kazuo kawasaki's official blog

「一服のお茶、そのお茶碗は鼠志野焼」




お茶なら、一般的には焙じ茶と番茶があります。
私は金沢美大時代に、加賀棒茶に出会い、
それ以来、日常のお茶は加賀棒茶です。
そしてそのお茶碗は、私が最も信頼している陶芸作家、
若尾利貞先生からいただいた鼠志野です。
おそらく岐阜県の美濃産地は
日本で最も陶磁器技術を集約した産地だと私は思っています。
若尾先生との出会いは、
NHKの「作家を訪ねる」という企画で出会いました。
当初私は、陶芸家には独特のトラウマがあって
このインタビュー役を断りました。
そうしたら、若尾先生も、
デザイナーで大学人ということで断られたらしいのです。
それだけに番組の若いディレクターは、
なんとしても会わせることが収録効果になると思ったとか。
ともかく、美濃に出かけ先生のアトリエである先生の窯を訪ねました。
色々話をしているうちに、お互いの美学性が一致してそれ以後、
すっかり先生と打ち解け合いました。
そして先生から、このお茶碗をプレゼントしていただきました。
鼠志野の技術を復活されて、
その評価は国内ではなくて海外で認められました。
それで日本でも陶芸作家として
トップランクの先生になられたという経歴です。
鼠志野は陶器ゆえに「貫入」があります。
「貫入」とは素地と釉薬の焼成と冷却の収縮率差で
陶器の使い始めには水漏れがしますが、
使い込んでいくうちに目地は埋まり
使いこなしそのものが陶器の味わいになります。
この茶碗はおそらく私の形見になる愛用品です。
そして、鼠志野から学んだことが
私の陶磁器への基礎的な知識になっています。
私は、素地である粘土、焼成、釉薬はもとより、
この「貫入」を技術進化させたいと考えています。
いつも日常生活での「一服のお茶」に和まされますが、
それを支えてくれる「器」こそ、
デザイン対象化していくモノへの基本的な眼差しだと思います。


tag: NHK, お茶, お茶碗, アトリエ, インタビュー, デザイナー, デザイン対象化, トラウマ, プレゼント, モノ, 企画, 作家を訪ねる, 冷却, 出会い, 加賀棒茶, 収縮率差, , 国内, 大学人, 岐阜県, 形見, 復活, 愛用品, 技術, 技術進化, 日常生活で, 日本, 水漏れ, 海外, 焙じ茶, 焼成, 産地, 番茶, 目地, 眼差し, 知識, , 粘土, 素地, 美学性, 美濃産地, 若尾利貞先生, 茶碗, 貫入, 釉薬, 金沢美大, 陶器, 陶磁器技術, 陶芸作家, 陶芸家, 集約, 鼠志野


目次を見る

One Response to “「一服のお茶、そのお茶碗は鼠志野焼」

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:11 AM on 4月 13th, 2019

    [...] 陶芸家の「形態言語」としては、最高のモノです *鼠志野 tag: embellish, TV番組, エンベリッシュ, オーナメント, デコレーション, 主要, [...]


This entry was posted on 月曜日, 3月 12th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.