kazuo kawasaki's official blog

Archive for 2月, 2010


2月28日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 28th, 2010  Posted 10:00 AM

2月28日 先負(己酉)


私が欲しているのは、
次世代のデザイナーを
どう育成するか、

次世代のデザインは
どう学際的に理論化されるかだ。



『デザインの極道論』あらあらしい


目次を見る

『資本主義からの逃走』
  「製品コンセプト・一人称では三つが基本」


   


     2月 28th, 2010  Posted 1:10 AM

清・潔・簡・明
私は東芝のインハウスデザイナーから出発しました。
その時の「想い」は今なお崩していません。
身体的には、車イスになり、心臓障害をいだきながらも、
それでも、私は「デザイン領域の拡大」が目標です。
製品コンセプトは、常に三つで十分だとさえ思います。
それは、自分自身=一人称から決定すれば、
● 清々しいこと=清
● 潔い=潔
● 明快=明確な簡潔さ=簡素

以上が、私自身の精神性や、そんな存在感で生きたい、
ということにつながるからです。
だから私の製品デザインには、
その一人称がそのまま反映し反射し吸収されたモノに
結実してくれればいいと考えてきました。
しかし、
清々しく生きる、というのはとてもむずかしいことです。
潔いというのは、きっぱりさとさっぱりさです。
簡素で明快であるというのが、清潔さを必ず与えます。
私が「喧嘩道」と呼ぶのは、
この三つを成し遂げるためには、
自分へのこの三つの問いかけです。
自分に喧嘩を仕掛けることです。
私の「製品デザイン」は無論、「好き・嫌い」で
受け取られています。
時には、川崎和男のデザインは嫌いだ、と、
幾たびも言われていました。
それでも私が、「私のデザイン=一人称で語りつくす」、
この姿勢や態度が気にいらないのは、
「嫌い」というあなた=一応、二人称のあなた自身へ、
問いかけます、とうより喧嘩を売ります。
聞かせて下さい。
● あなたは、清々しい人ですか?
● あなたは、潔いですか?
● あなたは、明快・簡潔・明確・簡素ですか?
という「喧嘩」を売りたくなります。


目次を見る

2月27日Staff Blog


   


     2月 27th, 2010  Posted 10:56 PM

2月27日Staff Blog

昨日のお誕生日に、
B&OのBeoTimeをプレゼントに頂いた
BOSS(川崎和男, Kazuo KAWASAKI)。



素材の質感やつくりを
子細に見ながら、
早速明日のアラームをセット!


目次を見る

2月27日Staff Blog


   


     2月 27th, 2010  Posted 10:47 PM

2月27日Staff Blog

祝!!6x歳の
BOSS(川崎和男, Kazuo KAWASAKI)。

昨日はチャリティー講演会@国際文化会館
の為、一日遅れでプレゼントを開けました。

今年のスタッフからのプレゼントは
ヘリコプターAPACHタイプラジコン。



次の東京出張に連れて行って、
国際文化会館のお庭で飛ばす!?とのこと。


目次を見る

2月27日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 27th, 2010  Posted 10:00 AM

2月27日 友引(戊申)


実学と非実学、
あるいは不実学こそ、
このような時代の大学には
不可欠だと信じている。

そうなると、
この改革の中に荒々しく
入っていかなければならない。



『デザインの極道論』あらあらしい


目次を見る

『資本主義からの逃走』
 「*Business Design Modelのコンセプト訴求*」


   


     2月 27th, 2010  Posted 1:00 AM

私は「ビジネスモデル」の歪みを指摘しています。
その歪みを是正するために三つの条件を前述しました。
製品コンセプト
そこで、三つの条件から
「製品コンセプト」の強力な訴求性について記します。
「製品」と「商品」は、まるで違いますが、
経営者でこの違いを明確にできる人は少ないというのが、
デザイナーとしての経験です。
にもかかわらず、「製品」も「商品」も、
「金融」にまとめた現代経済は大きな失策だと断言します。
つまり、彼らの「したたかさ」が、
自分たち金融主体の存在否定に連続してしまったのです。
収益構造のモデル化は、今後ますます自分たちが、
その中で苦しむことになります。
「不況」=depression=「鬱病」医学術語です。
「金融」の「鬱病」治療は、直線的に結論づけると、
それは「デザイン」の手法と思想しかありません。
「コンセプト」という言葉自体、
あるいはこの言葉の意味も不明確なままの「経営本」は、
私にはあきれかえるほど多く次々と出版されて、
またベストセラーの低能さを追い求めるサラリーマンの
悲しさ=まさに搾取されている実態を見ています。
ゆえに、一端、ベンチャー企業ともてはやされても、
多くの倒産を見てきました。
その倒産に至らない方法論は「経営論」ではありません。
「デザイン論」です!
まず、「商品」のベースとなる「製品」、
そのコンセプトには明快な(明確さではなく)主張です。
私はデザイン実務の結果の実例で、
「製品コンセプト」の訴求性を見せたいと思っています。


目次を見る

2月26日Staff Blog


   


     2月 26th, 2010  Posted 11:50 PM

2月26日Staff Blog

2.26講演会&誕生日
BOSS(川崎和男, Kazuo KAWASAKI)に
たくさんの温かいお心遣いを
いただきました。
皆様、ありがとうございます。


お気に入り、チュッパチャプスまで!


目次を見る

2月26日Staff Blog


   


     2月 26th, 2010  Posted 11:00 PM

2月26日Staff Blog

「デザインで世界を変える」
チャリティー講演会@国際文化会館
盛況のうちに終了しました!!

お越し下さいました皆様、
USTREAM中継をご覧いただいた皆様、
Twitterをご覧いたいた皆様、
心より感謝いたします。
本当にありがとうございました。

この講演により集められた費用は、
Peace-Keeping Design
活動支援・運営支援のために
活用させていただきます。

デザインの持つ
理想を具体的に目に見える形で提案する力
を最大限に活用し、
世界的課題の解決に向けて
よりいっそう活動を進めていきます。

今後とも、ご支援、ご協力のほど
なにとぞよろしくお願いします。



講演会開始直前の
BOSS(川崎和男, Kazuo KAWASAKI)


PKDの活動とその理念について
プレゼンテーションを行いました。


講演が終わった後も
多くの方々にお声がけいただきました。


幻のPOPEYE実働金型品!
講演会終了後、
Appleと東芝との共同プロジェクトで、
川崎がデザインとディレクションをしていた
POPEY後にSweatpeaとなった幻の名品を
東芝の方からプレゼントされました。


皆様、本日は
本当にありがとうございました。

PKD事務局 スタッフ一同


目次を見る

2月26日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design


   


     2月 26th, 2010  Posted 8:00 PM

2月26日 先勝(丁未)


どんなことがあろうとも、大学は
「教育が第一、研究が第二の場」であって、
「法人だから商売の場」
であってはならない。



『デザインの極道論』あらあらしい


目次を見る

『資本主義からの逃走』
 「*Business Design Modelとしての実証*」


   


     2月 26th, 2010  Posted 1:55 AM

Business Design Model
3月2日に新製品デザインを発表します。
これは、Business Design Modelとして、
その実務実例を製品としてまとめました。
ここでも前述してきました「ビジネスモデル」が、
特に、日本では大きな誤解の中で歪んでしまいました。
もう一度、「ビジネスモデル」の本来の定義にもどります。
まず、「ビジネス」ですから、これは経営=収益構造です。
収益構造によって利益を得ます。
そして、その利益還元を社会化する「モデル」という、
サイクル・円環・スパイラルだったわけです。
したがって、その収益から社会還元は「モデル」となる、
オリジナリティや、知財性からスタートすることです。
ところが、オリジナルな知的発想の独占性が必要でした。
その独占性=知財性は、収益構造になるわけですから、
利益独占性に優位性があるということになったのです。
結果、「社会還元」は無視というか、
経営儲け主義の欲得の中で喪失してしまいました。
ここには、「製品」・「商品」よりも、
「金融」に直結する「モデル価値」で、停止しました。
私は、「金融」の基本である
「製品価値」・「商品価値」に、
不可欠であった「デザイン」の位置が、
全く狂ってきていると判断してきました。
そこには、もう「ブランド」や「商品イメージ」を
超越した方法論が必要だと考えてきました。
まず、「製品」のアイデンティティには、
三つの基盤が必要だということです。
●「製品コンセプト」の強力な訴求性です。
●「製品要素」としての「新素材の性能性」です。
●「製品要因」としての「新実装技術の機能性」です。
こうした三つが「商品化」に向かって、
初めて「企業特色であるモノづくり思想」、
これが「ブランド」を構造化するという思想です。
その「ブランド」には、
基本としての「コンセプト」は、「商品の効能性」です。
これで、もう一度、「ビジネスモデル」のサイクルは、
企業収益から社会還元という美学性と倫理性になります。
これを私は「ビジネス・デザインモデル」として、
デザイン」先導による
ビジネスモデルの再構築をめざしたということです。


目次を見る

1 2 3 4 5 6 ... 9
  • Archives

  • Categories