kazuo kawasaki's official blog

6月13日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



6月13日 仏滅(己亥)

こんな話を聞いたことがある。

日本の夏の風物詩である花火、
その花火の音が、
戦闘状況が日常的な国から来た
留学生には耐え難い音であったらしい。

その音はまさに爆弾と銃撃戦の音響と
一致しているらしいのだ。

『デザインという先手』あいの手 アポリアに対して


tag: 戦闘状況, 爆弾銃撃戦, 留学生, 花火, 花火の音, 音響


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 月曜日, 6月 13th, 2011 at 11:58 PM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.