kazuo kawasaki's official blog

2月17日
川崎和男のデザイン金言 Kazuo’s APHORISM as Design



2月17日 甲寅(友引)


ベッドに対する
大衆の郷愁感はあまりにも、
デザイナーには残酷なほど、
強力で強度ある無感覚なモノに
なり下がってしまっていた。

それを「断つには」、
強靱な「哲学」=アポリネールが
必然であったわけだ。



倉俣史朗のデザイン『夢の形見に』20 永遠の眠りのために


tag: ベッド, 倉俣史朗のデザイン, 川崎和男のデザイン金言


目次を見る

Comments are closed.


This entry was posted on 日曜日, 2月 17th, 2013 at 9:30 AM and is filed under APHORISM. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.