kazuo kawasaki's official blog

『資本主義からの逃走』
    「一人称・二人称がInclusiveの基本定義」



三人称のNeed・Wantは不明だ
Needは何?
Wantは何だろう?
この答を最も的確に答えられるのは、
「自分自身=私」、一人称です。
二人称である「あなた」に相当する人なら、想像もつくと思います。
しかし、三人称「彼、彼女、彼ら、彼女ら」は、まったく知らない人たちです。
三人称のNeed・Wantは想像はできるかも知れませんが、正直、全く私には分かりません。
人称は、文法的なカテゴリーであるよりも、
まさに、マーケッティング的なことにつながっています。
マーケッティング調査は無視せよ
私は、三人称の人たちのNeed・Wantを知りたいとも思いません。
というより、わかるはずがありませんから、マーケッティング調査なるものを無視してきました。
簡潔に断言すれば、私がデザインする対象は、まず、一人称である「私」へのデザインです。
そして、そのデザインを、二人称に相当する私の「あなた」にとっても
Need・Wantなのかを重視してきました。
すなわち、一人称・二人称向けのデザインが、自分で満足できるモノで無い限り、
三人称を説得できるわけがありません。
結局、デザインは、一人称・二人称での確認と確約が自負できてこそ、
三人称=市場に向けられるはずだと考えてきました。
この一人称・二人称は、確実にInclusiveであり、
一人称・二人称向けデザインをInclusive Designの基本だとまず定義しておきたいと思います。
そして、三人称を決して「除外しない」デザインへ、
どのように拡大していくかがInclusive Designの定義になると考えています。


tag: inclusive, Inclusive Design, Need, Want, あなた, マーケッティング, マーケッティング調査, 一人称, 三人称, 二人称, 文法的なカテゴリー, , 自分自身, 除外しない


目次を見る

One Response to “『資本主義からの逃走』
    「一人称・二人称がInclusiveの基本定義」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:07 AM on 2月 20th, 2014

    [...] すなわち、みんな(我々)のためのデザインに繋げます。 「一人称・二人称がInclusiveの基本定義」 「造形の言語道断」 「Inclusive Designの近傍的定義はトポロジー解」 tag: [...]


This entry was posted on 月曜日, 12月 20th, 2010 at 12:00 AM and is filed under 060 「インクルーシブデザイン」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.