kazuo kawasaki's official blog

「H2Aロケット・はやぶさ・しらせ=日本技術の結集象徴」





ロケットは、その形態において、
「グッドデザインであるかどうか?」、という質問がありました。
理由は、ロケットの形態は、素晴らしく「機能的」だからです。
しかし、ロケットは宇宙探査や宇宙衛星飛行支援だけでなく、
ミサイルとなって兵器にもなる怖い存在です。
そうなると、ミサイルも「グッドデザインになる」という論理は、
本質的なデザインの効能=社会的な存在へのデザイン貢献が、
とても不安定で人命剥奪モノになってしまいます。
この問題を70年代から国際的なデザイン界で問われながら、
未だに最適解を見つけずに曖昧だと思ってきました。
私は最適解として、兵器のデザインは「人命脅迫」という問題、
つまり、倫理性抹消=殺人兵器であるモノは、
絶対にグッドデザインではないと考えてきています。
だから、わが国の技術的な結集からは、
H2Aロケットは、あくまでもミサイルではありませんから、
グッドデザインだと認定しています。
その証拠に、宇宙探査衛星・はやぶさと、
砕氷船・しらせも、無論、わが国の最高技術の象徴的な存在です。
しらせは、私がShip of the yearでプレゼンを見て、
とても感動して授賞しました。
さて、この三つのモノは、すべてが兵器になりうるモノです。
ロケットは、ミサイルとなって人命破壊が可能であり、
探査衛星は、諜報兵器となって軍事には不可欠のモノになります。
それは、砕氷船も軍艦製造に直結しているということです。
しかし、わが国は決して軍事国家を目指しているわけではなくて、
衛星探査のロケットも、衛星も宇宙探査目的のモノです。
砕氷船は、あくまでも南極や北極の探査船にすぎません。
そして、私にとっては個人的にも、
H2Aロケットや宇宙開発は、私のいとこが関与しています。
宇宙開発事業団(NASDA)から、
現在は宇宙航空研究開発機構(JAXA)の執行役員を務めました。
彼は、安全信頼工学の日本の代表者です。
わが国の最高技術は、
すべてが、人類の平和思想に包まれた「夢の実現」そのものが、
最高技術の象徴だということです。
それは最高技術とデザインが、
倫理的な最適解を目指してるという証明だと考えています。


tag: H2Aロケット, JAXA, NASDA, Ship of the Year, しらせ, はやぶさ, グッドデザイン, デザイン, デザイン貢献, ミサイル, ロケット, 倫理性, 兵器, 北極, 南極, 執行役員, 夢の実現, 宇宙探査, 宇宙探査衛星, 宇宙衛星飛行支援, 宇宙開発, 宇宙開発事業団, 安全信頼工学, 平和思想, 形態, 探査船, 最適解, 最高技術, 本質的なデザインの効能, 機能的, 砕氷船, 社会的な存在, 航空宇宙局, 諜報, 象徴的, 質問, 軍事, 軍艦製造


目次を見る

2 Responses to “「H2Aロケット・はやぶさ・しらせ=日本技術の結集象徴」”

  1. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:08 AM on 10月 2nd, 2017

    [...] * 「ロケットとミサイルはグッドデザインの問題」 * 「H2Aロケット・はやぶさ・しらせ=日本技術の結集象徴」 tag: やり投げ, オリンピック, ズムウォルト級, デザイン内容, ミサイル, [...]

  2. Kazuo KAWASAKI's official Blog | 企望を「までい」実現へ
    12:02 AM on 10月 6th, 2017

    [...] ミサイル戦闘機が 決して使われないことを祈るばかりです。 * 「H2Aロケット・はやぶさ・しらせ=日本技術の結集象徴」 * 『完全命中の投げる行為がミサイルであるという知識』 [...]


This entry was posted on 木曜日, 5月 30th, 2013 at 12:00 AM and is filed under 企望を「までい」具現へ, 危機解決をめざすデザイン実務, 祈望から企望へ. You can follow any responses to this entry through the RSS 2.0 feed. Responses are currently closed, but you can trackback from your own site.