kazuo kawasaki's official blog

「『きれい』にすることが『美しい』こと」



美しいかたちのデザイン。
私の職能デザイナーの大命題です。
かたち=形式・形体・形態です。
このところ製品開発から商品化まで、
やっとたどり着いた商品のかたちは、
美しくあってほしいと願いを込めてきました。
もう40年も「かたち」にこだわってきました。
そして美しいということは本当に難しいことだと悩んできました。
そこで、私の方法論は、まず、「きれい」かどうかです。
サングラスは、顔の表情をさらに綺麗にしてくれるモノだろうか。
キーボードは、打鍵している指先やユーザーにとって、
本当に、大げさに言えば「働きがい」から「生きがい」、
その周辺に存在しているかたちになっているかどうかです。
いつも説明してきたのは、「きれい」と「美しい」には
ある隔たり・近さの概念が明確に横たわっているのです。
「きれい」は形容動詞ですが、
「美しい」は形容詞です。
これを距離感覚、近さという概念で検証し直してみることです。
まず、「きれい」にしないと「美しく」はなりません。
だからまず「きれい」なサングラスを創ります。
最近は「かわいい」という形容動詞が氾濫していますが、
私はあくまでも「きれい」なサングラスです。
具体的には、いくつかの目標を立てて、
目的である顔の表情はもちろん愛用してもらえるかたちです。
キーボードは素材開発が叶った時に、
素材の鏡面がすでに綺麗でした。
問題はここから実装です。
実装という日本語そのものが美しいことばです。
米国で私はConfiguration Layoutと言っていました。
筐体や機構設計では、Configurationになり、
回路設計や回路配置では、Layoutでしたから、
Configuration Layoutがデザインの主目標と説得していました。
さらに綺麗であることの基本は清潔であることです。
キーボードはそのまま、衛生的な清潔性を実現できました。
「きれい」の基本は掃除をすることです。
それこそ、女性が綺麗になるためにお肌の手入れということです。
ところで、「かたち」ということばから、
私は「いのち」・「きもち」・「ここち」の「ち」、
この語源から、さらに拡大することばに注視し集めてきました。
「まち」=町・街や「とち」=土地などがあります。
ともかく、今回の被災地は片付けや掃除や除染をして、
「きれい」にすることから始めなければなりません。
新しい「まち」を「きれい」にしてから、
それが必ず「美しいまちづくり」になるはずです。


tag: Configuration, Configuration-layout, Layout, 「きれい」, 「ち」, 「美しい」, いのち, お肌の手入れ, かたち=形式・形体・形態, かわいい, きもち, ここち, とち, まち, デザイナーの大命題, 働きがい, 商品化, 回路設計, 回路配置, 土地, 形容動詞, 形容詞, 掃除をすること, 機構設計, 清潔, 片付け, 生きがい, , 素材開発, 綺麗, 美しいかたち, 美しいまちづくり, , 衛生的な清潔性, 製品開発, 鏡面, 除染、掃除, 隔たり・近さの概念


目次を見る

2 Responses to “「『きれい』にすることが『美しい』こと」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:56 AM on 7月 18th, 2016

    [...] * 『手の消毒、そんな時代になっている?』 * 「『きれい』にすることが『美しい』こと」 tag: インクルーシブデザイン, ブラッシング, モノづくり, 一人称, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 10月 12th, 2016

    [...] それはアフォーダンス性=物語り性の再興を知ることになるでしょう。 * 「『きれい』にすることが『美しい』こと」 * 「63歳まで生きました・母より年上です。」 [...]


This entry was posted on 金曜日, 5月 13th, 2011 at 12:00 AM and is filed under 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.