kazuo kawasaki's official blog

「カラーの決定のために・HSB色空間」





美大時代の色彩実習はとてもハードな作業でした。
指定されたケント用紙をチップ=正方形や長方形、
時には、2mm幅10cmなどにカットして、
外国製、かなり高価なポスターカラーを手塗り。
それをB3サイズのパネルに貼り込んで提出でした。
1年間に30数枚程度がポートフォリオになりました。
まず、手でポスターカラーも混色しました。
したがって、
「色彩学」というより「色彩論」を学びました。
この作業はいわゆる「減色混合」でした。
ところが、コンピューターの出現によって、
RGBで「加色混合」を体験することになりました。
大学人になってから、私は「色彩論」を教える立場になりました。
そこで、徹底的に議論をして「色彩実習はパソコン上」で、
基礎課題=グレースケールや色環、
応用課題としてカラーコーディネーションや配色デザインを
学生に、これもすべてパソコン上で制作させるようにしました。
名古屋市立大学芸術工学部での私の「色彩論」は、
とても厳しかったということになっています。
少なからず、入学すると1年次から必須でしたから、
芸術工学は「色彩論」から始めていました。
多分、建築志望でも色彩には馴染むことを強いました。
私自身が、コンピューターによって「色彩論」が大きく転向しました。
まだCGが開始された頃、トロントでEWS-UNIX上で、
減算混合から加算混合へと自分を転向させた体験が源でした。
もうすっかりソフトウエアでは、HLSやHSBとRGBを切り替えて、
自分なりの使い方が可能になりました。
しかし、光での色空間と色料(顔料や染料、インク)空間を
明確に区分して認識しながら使いこなしているとは思えない事が、
そのまま、印刷・映像・室内配色・ファッションなどの
カラーコーディネーションを数多く見かけます。
まずは、HSBとRGBについては、
Apple Store 銀座で、実演しながら簡単な講義もするつもりです。
ともかく、色彩は「育った環境」に影響されていると思います。
私は北陸育ちゆえに、彩度と明度は必ず度数を上げています。
「見かけの色空間」というのは、
とてもデザイン上では大きな課題だと考えています。


tag: Apple Store 銀座, Apple Storeイベント, EWS, UNIX, コンピュータ, ソフトウエア, チップ, デザイン, パソコン, ファッション, ポスターカラー, 体験, 作業, 北陸育ち, 印刷, 名古屋市立大, 名古屋市立大学芸術工学部, 基礎, 大学, 実演, 工学, 建築, 影響, , 映像, 混色, 色彩, 色彩学, 認識, 課題


目次を見る

3 Responses to “「カラーの決定のために・HSB色空間」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:32 PM on 5月 24th, 2012

    [...] カラーの決定のために・HSB色空間  - Official Blog RSS DVD Books [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:00 AM on 12月 27th, 2014

    [...] デザイン発想の定着ツールになってくれるものと期待しています。 「カラーの決定のために・HSB色空間」 「iPad-SkechBookPro カラーマネージメント」 tag: 18インチ, A3サイズ大, [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:15 AM on 5月 19th, 2017

    [...] * 「正直な造形をめざすことは裏表無し」 * 「カラーの決定のために・HSB色空間」 * 「聴覚感覚という触覚の重大さ」 [...]


This entry was posted on 日曜日, 5月 20th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.