kazuo kawasaki's official blog

「オフィスチェアの進化の座り心地」





わが家にあるワーキング用のオフィスチェアです。
私は車椅子生活になって、
本当に椅子の座り心地は「特殊な検証」が出来るようになりました。
まず、バランス保持は健常な人とはまったく違います。
というより、バランスをとることは、
リハビリのトレーニングで出来るようになりました。
このトレーニングが出来なければ、倒れてしまいます。
バランスをとるというのは「身体保持機能」に直結しているわけです。
つまり、健常な人は気軽に椅子に座れますが、そうはいきません。
だから、身体をどこまで保持してくれるかは
デザイン効果の程度が明らかになるということです。
次に、寄りかかってのいわゆる座り心地は、
背もたれへの圧迫感が身体に戻る力を確めます。
さらに、肘かけは身体保持のバランスと背もたれの性能性で
機能的な座り心地が決定するということです。
そういう意味では、選び抜いているのがこの2脚のチェアです。
特に、ハイバックの「イプシロン」は、マリオ・ベリーニのデザインです。
彼の最初のオフィスチェアは、
車椅子になったので選んだモノは大学で使っています。
それは皮革仕様では最高級ですが、
「アーロンチェア」が大ヒットして、
素材性能や細部の調整が当たり前になり、
この「イプシロン」に進化したものと判断しています。
特に、パソコン作業をしっかりと支援するには、
「ヘッドレスト」のデザインには細部への拘りが必要です。
ともかく様々な椅子を見てくると、
感触的にも「座り心地」という性能がデザインに直結しています。
私のような車椅子に座っている人間には、
もう一つの検証方法があるという紹介でした。


tag: アーロンチェア, イプシロン, オフィスチェア, デザイン, トレーニング, ハイバック, バランス, ヘッドレスト, マリオベリーニ, リハビリ, ワーキング, , 圧迫感, 大ヒット, 大学, 座り心地, 性能性, 椅子, 検証, 特殊, 皮革, 素材性能, 肘かけ, 背もたれ, 身体, 身体保持機能, 車椅子


目次を見る

One Response to “「オフィスチェアの進化の座り心地」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    3:25 AM on 7月 16th, 2016

    [...] * 『経緯が敬意に、形態言語から自分の造形言語化を』 * 「オフィスチェアの進化の座り心地」 tag: かたち, かたちとことば, かち, から, きもち, ここち, ことば, [...]


This entry was posted on 土曜日, 9月 15th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.