kazuo kawasaki's official blog

「パリで見っけた『ChupaChups』のminiがあった」





日本にもあるかも知れません。
私だけが知らないのだろうとも思います。
しかし、私はパリのスーパーマーケットで見つけました。
チュッパチャップスの『mini』がありました。
これは武器なんです、ってことをここでも触れたことがあります。
自宅は勿論、研究室にも常備しています。
阪大の生協にあるのを買い占めていた時期もあります。
だから、学生からもプレゼントされたりで、
彼らには「どこが武器になるのか」なんてことを講義までするモノです。
最近、見つけていた「銃・病原菌・鉄」ジャレッド・ダイアモンド著は、
久々に、なかなかの評論だ!、と思っていたら、
やっぱり、米国ではベストセラーということです。
「銃・病原菌・鉄」が現代文明と現在地球相観を成し遂げてきたなら、
その反対には、
「何があるべき・・・だろう・・・?」なんて考えていました。
だから、パリのスーパーで、この「ミニ」まで存在しているなら、
チュッパチャップスはミニまでそろえた文明としての武器でもあるのかも、
なんてことを思ってしまったわけです。
ともかく、口の大きさや使うべき場面を考えると、
「ミニ」の存在は絶対に大きい!だろうと思ってしまったわけです。
そういえば、先般、
インフルエンザは予防接種を早めに済ませていましたが、
この病原菌はさらに強力になってしまったようです。
中国からの飛来する病原菌など、領土問題と同様な武器です。
だからこそ、この「ミニ」の存在は考え直すべき武器だと確信します。
この武器、
どこで、どんな時、どう使うべきか!
それこそ、新しい発想の手がかりかもしれません。
この「ミニ」、絶対に常備しようと思っています。


tag: ChupaChups, インフルエンザ, ジャレッド・ダイアモンド、ベストセラー, スーパーマーケット, チュッパチャップス, プレゼント, ミニ, 予防接種, 学生, 日本, 武器, 病原菌, 研究室, 講義, , , 阪大, 領土問題


目次を見る

One Response to “「パリで見っけた『ChupaChups』のminiがあった」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:00 AM on 1月 27th, 2017

    [...] おそらく、このキャラメルは私の生涯とともにあるのでしょう。 * 「パリで見っけた『ChupaChups』のminiがあった」 * 「やっぱり、チュッパチャプスにもどる」 * 『ジッポーの [...]


This entry was posted on 日曜日, 3月 10th, 2013 at 7:27 PM and is filed under kibou2, madei, 企望を「までい」具現へ, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.