kazuo kawasaki's official blog

「サバイバルの方法・手段を軍事から語る限界」





英国・米国のサバイバルマニュアルを読むと、
これらは、軍事から語られています。
確かに軍事が最も「生き残る方法論・手段論」、
これはとても理解しやすいと思いますが、
スイス政府のマニュアルとの差異を確認できます。
軍事の前に、アウトドアでの行動範疇知識を知ることが良いと思います。
私は高校・大学と山岳部だったことや、
父が警官だったことで、ロープの使い方はマスターしていますが、
こうしたことの様々が必要だと思っています。
ヨットやスキューバダイビングなどのスポーツも、
ナイフの使い方、ロープ操作などは基礎知識です。
私は「復興計画」のデザイン計画では、
「減災・防災・救災」というコンセプトをまず厳密化しました。
したがって、こうしたマニュアルもこの観点で読み比べると、
軍事的なマニュアルは、その一部でしかないと思いました。
韓国は徴兵制があることで、
青春時代に軍事的サバイバルをマスターしています。
徴兵制に賛同しているわけではありません。
国防の日本的方法を早く制度化すべきだと考えています。
最近は、アウトドア・キャンプや、まして冒険ごっこすら、
危険視されている風潮があります。
ラジオ放送で天気図を書くことや、季節毎の星の名前、
野花や樹木の名前、昼夜でも東西南北を知ることなど、
本当は、このような知識獲得を子ども時代には不可欠です。
私は、こうしたマニュアルを読みながら、
サバイバルの根本というのは、
まず、自然との付き合い方から始まること、
そこに、自然との関係での知識ではなくて、
「知恵」をどう自分で身体化していくことだと思いました。


tag: アウトドア, キャンプ, コンセプト, サバイバル, サバイバルマニュアル, スイス政府, スキューバダイビング, スポーツ, ナイフ, マスター, ヨット, ロープ, 冒険, 冒険ごっこ, 国防, 基礎知識, 大学, 山岳部, 復興計画, 徴兵制, 救災, , 昼夜, 東西南北, 減災, 知恵力, 米国, 英国, 行動範疇知識, 警官, 軍事, 防災, 限界, 韓国, 高校


目次を見る

One Response to “「サバイバルの方法・手段を軍事から語る限界」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:18 AM on 5月 10th, 2016

    [...] *『スイス政府防災マニュアルは憲法の具体解説』 *『サバイバルの方法・手段を軍事から語る限界』 *『天災・人災の日本こそ地球保全と人類存続をデザイン』 [...]


This entry was posted on 火曜日, 7月 10th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.