをさらに重大にしてしまったのは、
言うまでもなく、「原発事故」なる人災でした。
私はブレることなく、明確に「反原発」ですが、
「反・脱原発」でもあります。
これは著作化しようかと思案中です。
なぜなら、「反原発」というのは、
これまでのような大規模な原子力発電所建設に反対です。
今回本当に明快になったことは、
原子力発電所建設・維持・原発立地への補助金支援、
これらが「安全神話」で包まれて危険は隠匿、
本当は民間であるべき電力会社は、
独占企業であって国策会社だったために、
発電・変電・送電もすべて独占であったことや、
政府の安全基準のいい加減さゆえに「想定外」ばかりでした。
これは書き始めるととめどなくありますが、
また簡単な「脱原発」風潮には全面的に反対です。
原子力発電所への考え方と原子力技術への考え方を、
本来は区分し分別することを今日本人は同一視しています。
それは生涯知らないでよかった放射能単位まで知りました。
Bq=ベクレルやSv=シーベルトは、恐ろしさの単位です。
「死」や「癌」にイメージが直結してしまいました。
これが、私たち日本人を「空」にしているのかも知れません。
日本の復興、再構築の基軸に、
私は五大思想をもう一度配置して、それぞれに照合させて、
現状の被災地対策はもちろん、
これからの日本の再文明化を再考するべきだと考えています。




目次を見る

「光陰の下で佇む姿勢」


   


     7月 22nd, 2011  Posted 12:00 AM

今、日本は哀しみの中。
この国難の中で、
哀しみは次々と巡っています。
3.11、あの日のことを
私たちは決して忘れることはないでしょう。
しかも、台風も巨大であり、
自然の猛威に私たちは晒されています。
だからこそ、もう一度佇んで観なければいけないのでしょう。
「考」という文字が教えてくれています。
この漢字の源は「老」です。
老人=白髪で腰が曲がった形象を示しています。
そして、この老人が杖をついて佇んでいる形象が「考」になります。
つまり、考えるというのは、
老人のごとく、経験から知恵を紡ぎ出す行為ということになります。
私は、「考える」ときには、まず経験がベースになり、
それを補完するように人間や歴史が思考してきたこと、
それが経験から「学」なり「論」なり、となっていることが基盤です。
「佇む」こと、その心の中には哀しみがいっぱいあり、
哀しみがあればあるほど見過ごしてしまうことがかえって増えます。
これは私の実体験です。
見過ごしたことは膨大です。
したがって、最も重大なことは佇んでいる姿勢が問題です。
自然の猛威は光景=光と影、まさに光陰を投げかけています。
この光陰は猛スピードであって、立っているどころか、
佇んでいる姿勢を保つことさえ出来がたいと思います。
哀しみが怒りとなれば、佇む余裕どころか攻撃姿勢となり、
喜びと楽しみは、佇むことを一時忘れてしまうものです。
私は、たとえば本当に今の時代、
光陰のごとき事象すべてを見渡して佇む必要性を感じます。
あらためて、このまま情報化の進展が「クラウドだけ」に、
エネルギーのあり方が「脱原発だけ」に、
もっと国際的な関係論が「民主主義だけ」に、
自然と技術が「調和だけ」に、などなどに想いを巡らして
「佇む」姿勢保持で光陰を受け止められるのかということでしょう。
私に突き刺さってくる「光陰の矢」はまだまだ多いようです。


目次を見る

「後世への最大遺物は熟考すべきこと」


   


     7月 21st, 2011  Posted 12:00 AM

「後世への最大遺物」
内村鑑三の著作があります。
彼はキリスト教徒の一人です。
私がこの著作を読んだのは、
交通事故被災で入院していたときでした。
入院中はひたすら読書をしていましたが、
その時、最も驚愕した書籍でした。
それは、私の予測を遙かに討ち揺るがす、
ある意味では私自身への事件だったと思っています。
まさか、自分の生涯において後世に残す物の第一番目、
それが「お金」だと書かれています。
彼が後世への遺物として残すべき物のことが、
講演記録が著作になったものですが、
「なぜ」と考えさせられてしまうからです。
確かに、お金の効能はとめどなく大きいことが確実です。
今般の大震災にあっても、せめて寄付・義援金を考えました。
そして100億円を寄付した人物や、
スポーツ選手やタレントさんたちの寄付金額を知ると、
如何に自分にはそれだけの蓄えが無かったことに、
あらためて自分自身への無力さで愕然となります。
さらに職能家としてデザイナーにはとても高額な寄付、
それが不可能かを思い知らされました。
無論、だれか同業者でも高額な寄付をした人がいるでしょう。
こんな寄付すらできない自分を情けなく思っています。
誰もが「お金」の効能は間違いなくあることは知っています。
内村鑑三もこのことを最大遺物として述べていますが、
それ以外にも最大遺物が何であるべきかを決定しています。
それでも私なりに、今般本当にわずかな寄付をしましたが、
ただしそれが政府系に渡った途端に、
それは被災地に届いていなかったことには怒りを覚えます。
現政権の無能力さを書きとどめておかなければなりません。
以後、それなりに出来るだけの寄付をと考えています。
そして、それは直接、被災地の県、市町村宛が確実です。
人生において自分の最大遺物をどうするべきかを、
私もそろそろ準備をしなければなりません。
この著作には、当時は評論家と言われた人の名前があります。
しかし、今となってはそうした評論家の言説も名前も不明。
著作にも彼らの名前すら歴史には残らないと書かれています。
是非とも、一読をすすめます。
生涯において何を残すべきなのかというのは大きな問題です。
父は私に「美田残さず」と言い続けていました。





目次を見る

「なでしこJAPANと国民平等意識」


   


     7月 20th, 2011  Posted 12:00 AM

女子サッカーチームの優勝。
大和撫子のひたむきさは、
世界中に大きな感動を与えました。
私は、現状の国難に咲いた日本人の華として、
その精神性へのすがすがしさに共感します。
さらにこれを強く明記しておく必要性を覚えます。
つまり、日本中が驚喜し感動し感激し、
そして彼女たちの活動を心底から感謝する「きもち」こそ、
日本人としての平等観であり日本人の存在性を示唆するものです。
しかしこの平等観の認識を日本は自虐史観で欠落してしまいました。
最大の原因は民主党政権の政府機能がまったくの無毛さ、
これを引き込んでしまったことが証拠です。
よって、国民は政権にも政府にも期待どころか、
不信感しか持ち合わせなくなったことにつきます。
彼女たちが「世界一」であることを、
現政権の閣僚達が賛美してはならないと意地悪に考えます。
それは彼ら自身の政策基盤理念を放棄したことでもあるわけです。
「世界一」を公認しない政府の重責を改めて問い直します。
彼らには存在意義と存在効能性が無いことを示しているはずです。
いわゆる左翼系・社会主義的なイデオロギーには、
最初は必ず平等性をうたいあげ、支配権力を手にした途端、
平等性を公然と無視することは、歴史が証明しています。
「暴力装置」というレトリックを被せた閣僚の言葉が耳鳴りします。
この発言こそ社会主義性が独裁制に変質することそのものなのです。
サッカー競技をサポートする人々は、
そのきもち共有感の象徴には国旗=日章旗を掲げます。
しかし社会主義的傾向者には、国旗である日章旗を無視します。
同一国家の国民の平等性を確認する手続きは、
言語=日本語を共有していることが大原則であり、
「なでしこ」という言葉・言語感覚は日章旗と同等であることです。
国旗を法律で制定し直す国家などありえません。
自虐史観の援用と適用が、
新エネルギー論理論争にまで展開してきました。
須く、支配層としての機能だけを主張する政権は打倒すべきです。
私たち国民は、「撫子」のごとく風に揺れてはなりません。
即刻、この政権打倒によって、平等意識を獲得しなければ、
この国難解決にあたって、さらに大きな哀しみに突き落とされます。
ペンは剣よりも強い時代は過ぎ去りました。
今、確実なことは、具体的に勇気を与えてくれた彼女たち、
この存在への賞賛を糧に、感動の共有でしょう。
これこそ国民の平等感覚そのものだと思います。
大きな哀しみがすでに始まりつつあります。


目次を見る

「新たな日本ブランド・なでしこJAPAN」


   


     7月 19th, 2011  Posted 12:00 AM

明らかに女性の時代でしょう。
サッカー競技とは、
スポーツが戦争の文化的進化、
その象徴性と平和性を最も競争と競走を
統合進歩させてきた人類の知的な歴史成果です。
30年という歳月を要したということですが、
女性サッカー競技=競争において、
日本は新たなブランドを創りあげました。
「なでしこJAPAN」という競争集団です。
「なでしこ」とは日本の草木として、きわめて一般的であり、
カーネーションもその一類に属する物ですが、
かよわいたたづまいながら、
小花であり華美さも派手さもありませんが、
人を引きつけるつつましい美しさのある花です。
準決勝から決勝まで引き込まれるように、
団体スポーツをさほど好まない私が見入ってしまいました。
スポーツ競技には、必ず伝統性が宿ります。
その伝統性には、能力の連綿とした集積と継承性が宿ります。
その上、伝統であるだけに前世代を否定しつつ、
常に同時代との共時性を身体化していく集団力が必要です。
「なでしこJAPAN」はそれを見事に体現化していました。
そして何よりも、涙が無かったことです。
無論、勝利すれば感涙あって当然でしょうが、
私は、スポーツと泣くという昨今の感情表出に、
ある種の違和感を持っていました。
私など観客の一人が、彼女たちの活躍に涙するのは、
もう明らかに老齢現象だと認めざるをえませんが、
むしろ男性スポーツに感涙を見るときの違和感がありました。
つまり、女性たちの揺るぎない自分らしさの表出は笑顔。
試合中も笑顔あり、真剣さに笑顔で立ち向かうこと。
これを国難への大きな態度と姿勢と言うのは大げさですが、
少なからず、現状のわが国にあっては、
日本ブランド=なでしこJAPANが世界一になった効能こそ、
「世界一でなければこの小さな存在性」=アイデンティティ、
かけがえの無い大切さを共有する国家存在はありえないのです。
「世界一である必要性」はわが国の存在性の確認に直結。
まさに「なでしこ」という花に象徴された女性の実力、
これを絶賛するとともに、
新たな日本ブランドが生まれたことを喜び、ここにこそ、
大きな希望・祈望・企望があることを確認することができました。
私は団体競技競争よりも、個人競争が好きなタイプですが、
あらためて女子サッカーによって、
団体競争としてのサッカー競技のフェアさ、
そして新ブランドになった女性チームに心底感動しました。


目次を見る

「国難は商機でありえず・政商たちの妨害」


   


     7月 18th, 2011  Posted 12:00 AM

「政商」という言葉。
ラング=辞書的用語に至らず、
未だにパロール=会話用語定義のみ。
山路愛山の定義があります。中略しますが、
次のような記述が残っています。
「民業に干渉し、人民の進まぬ前に国家先ず進み、
世話焼と鞭撻と、奨励と保護とを以て・・・・
日本国政府が自ら干渉して民業の発達を計るに連れて
おのずからできたる人民の一階級あり。
仮りにこれを名づけて政商という」。
こうした連中が登場したのは、明治維新の頃であって、
しかし政商と呼ばれるも以後財閥形成の中心人物も存在。
彼らは政治的権力によって私財を保有しつつも、
その私財は「文化」形成に私財全額を投機しました。
江戸時代の豪商ともやや異なっています。
さて、現在国難状況にあって、
特にエネルギー問題に対して現政権維持を賞賛しつつ、
士気無き都道府県首長から首相までを、
自社商機として巻き込もうとしている者を国難政商とし、
私は軽蔑せざるをえません。
彼の自然エネルギー論を支援する集団も私益確保であり、
明らかなハゲタカ集団でしょう。
太陽光パネルでもって、国土を自由勝手にすること。
田園風景の破壊、田園の開発反故に日本の伝統無視、
ところが、本業たるインフラも自社で開発進化怠慢、
ユーザー負担は大きく、そのインフラ整備も出来ず、
しかも私はそのユーザーという忸怩たる思いありです。
他国原発は絶賛しその電力と結束する厚顔さに呆れます。
この二枚舌なる論理を使い分けています。
大震災と原発事故後に、多大な窃盗事件が大頻発。
これは福井大震災時に「条例」という法律制度が生まれ、
取り締まりが強化されましたが、かような政商こそ、
大窃盗団だと思わざるをえません。
このように政治にすり寄り、
自分企業の利益確保の前提に世論形成を謀る経営者、
この登場を阻止するべきでしょう。
被災県知事の毅然たる支援断り態度には全面感動します。
にもかかわらず、マスコミと現政権は、
まさに政商にまで寄りついていきます。
国難を商機とする現政権の倫理性の欠落こそ、
この国難脱出をも破壊しようとしているものと断言しておきます。


目次を見る

「モノづくり・作家と作品」


   


     7月 17th, 2011  Posted 12:00 AM

モノづくり。
私は人工的な物をモノと呼び、
このモノづくりをする人を作家、
モノづくりされたモノを作品としておきます。
ともかく作家・作品ともに広義な意味で使用します。
したがってモノづくりへのデザイン作家がデザイナーです。
作品は当然、デザインされたモノという狭義な範疇に封鎖。
そこでデザイナーという作家=人、
その人となりは、作品の個性をその人となりの個性として、
自ずと作品に反映されているというと、それには、
そのまま反映されることもあればまったく反照されていること、
それは人間だからまったく千差万別であるだろうと思います。
これは、音楽と照らし合わせると、
作曲家・作品・演奏者が「音楽作品」に対する表現とその効果、
この三者三様が表れるかどうかということと同様でしょう。
たとえば、私が倉俣史朗という作家とは、
私は一度の面識と一回の電話応対しかありませんでした。
したがって、倉俣論ではその人となりは、
彼の元スタッフの人たちの感想を聞きかじっただけにすぎません。
よって、20周忌ということもあってか、
すぐに時代は形骸化納得のイベントを希求します。
彼の人となりを彼との関係のあった人たちが語り合うのは、
彼への畏敬の思い出と憧憬に過ぎず、
作品評価そのものにはなりえず、
必ずしも彼の作品を語ることとは大変な隔たりがあります。
この隔たりに気づかない作品評論は、
「作品の周辺的な雑音的な世間話」であって、
歴史的な美学的評論成果には決してならないでしょう。
むしろ、音楽と比較するのは美学的な検証手法と同等であり、
特に、作曲家・作品・指揮者、そして聴衆への影響として、
デザインも、デザインされたモノ=作品とデザイン効果=影響、
この図式に当てはまるものと考えます。
作家=デザイナー、作品=デザイン、効果=デザイン本質、
この三者的な立体構造の中では、決してすべてが連動しつつも、
「必ず時代的な破綻が起こっている」ということです。
少し、一般的な認識困難な例証をすれば、
キューリー夫妻が放射線は原子を遷移させしかも崩壊する現象、
この発見は放射線を人工物に適用可能としたことに重なります。
作家の個性を無個性としてとらえ、
作品の存在性に個性を見つけず、
さらに、作家と作品の隔たりを近傍性から切断してこそ、
初めてデザインの本質が浮かびあがること、
これが科学的デザイン手法だと私は確信しています。
つまり、デザインは応用芸術から離脱して、
科学性を纏った学際的デザインをやっと手に入れうるデザイン、
そのデザイン時代の先鞭者として倉俣史朗という存在を認め、
しかもデザイナー存在のテキスト=形見にできるのだと考えています。


目次を見る

「出版記念講演のアンビエント・プレゼン」


   


     7月 16th, 2011  Posted 12:58 AM

京都国際交流会館は二度目。
以前、舞踊家。西川千麗さんと対談。
今回は、スタッフと研究室がバックアップ。
卒業生たちも駆けつけてくれました。
昨夜までMacBook-Pro15で制作してたのを
MacBook Air11に約480MBを移行したところ、
トラブルでやや不安。
もはや、講演ではなるべくMacBook Air11が、
テーブル上もシンプルになり、
これをiPod Touchでコントロールできればというのが、
私が最も話しやすい環境ということにしています。
Picture in Pictureで正面16:9の二重画面構成と、
ステージの全面天井2面に動画白黒画像を流しました。
この構成については質問をいただき、
会場構成をそれなりに見せることができたと思っています。
この会館230席もほぼ満席になって、
倉俣作品を語るためにJAZZ「How High the Moon」も、
会場のPAでかなりいいHi-Fiで流すことができました。
彼がモチーフにしていたStan Kentonの演奏から、
「How High the Moon」なら、Randy Westonと
私が好きなBud Powellをほんの少し聴き比べてもらいました。
ワイフは、「音楽の聴き比べが新鮮だった」という評価。
東芝・Aurexでまだ駆け出しデザイナーだったころは、
新製品と当時の新譜から選び抜いた音楽を再生して、
デザイナーでありながら、音楽解説もしながら、
そうしたプレゼンを全国駆け巡ってやっていました。
そんな感覚を思い出しました。
私は自分の講義でも音楽をBGMで使うこともあります。
まさに「アンビエントなプレゼン」には、
それなりの建築空間が必要だというのが私の主張です。
会場でも新刊を買っていただき、
丁寧に矢立毛筆でサインをしました。
連載7年からやっと書籍化ができて、本年倉俣史朗20周忌に、
私自身で語ることができました。
彼の作品を語ることで、一つの役割を終えた感慨があります。


目次を見る

「デザインを読むという解釈」


   


     7月 15th, 2011  Posted 12:00 AM

デザインされたモノを知ること。
それはデザインを読み取るということ。
デザインの背景、動機、手法、意味などを
読む=解釈するということになります。
ユーザーにとっては、
デザインされたモノと対峙したとき、
その直感で自分との関係を知るだけのことです。
しかし、職能家としてのデザイナーならば、
デザインテーマ、すなわちデザインが問題解決したこと、
そのプロセスを読み取る=解釈することになります。
したがって自分のデザインではない他のデザイナーのモノ=作品ならば、
「解釈」への手続きは次の三つの段階を経ているでしょう。
まずテーマ・問題あるいは課題を解体したり解剖したり溶解します。
これは問題解決の最初の段階です。
ところが、他のデザイナーの問題解決ならば、
読み取り過ぎることが多々あることです。なければなりません。
その問題解決をしたデザイナー以上に深く、
あるいは大げさなほど知り尽くそうとするかも知れません。
それは解釈し過ぎになるでしょう。
けれども、デザインの本質にとっては、
デザインそのものの社会的職能意義を明確にする手続きです。
デザイン手法をさらに明確化する重大性があると私は考えています。
言い直せばデザインの解釈とはまさしくデザイン評論であり,
デザイン評価の根幹はこの解釈段階にあると思います。
問題自体の解体・解剖・溶解・分解を経て、
そのデザイン要素や要因を解釈・解説し直すという作業の重大さこそ、
デザインの本質を突き止める二段階目だということです。
ややもすれば読み取る「解釈」は、本来デザインをしたデザイナー、
その問題把握力を上回っているかもしれません。
しかし、デザイン評論やデザイン評価が必要だというのは、
この深読み解釈が次のデザイン手法をそのものを
拡大・進化させる大きな手かがりだと考えるべきでしょう。
無論、一つの方法論です。
私は、今や「天才」と言われる倉俣史朗の問題解決、
その手法から動機、結果、意味を深読み解釈しました。
私の深読みが彼を天才にならしめているとさえ思っています。
歴史は、後世その解釈によって、
歴史事実を小さな物語から大きな物語にします。
その中心人物こそヒーローでありリーダーであり天才となるのです。
そしてこの歴史記述こそ、
人間が綿々と連鎖させてきた「知恵」の集積という伝統だと考えます。
解釈をし尽くした時、人は「解放」されることになります。
それが問題解決した効果・結果ということでしょう。
今日、私は「「倉俣史朗のデザイン」」を、
デザイン界の形見として私の解釈を語るつもりです。

夢の形見に」講演会


目次を見る