kazuo kawasaki's official blog

Archive for 11月, 2009


11月30日Staff Blog


   


     11月 30th, 2009  Posted 8:57 PM

11月30日

デザイナーであり、教育者である
BOSS(川崎和男)。
「デザインでは奇跡はおこせないが、
教育は、奇跡がおこせる‼」
と、
恩師から大学人の道を
引いていただいたそうです。

川崎教授のもと、
自分の未来を切り開いた奇跡の子供たちは、
インハウスのデザイナーとして
日本のモノづくりに従事しています。

カーデザイナーの教え子たちは、
各社手掛けた車種の
ミニカーを持参してくれます。

この大切な宝モノは、BOSS歴代愛車の
ミニカーと並んでいます。

091130car_a
091130car_a


目次を見る

11月30日川崎和男のデザイン金言 Kazuo's APHORISM as Design


   


     11月 30th, 2009  Posted 7:33 PM

11月30日 大安(己卯)


情報の生産とは発信または複製であり、
消費とは受信し
誤解(善意で解釈すれば理解)を
共有するということになる。
これをコミュニケーションと呼ぶわけだ。
情報の廃棄とは忘却か消去にほかならない。



『プラトンのオルゴール』
街角のエコロジー


目次を見る

『資本主義からの逃走』
  「資本主義、その「不景気」とは疾病にすぎない」


   


     11月 30th, 2009  Posted 6:00 AM

「景気」という言葉に資本主義は揺れ動かされています。
そして、「不景気」というのは、
元来、医学術語=depressionを借用したことばです。
depressionとは「鬱病」のことです。
資本主義経済の鬱病的な社会生理、
社会的な疾病をそのまま借用しているのです。
したがって、社会的な鬱病的な疾病ですから、
次のようなことが起こっています。
091130depression そして、「資本主義の経済論」全てが、
医学的な「鬱病」と、経済社会的な「不景気」の対比と、
その疾病対策は皆無です。
だから、「不景気論」や「景気対策」は「景気循環論」に
陥ってきたと、私は判断しています。
まして、ほとんどの経営者が少なからず、「経済学」や、
「景気対策論」を学んだとしても、それは、「応答」です。
決して、「回答」にも「解答」にもなりません。
なぜなら、
言葉の医学的な由来である「鬱病」そのものが不明です。
「鬱病」患者を臨床的あるいは根知的な治療方法という
問題解決」ができていないわけですから、
「解答」は、ありえないというのが、一つの仮説でしょう。
私は、デザイナーとして、
「景気循環論」や「景気と不景気のサイクル論」という
経済学的な手法や、金融学的な手法などは、
まったく、信用していません。
この社会的、経済的な「不景気という疾病」には、
まず、

● 臨床的な治療としてのデザイン「回答」と
● 根知的な治療としてのデザイン「解答」を
  準備し、提示しています。

さらに、経済的・社会的な医学生理的なアナロジーを
● 社会・経済の保健予防としての様々な「応答」が
  大事ではないかと考えています。

この見方を、野性的に、経験的に見抜けない、
企業とその経営者は「不景気」から抜け出すことは
まったく不可能であることは間違いありません。
私のデザイナーとしての経験です。


目次を見る

11月29日Staff Blog


   


     11月 29th, 2009  Posted 11:59 PM

11月29日

名古屋・よし川、吉川幸枝会長
BOSS(川崎和男)の還暦お祝いに
大阪へ来訪してくださいました!

BOSS名古屋在住時代から、親交深く、
たいへんお世話になっています。
はるか彼方の次元から
世の中(人間の営み)を視ているお二人。

いのちがけで、いのちを大切に、
自分の「使命」に取り組み、
仕事(自然の営みにある人と土)と
職業(世の中での役目)に
生きておられます。

肉体のいのちよりも、
魂としてのいのちを
意識して生きておられる、
その人生経験から実証された
ことばの力強さに圧倒されます。

皆さんご存知の「歩く100億円」、
あの宝石のパフォーマンスも、
すべてわかってその役割を
演じられているよし川会長なのです。

おふたりからはかなりの熱エネルギーが!!
BOSSは、
「すっきりできた!啓示をいただいた」
とか。
yoshikawa


目次を見る

11月29日川崎和男のデザイン金言 Kazuo's APHORISM as Design


   


     11月 29th, 2009  Posted 5:00 AM

11月29日 仏滅(戊寅)


正常と言われることがらの暗黙性に
疑心を抱く異常な感性的判断が、
高密度で速度性の高い情報化時代には
必要だということを
肝に命ずるべきではないかと思う。
たとえば、最近では、
「情報」ということばすら
疑わしいと思うことがしばしばある。



『プラトンのオルゴール』
外来語の黄金はアブノーマル


目次を見る

11月28日川崎和男のデザイン金言 Kazuo's APHORISM as Design


   


     11月 28th, 2009  Posted 9:00 AM

11月28日 先負(丁丑)


日本人の感性で捉える黄金とは、
たわわに実った稲穂が
夕焼けの中で光り輝く光景である。
我々の「金色」とは、
鉱物的な光彩感覚では決してない。
ちなみに「銀」色は、海の幸である魚が
豊漁でピチピチと朝日に輝く光彩だと思う。



『プラトンのオルゴール』
外来語の黄金はアブノーマル


目次を見る

11月28日Staff Blog


   


     11月 28th, 2009  Posted 1:10 AM

11月28日

越前ブランドと言えば、この季節は
やはりこれ?!
越前蟹です。ズワイ(雄)とセイコ(雌)です。

091128crab
もちろん、BOSS(川崎和男)は、
ふるさとの福井を眼鏡や刃物で、
「世界ブランド」にしております!

明日28日から、
福井県立こども歴史博物館
達人のひろばにBOSSの
コーナー展示がスタートです。
眼鏡や刃物、人工心臓など盛りだくさん。
ぜひご来場ください。


目次を見る

『資本主義からの逃走』
 「非情なる資本主義には、ベクトルがある」


   


     11月 27th, 2009  Posted 3:00 PM

091127designas
経営者が、資本主義の細密を知ろうとしたいのは、
一般的には、悲しいかな「損益数値」だけです。
その価値感では、命すら奪われるのです。

本来、資本主義が「社会構築のために勤勉性や倫理性」を
なぜ、根幹にしていたかを、
常に自問している経営者に会うことは滅多にありません。
経営者自身の勤勉性は、「数値評価とその判断」だけです。
このような、経営者の資質には、
「文化性と社会的使命性」を同次元で体現しようという
人格性・品性を備えた人物に
私の経験の中では出逢うことは滅多にありませんでした。
「品格」を定義しているのは、谷崎潤一郎しかいません。

文章読本」に書かれていますが、時代性ではややズレがあります。
27_c

いづれ解説しておかなけけらばらないと考えています。

さて、資本主義には、
「無情さ+非情さ=冷酷さ」が完備しています。
この方程式は資本主義のベクトルです。
そして、このベクトルが常に狙いを定めているのは、
「資本主義への献身性」の有無だけです。
この「献身性」が、「応答」でしか発揮できない経営者は、
このベクトルで射抜かれることになります。殺されるのです。

私は、デザインをベクトルという武器にしています。
すなわち、
このベクトルは、防御と攻撃が出来る明らかに武器です。
「資本主義の非情さ」を攻撃したり、
あるいは、
「非情化されてきた資本主義」を防御・防衛するものです。
だから、「デザイン」は企業経営では不可欠なのです。
そのことが結局分からなかった経営者は、
自身の企業と共に共倒れ、企業倒産していきます。
デザインベクトルは、
「文化性と倫理性」を表現している「美」が、
その企業、経営者に「理解できますか?」と、
常に「応答」ではなく、
「回答」と「解答」できる資質から、経営者たる才能を、
常に求め、検証されているです。


目次を見る

11月27日Staff Blog


   


     11月 27th, 2009  Posted 9:34 AM

11月27日

名刺入れとメモ用紙は、
このスタイルが
多いBOSS(川崎和男)です。

用紙は、
コットンペーパーを選んでいます。
CRANE&COのシリーズです。
ケースは、
このスタイルのモノを各種、各色
使用されています。
ケースの色に合わせて、
紙の名入れの色をオーダーします。
イエロー系、グリーン系、
そしてブルー系が主です。

いつでも、どこでもデザインを
考えているBOSSなので、
重要です。
27_a
27_b


目次を見る

11月27日川崎和男のデザイン金言 Kazuo's APHORISM as Design


   


     11月 27th, 2009  Posted 9:00 AM

11月27日 友引(丙子)


「金は天下のまわりもの」という
景気循環論で
この現代が語れるはずがないと考える。
経済学は、そうした景気循環論を
十九世紀後半からさまざまに学説化したり、
理論としてテキスト化してきたらしい。
こうした予測論は、不況からの解放でも、
脱出、再生でもない。
不況からの逃走、逃避でしかない。



『プラトンのオルゴール』
不況解決のトライボロジー


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 11
  • Archives

  • Categories