kazuo kawasaki's official blog

「『風景』とは天地異変のシグナルだった」





「金環日食」は感動を与えるイベントになったようでした。
そして、今年は天体には大きな変動が起こってきています。
中国古典書によれば、
「光景・風景・情景」には定義があります。
「風景」は、日食・月食・彗星・暴風雨、
この四つを自然景観の原義としています。
日本では、これまでほとんど意識外のはずだった、
竜巻と雹の怖さをつい最近知らされました。
地球環境の異変、特にわが国では大地震や大津波が起こり、
毎年毎年、異常気象と言われ続けてきましたが、
昨年からは異常気象どころか、天地異変が連続しています。
そしてそれを裏付けるかのように、
すでに「スーパーフレア」が観測されているということです。
太陽での黒点観測や、
磁力異変の話を耳にすることはありますが、
それほど詳しく私は知っているわけではありません。
少し知識を増やしたいと思っています。
むしろ、地球上での磁力線が世界各国では差異がある、
そのことは、CRTモニターのデザイン設計をしている時には、
緯度と経度で大きな影響をCRTに与えていることを知りました。
そこで、もしも、地磁力を人工的に変化させているとするなら、
Wi-Fi環境を整備するときには地磁力との関係を詳細に、
国際的な制度にまですべきだろうとすら考えます。
太陽と月、そして通信ネットワークでの、
電磁波コントロールとマネージメントが必要なのかもしれません。
ムーンフェイズ時計によって、
自分の体調との関係はもっともっと知識獲得が不可欠なのでしょう。


tag: CRTモニター, イベント, スーパーフレア,黒点観測, マネージメント, ムーンフェイズ, 中国古典書, 光景, 原義, 地球環境, 大地震, 大津波, 天体, 天地異変, 彗星, 情景, 感動, 日本, 暴風雨, 月食, 異変, 異常気象, 磁力異変, 竜巻, 経度, 緯度, 自然景観, 通信ネットワーク, 金環日食, , 風景


目次を見る

2 Responses to “「『風景』とは天地異変のシグナルだった」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    1:03 AM on 10月 22nd, 2016

    [...] * 「石畳の街、その文明と文化」 * 「『風景』とは天地異変のシグナルだった」 * 「結果原因・原因結果からの予知と予測」 [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 9月 9th, 2017

    [...] これを占いでは無く、予知では無く、幸不幸の予測にと思います。 * 「『風景』とは天地異変のシグナルだった」 * 「月齢表示・ムーンフェイズが暗黙に指示しているかも」 *  [...]


This entry was posted on 火曜日, 5月 22nd, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.