kazuo kawasaki's official blog

「金平糖なればこその品格に・・・」





日本のお菓子で私はもっとも品格がある存在、
それは「金平糖」だと思っています。
これは、カステラともどもポルトガルから入ってきたお菓子です。
当時、この「甘さ」を知った日本人は相当にビックリしたと想像します。
私にとっても、飴やキャンディどころではなく、
大きさといい、甘さといい、これほど品ある物はありません。
この金平糖を見る度に思い起こすのは、織田信長と寺田寅彦です。
なんといっても、織田信長系の物語りで金平糖の記述が無かったら
信用しないことにしています。
私が最も尊敬と敬愛する橋本左内も大好きだったと伝えられています。
この物語りが私の嗜好性を決定しているのでしょう。
特に織田信長は、
きっとガラス容器に収めていたに違いないとさえ思っているほどです。
「鳴かぬなら殺してしまえ、時鳥」が、私の性格そのものです。
しかし、秀吉や家康の、鳴かせてみせようとか鳴くまで待とうは、
したたかでねちっこくていやらしいとさえ私は思っています。
このところ、竹島と韓国、尖閣諸島と中国、
この領土問題が大事件の様相になってきました。
いづれ私なりの意見も明確にまとめておきたいと思っています。
だから、最近は、次の中国の代表「習近平」とは、
ちょっと語呂が似ているから金平糖を身近に感じているのですが、
これはほとんど親父ギャグでしかありません・・・。
さて、私自身はほとんど間食をしません。
一人っ子ゆえに、間食は禁じられていましたから
そんなふうに育ってしまったのでしょう。
金平糖は京都へ行けば必ず買い求め、
チュッパチャップスとチョコレートだけは常備お菓子です。
ともかく、ワイフには私の仏前には
必ず金平糖は必需品だと言い残しています。


tag: お菓子, カステラ, ガラス容器, キャンディ, チュッパチャップス, チョコレート, ポルトガル, ワイフ, 一人っ子, 中国, 仏前, 嗜好性, 家康, 寺田寅彦, 尖閣諸島, 必需品, 日本, 日本人, 橋本左内, 甘さ, 秀吉, 竹島, 織田信長, 習近平, 親父ギャグ間食, 語呂, 金平糖, 韓国, 領土問題,


目次を見る

One Response to “「金平糖なればこその品格に・・・」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:03 AM on 1月 27th, 2017

    [...] * 『ジッポーのあかりをデジタルアッサンブラージュ』 * 「金平糖なればこその品格に・・・」 * 「マルチツールナイフをワインスクリューから検分」 tag: 14~15歳, [...]


This entry was posted on 金曜日, 9月 21st, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.