kazuo kawasaki's official blog

「ふるさと福井の偉人たちへの敬愛あるのみ」





自分のアイデンティティは、ふるさとに在るということが大事です。
そしてこの大事さの確認には、
ふるさとが輩出した偉人の存在を認識し、
素直な敬愛が大切だと私は思って生きてきました。
 杉田玄白・「解体新書」、日本初の解剖医学者
 松平春嶽・福井藩主、明治維新を支えた見識人
 梅田雲浜・安政の大獄で獄死というほどの反体制政治犯
 日下部太郎・二番目の国費留学生、留学大学で今なお伝説
 由利公正・五箇条のご誓文の執筆政治家
 岡倉天心・福井藩出身の武家の子息として生まれる
私はその時代時代、
特に明治維新から近代国家を創ってきた偉人への敬愛は、
自分を勇気づける大きな一つの手段だと思っています。
もちろん、
それは彼らが歴史上も偉人であるからというだけではありません。
自分を育んでくれた子供の頃、
その当時叱られたおじちゃん達やおばちゃん達も敬愛しています。
彼らはその象徴だと考えています。
子供の教育で大事なことの一つに、「偉人伝の読書」というのが、
世界的にも指摘されています。
山口県では吉田松陰と橋本左内が、
安政の大獄で牢獄で交わし合った詠歌が話題になったこともあります。
熊本で講演したとき、熊本県の関係者から、
横井小楠が越前藩にはお世話になって、と冗談交じりの会話をしました。
確かに、
横井小楠と橋本左内が越前打刃物産地への取り決め書きの本物を見た時は、
当時のあの若さで二人が越前藩産業に苦心していたことに感激しました。
現在私は、大阪大学の微生物研究所初代所長・藤野恒三郎名誉教授の
「杉田玄白から福沢諭吉・近代日本の医学史」の再版を企画しています。
これほどまとまった著作は、
日本の近代医学史として、
大切に教科書にすべきだとも考えているからです。
藤野恒三郎も私の敬愛する食中毒発見をしたドクターであり、
魯迅の先生と言われている藤野厳九郎の甥です。
私はふるさとの偉人への敬愛そのものが私の一つの思想だと思っています。
そして、もっとも敬愛する人は、と質問を受ければ、
「父と恩師達と橋本左内」と答えることにしています。
そういう意味では、
ふるさとがあるということは幸運な人生だと感じています。


tag: ふるさと, ふるさと福井, アイデンティティ, 偉人, 偉人伝の読書, 吉田松陰, 名誉教授, 国費留学生, 大阪大学, 安政の大獄, 山口県, 岡倉天心, 教科書, 日下部太郎, 明治維新, 杉田玄白, 杉田玄白から福沢諭吉・近代日本の医学史, 松平春嶽, 梅田雲浜, 橋本左内, 獄死, 由利公正, 福井藩主, 藤野恒三郎, 解体新書, 近代国家


目次を見る

4 Responses to “「ふるさと福井の偉人たちへの敬愛あるのみ」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 4月 25th, 2014

    [...] 「徳富蘇峰の評価も忘れられて・・・・」 「ふるさと福井の偉人たちへの敬愛あるのみ」 tag: [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:20 AM on 10月 26th, 2016

    [...] * 「大飢饉・大地震・あの忌まわしき安政の大獄、すべての記述」 * 「ふるさと福井の偉人たちへの敬愛あるのみ」 * 『1800年代安政の頃・「適塾」を最も語り継ぎたい』 [...]

  3. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:13 AM on 12月 27th, 2016

    [...] * 『1800年代安政の頃・「適塾」を最も語り継ぎたい』 * 「ふるさと福井の偉人たちへの敬愛あるのみ」 tag: KK適塾, インターネット, サポーター, パソコン, ヒーロー, ポストIT, [...]

  4. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:01 AM on 6月 26th, 2017

    [...] う偉人の存在を 改めてしっかりと伝説にしなければなりません。 * 「ふるさと福井の偉人たちへの敬愛あるのみ」 * 『行学はデザインにあり・「KK適塾」を開始します』 * 『日 [...]


This entry was posted on 土曜日, 12月 15th, 2012 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.