kazuo kawasaki's official blog

「2/14のチョコレートは天然とヒーリング」




チョコレートは大好きです。
今や様々なチョコレートが満ち溢れているわけです。
しかし、人間の味覚感覚は
子供の時に方向付けられることは確かです。
14、15歳に味覚は決定してしまうとさえ言われています。
私にとってチョコレートは明治の板チョコが基盤になっています。
最近、亀倉雄策デザインが変更されてしまいました。
デザイナーとしては正しい変更だと思っていますが、
ちょっと淋しいことです。
高価で有名なチョコレートより、
私のチョコ味覚はこの板チョコに戻ってしまいます。
バレンタインもワイフには「明治の板チョコ」を要求します。
さて、今年は珍事発生。
もらった板チョコには、「これは食べられません」という表記あり。
ワイフに、「おい、嫌み?」って聞いたら、
「なぜ、こんなに高いのだろう大きいからかな-」
って思っていたという回答。
(超天然!に入り込んでいる)、という次第です。
すべて「ゲーム」でした。
「食べられません」ってこんなにはっきりラベルがあるのに。
というわけで、昨日、「食べられる板チョコ」になりました。
まあまあ、今年の思い出というか、
天然である健全さにホッとしたバレンタインでした。
プレゼン会議の後に、
ワイフは男性陣にはきちんとチョコレートを配ってくれていました。
「おお、帰宅したら妻に自慢できる」という具合で、
緊張感バリバリの会議終了時、
やわらかなヒーリングムードを準備してくれました。


tag: ゲーム, チョコレート, デザイナー, デザイン, バレンタイン, ヒーリング, プレゼン, ムード, ラベル, ワイフ, 亀倉雄策, 人間, 会議, 健全さ, 味覚, 回答, 基盤, 大好き, 天然, , 子供, 帰宅, 方向付け, 明治, 有名, 板チョコ, 淋しい, 珍事, 男性陣, 緊張感, 自慢, 高価


目次を見る

One Response to “「2/14のチョコレートは天然とヒーリング」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:11 AM on 1月 29th, 2017

    [...] * 「チョコレートの決定打は決まっている」 * 「2/14のチョコレートは天然とヒーリング」 * 『漫画・アニメーションにみる日本独自のロボット観』 [...]


This entry was posted on 木曜日, 2月 16th, 2012 at 12:07 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.