kazuo kawasaki's official blog

「資本主義からの逃走」
   「「ラジオ聴覚メディアの強さは革新された」
  



ラジオはメタ・メディア
放送局の取締役会顧問だったことがあります。
TVとラジオの営業と編成戦略、このデザインコンサルタントでした。
放送会社の企業C.I.に関わっていたからです。
当時もTVよりラジオの方が営業的には基軸が強固でした。
TVは単なる地方局として中央の中継基地でしかありませんでした。
しかし、ラジオは独自の番組編成が自由だったので、
その地域に密着した番組づくりがすこぶる可能でした。
その時すでに私はラジオはオールドメディアにはならないと確信したものです。
マクルーハンのいう「ホット・クール」という分別や
「部族の太鼓」という比喩ではないと思ったものです。
CDやPCが登場し、デジタルメディアになったとき、
私はホット・対・クールではなくて、
「ウェット・対・ドライ」という私なりのメディア分別思考で、
メディア機器にそうした造形言語化をしたものです。
今、私はiPodをFM電波で車内に局部音場づくりに凝っています。
しかし、大阪市内はFM電波が混雑していて、ようやく最近最適周波数を決めました。
CDパッケージソフト時代は終わった。
もはやCDというパッケージソフトは、Disc自体の素材性・物理的脆弱性がありますし、
輸送コストなどを考えれば、ラジオメディアは音波であり、
このメディアはインターネットで格段に世界規模になったものと判断することができます。
世界中のFM音楽番組は、まだCD音源の圧縮方式などが様々であるだけに、
Tuning-Mediaという音源、つまり「メタ・メディア」として革新的な進化を遂げつつあります。
しかし、このことにオーディオメーカーなどまったく気づいていないようです。
なぜなら、CD音源やDownload音源の再生装置システムその根本的なデザイン設計は、
これまでのオーディオシステムを全く超えていないことがそのことを証明しています。


tag: CD-Disc自体の素材性・物理的脆弱性, CD音源の圧縮方式, Download音源, FM電波, FM音楽番組, iPodをFM電波, Tuning-Media, TV, ウェット・対・ドライ, オーディオシステム, オールドメディア, クール, デザインコンサルタント, デジタルメディア, パッケージソフト, ホット, ホット・対・クール, マクルーハン, メディア分別思考, メディア機器, ラジオ, 再生装置システム, 取締役会顧問, 地域に密着した番組づくり, 放送会社の企業C.I., 放送局, 最適周波数, 番組編成, 車内に局部音場づくり, 造形言語化, 部族の太鼓


目次を見る

One Response to “「資本主義からの逃走」
   「「ラジオ聴覚メディアの強さは革新された」
  ”

  1. 妄想組合せの楽しみ(その49・補足) « audio identity (designing)
    10:36 PM on 1月 23rd, 2015

    [...] 今年3月2日の「新しい部族の太鼓か インターネットラジオというメディア」と 翌3日の「ラジオ聴覚メディアの強さは革新された」の2本だ。 [...]


This entry was posted on 木曜日, 3月 3rd, 2011 at 12:00 AM and is filed under 066 「トランスポーテーション」, 資本主義から逃走せよ!. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.