kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
「Media Integrationからアフェレーシスを経るだろう!」



「情勢報告」=情報
「情報」という日本語に向き合ってきました。
いつごろからだったかと考えると、明確には東芝入社時に、
FORTRAN とCOBOLの研修を受けた時からだと思います。
そして、ポストインダストリー=脱工業化社会論は、
ドイツから出版された「意識革命」だったと思います。
そして、情報が森鴎外の邦訳語説に出会いました。
ところが、超有名大学教授から猛烈な「反撃」を受けました。
ちょうど、私が名古屋市立大学教授になった時でした。
驚愕し無論この教授がこのような方だったと愕然とし、私も反撃してこの発言をし続けてきました。
しかし、私はこの反撃が直感で誤りだと感じていました。
森鴎外のクラウゼヴィッツ・戦争論の翻訳・「大戦学理」にある
「情勢報告」を「情報」としていると金沢での第15回日本VR学会で教えていただきました。
しかも、私が講演で「情報は情に報いる」という事自体が大きな過ちだという指摘には
大賛同をしていただきました。
情報が情に報いるなら、表記は「報情」でなければなりません。
しかも、「情」には古代中国の文字定義意味があるので中国古典書定義からは、外れてしまいます。
「情」とは心に中に流れ込むどろどろとした「青」(中国ではこれは黒です)ですから、
人間の策略や謀略を意味します。

apheresis

したがって、戦争での情勢とは戦略の動勢を探って報とし伝達するという意味になります。
そこで、これまで一部で語ってきたのは、「アフェレーシス」でした。
これはギリシア語・aheresis=「分離」を意味しています。
現在、アフェレシスは医学術語で「血液分離」として人工透析などの基礎用語になっています。
そこで、私は、「ユビキタス」=どこでもコンピューターとの対話環境がある、
となれば、「情報の分離」が必須になるということで、アフェレーシスという段階が必至であり、
このステップ経なければならないということを若手ベンチャーの指導者にその話をしてきました。
「情勢報告」=「情報」も分離して、プライオリティが必要だということです。
そこで、「情報社会」ではアフェレーシスが重大になると自信をもって発言します。
私がMedia IntegrationからMedia Allianceへのステップにaphereis、
その分離ダイナミックスが重要になるという提案です。
「戦争論」は資本論にとってもエンゲルスが絶対に参考にすべきと言われた論理でしたが、
クラウゼヴィッツは、「戦争論」を書き上げることはできなかった論理でした。
私は、情勢の分離が知識と意識にどのように影響していくかは、
当時はまだ熟考不足があったものと考えます。
戦争論理でいえば、「孫子の兵法」が見事に言い尽くしているというのが私の判断です。


tag: aheresis, COBOL, FORTRAN, アフェレーシス, エンゲルス, クラウゼヴィッツ, ポストインダストリー, ユビキタス, 人工透析, 分離, 医学術語, 大戦学理, 孫子の兵法, 情勢の分離, 情勢報告, 情報, 情報は情に報いる」という事自体が大きな過ち, 情報社会, 意識, 意識革命, 戦争論, 戦争論理, 森鴎外, 知識, 第14回日本VR学会, 策略, 脱工業化社会論, 血液分離, 謀略


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
「Media Integrationからアフェレーシスを経るだろう!」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:36 AM on 5月 16th, 2017

    [...] * 「もう一度、『情報』意味の徹底検証」 * 「Media Integrationからアフェレーシスを経るだろう!」 * 「最終章『用間』、それを始めるための第1章は?」 [...]


This entry was posted on 土曜日, 9月 18th, 2010 at 12:00 AM and is filed under 051「情報社会のアフェレーシス(分離)」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.