kazuo kawasaki's official blog

「63歳まで生きました・母より年上です。」




63歳です。
母は47歳で逝きましたから、年上になったと思います。
交通事故被災28歳で、40歳までと言われながらも、
確かに45歳で心臓も交通事故の後遺症で悪くし、
その後も心臓発作や敗血症で重篤を3度も体験しました。
「生きています」。
まだやり遂げなければならないことがあります。
まして、国難の最中にある時代を
最期になんとかデザインで復興を仕掛けたいと思っています。
子供時代に最も集中して工夫をしていた「糸車」を再現してみました。
本当は「糸巻きの芯材」を使いますが、
もうほとんど芯材はプラスチックですから、
やはり銀座の手芸店でみつけた糸車を使いました。
子供時代には、輪ゴムを3本程度、
それだけでどれほどスピードが出るかを工夫しました。
この「糸車」から、
次にモーター駆動の自動車づくりをしていった思い出があります。
デザイン課題で、「動具・音具」という課題を出しますが、
その原点は私のものづくり起点に重なっています。
あらためて今年の誕生日は金沢です。
この街での4年間が私の人生の大きな下敷きです。
この「糸車」を徹底してデザインで
「より美しいモノ」にしてみたいと思っています。
63歳の誕生日は子供の頃のものづくり原点を再現してみました。


tag: 28歳, 40歳, 45歳, 47歳, 63歳, ものづくり, スピード, デザイン, デザイン課題, プラスチック, モーター, 下敷き, 交通事故, 交通事故被災, 人生, 仕掛け, 体験, 再現, 動具, 原点, 国難, 子供時代, 工夫, 年上, 後遺症, 復興, 心臓, 心臓発作, 手芸店, 敗血症, 時代, , 糸巻きの芯材, 糸車, 美しいモノ, 自動車づくり, 芯材, 誕生日, 課題, 起点に, 輪ゴム, 重篤, 金沢, 銀座, 音具


目次を見る

2 Responses to “「63歳まで生きました・母より年上です。」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    2:32 AM on 6月 5th, 2016

    [...] *『指編みを思い出しながら』 *『63歳まで生きました・母より年上です。』 *『大好きな色鉛筆・最近のお気に入り』 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:15 AM on 10月 12th, 2016

    [...] * 「『きれい』にすることが『美しい』こと」 * 「63歳まで生きました・母より年上です。」 * 「指編みを思い出しながら」 [...]


This entry was posted on 日曜日, 2月 26th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.