kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
  「車イスデザインのための文脈づくりに気づく」



車イスの全体と部分
ともかく、車イスはリハビリ病院で病院常備のモノから、
同じ病院でトレーニングしていた車イス使用者、
それぞれが自分専用に発注したモノをともかくよく見ました。
もし、乗れるのなら乗ってみました。
もっとも、乗っていて、軽々と走行するモノは、「車イス・バスケット競技用」だけでした。
いわゆる病院に常備してある車イスが、最悪のモノだと知りました。
大きな理由は、まずシートでの身体保持性能と走行性能がまったく体になじまいということでした。
その何が、乗り心地や走行性能などが不適なのかということになりました。
そこで、車イスと自転車、車椅子とイス様々との関係をどこまで徹底して自分が身体化、
すなわち他のアイテムで、車イスとの関係、
結局、構造を見る、触る、知る、そして自分なりに「気づいていく」ことだと分かったのです。
これは、車イスという全体、車イスの部分・部品を、
車イスと似通っているモノとの「構造」をひたすら知るということだったのだと
今では考えることができます。
正直、私がデザイナーとして経験してきたことは、
「オーディオ」と「音に関わる機器」程度の経験しか無かったのです。
それが、さあ、自転車のデザインが出来ますか?
イス、様々なイスのデザインが出来ますか?
それらを今度は車イスにまとめ直すというデザインができますか?、
ということを自問しているだけでした。もうどう考えても「無茶で無謀」なだけでした。
ちょうどその頃、取り組んでいたデザインは、
伝統工芸産地・越前打刃物で、それも「革新的な包丁」のデザインでした。
これも、初体験です。
素材・構造・文脈
一方で伝統の刃物を革新する方法を模索しつつ、
「自分のためのモノ」=「哀しみにデザイン」でした。
越前打刃物は「美しい切れ味を鍛えています」ということでした。
共通項は、全体から部分、部分から全体、その因数分解的な作業は、
「素材」であり、これはまったく変数的要素は無いという手がかりだったのです。
おそらく、打刃物と車イスがデザインの具体的対象であっても、
本来、自分の頭脳ワークは、
「素材」の「構造」を、テーマに結び付けていく「文脈づくり」でした。
以後、今日に至るまで私のデザイン手法は、
いつも「素材」・「構造」・「文脈」に集約させることに繋がっていると判断しています。


tag: オーディオ, デザイン手法, ハビリ病院, バスケット競技用, 全体, 哀しみにデザイン, 文脈づくり, 構造, 気づいていく, 病院常備, 知る, 美しい切れ味を鍛えています, 自分専用に発注, 見る, 触る, 走行性能, 越前打刃物, 身体保持性能, 車イス, 部分


目次を見る

2 Responses to “『資本主義からの逃走』
  「車イスデザインのための文脈づくりに気づく」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 7月 24th, 2014

    [...] なぜならやがて、街中に車イス使用者が増加することは明らかです。  「車イスデザインのための文脈づくりに気づく」 tag: エレベーター, バリアフリー, ブチック, ホテル, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:28 AM on 8月 14th, 2017

    [...] * 『二人称のデザインをめざす超軽量と収納性の車椅子開発』 * 「車イスデザインのための文脈づくりに気づく」 * 『超軽量で収納コンパクトな電動車椅子をめざして』 * 『 [...]


This entry was posted on 木曜日, 8月 26th, 2010 at 12:00 AM and is filed under 044「車椅子と自転車」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.